2015年

12月

28日

幸せならば、マイナスの思考や行動にはなりません


長らくご無沙汰しておりました<(_ _)>
夏ぐらいからかなり忙しく、更新を怠けていました。

ご質問も沢山頂いておりましたが・・・
メールでは上手く伝えられず、ブログにてご説明致しますねと
お返事しながら、今に至っています( ̄д ̄)

今回は夏ぐらいに頂いておりましたご質問について書いていき
ます。

前回のブログは、
神仏の情報(数字や記号等)を読み解く です。





(Aさんのご質問)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1)さて、1月程続けていますが、最初の段階の手先のピリピリ
感、額のムズムズ感にイマイチ確信がもてません。一応、それら
しい事を感じる時はあるのですが、これがそうであるという確信
がないのです。


2)私は水泳を毎週の行っているのですが、トレーニングでハー
ドに泳ぎ込んだ時(おそらく酸欠ぎみになっている時)に手のひ
らや足の裏が痺れたような感じになってきます。それと同じよう
な感覚なのだろうかと思いますが、私の瞑想の時のそれは、もっ
と微かであるため、これがそうなのかという確信がありません。
(感覚は実際に経験しないと分からないし、人の感覚を伝える事
は難しいですね)



3)私が瞑想の時に手の先に感じるのは、手の感覚が無くなった
ような感じ、(つまり意識が体にいかなくなって、体を忘れたと
きに、手に感じる違和感)と言うようなものです。



4)また、額のムズムズ感については、もっと微妙で、(これは
あったり、無かったりです。)額に意識を集中していると、微か
な違和感がでてきますが、すぐ消えます。



5)腹式呼吸はかなり、しっかり行っていますが、リラックスが
足りないのでしょうか、はたまた、ぼーっとする時間に、考え過
ぎているのでしょうか?そのまま寝てしまう事も、よくありまし
た。毎日1時間弱は時間を作って、取り組んできましたが、まだ
ハッキリつかめていません。



6)一応、単なるイメージの想像でなく、鮮やかな臨場感のある
映像が浮かんできた事(寝てたのでしょうか?)や想像したトラ
ンプのカードが当たった事(マグレでしょうか?)もありました
が、こういうことが、もっと頻繁にあれば確信できるですが。た
またまだったという気もしますし。



7)瞼の裏の白い点は、未だ一度も見たことがありません。
後、リラックス後のボーっとした時間ですが、佳蔵院さんは、
楽しく想像する事を薦めていますが、妄想(こう書くと言葉
が悪いですね。他に表現が思い浮かばなくて、スミマセン)
していると、いくらでも時間を使ってしまうので、これが心
配です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記のご質問を頂いたあと、通信を利用してお話をさせて頂きま
したが・・・ 時間がなかったこともあり、かなり早口でご説明
することになってしまいました。逆に混乱させてしまったように
思います(;一_一)


ちなみに、メルマガをご覧になっている方は口頭でご説明してお
りますので、ご利用下さい(無料)。できれば、ある程度日時に
余裕をもって(一週間先ぐらい)ご予約下さい。


それと、上記のご質問については、過去のコメント欄にも書いて
おりますので、そちらもご参考にご覧下さい。(まずは、過去の
コメント欄をご覧頂けると助かります)




ではでは、ご質問についてですが・・・
段落の1)~3)について、手先のピリピリ感はきちんと腹式呼吸
ができていますと、ほとんどの方は感じることができます。早い方
で一週間以内。2~3週間ぐらいで、ほとんどの方は感じることが
できます。



では何故、Aさんは一ヶ月も腹式呼吸を続けていて、ピリピリ感を
確信できられなかったのでしょうか・・・。



過去のコメント欄にも同じようなご質問があり、そこでお答えして
いましたが、
『限界まで腹式呼吸を行う』ということができていな
いから、確信をもってピリピリ感が感じられないと思われます。



腹式呼吸の目安(秒数)をサイトの瞑想方法やメルマガに記載し
ていますけど、肺活量が大きい方はその目安ではなく、限界まで
腹式呼吸を行う必要があります。


スポーツをやられている方や肺活量が大きい方は、目安ではなく、
ご自身限界まで腹式呼吸を行うようにして下さい。

また、瞑想(腹式呼吸)を長年なさっている方も限界まで腹式呼吸
を行うようにして下さい。長年なさっている方は、かなり長く呼吸
ができるようになられています。



一般的な方も、目安に従って腹式呼吸を行ったとき、スムーズに
呼吸ができられるようでしたら、ご自身の限界まで呼吸を行う必
要があります。




ちなみに、メルマガをご覧になっている方以外で・・・
サイト上にで紹介している方法やコメント欄の情報だけで、ピリピ
リ感を感じることができる方は沢山いらっしゃいます。



一ヶ月ぐらい限界まで腹式呼吸を行っていて、ピリピリ感が感じら
れないとしましたら、別の理由があります。その理由はメルマガを
ご参照下さい。



しかし、過去のブログやコメント欄にも書いていたと思いますが、
手先のピリピリ感や額のムズムズ感、瞼の裏に映る白い点等を経
験することが瞑想ではありません。よかでしょうか?勘違いしな
いで下さいね( ̄▽ ̄)




ここで、手先のピリピリ感や額のムズムズ感について、改めて簡
単にご説明します。

手先のピリピリ感は、「自分の意思(思考)」と「体(手先)」
を結びつけることができると、そのピリピリ感が増していきます。
腹式呼吸を始められた頃は、Aさんのご質問にありますように、
何となくという感じだと思います。



その何となくというピリピリ感が確信的になっていくためには、腹
式呼吸をきちんと限界まで行って(一般的な方は、通常お腹が筋肉
痛になります)、リラックスの過程をしっかり行うことが必要です。


リラックスの過程には体へ指示する場面がありますけど、リラック
スしてしっかり指示していきますと、自分の意思(思考)と体が結
びつきやすくなります。リラックスの過程が不十分な場合も手先や
額のムズムズ感等が分かりにくいと思います。



ピリピリ感やムズムズ感を感じるために、想像力に関したこともメ
ルマガに記載していたと思います。その想像力も駆使して下さい。



改めて書きますが・・・
「瞑想」とは、その字の通り、目を閉じて思う、又は考えることで
す。




目安として書きますと、腹式呼吸を限界まで行い、またリラックス
や想像力(思考、意思、指示)ができていれば、ピリピリ感を感じ
るためには、一ヶ月も時間はかかりません。

瞑想の練習(下準備)を真面目に毎日行っている人は、早い人で
一週間以内、通常で2~3週間以内でピリピリ感ぐらいは簡単に
分かってきます。



一ヶ月間ぐらい真剣に、真面目に瞑想の練習を行っている人の
ほとんどは、ピリピリ感ぐらいは簡単に分かります。もし、ピ
リピリ感がつかめない人は、一つずつ確認して下さい。


腹式呼吸を限界までやっているか。
リラックスの過程をしっかり行っているか。
想像力(思考、意思、指示)ができているか。



ピリピリ感や手の平・お腹の暖かさぐらいは、簡単です。これぐ
らいのことは、できない原因をつかめるはずです。

自分の思い込みでメルマガを読んでいることにも注意して下さい
ね。話をきけば、メルマガとは全然違う認識で練習をなさってい
る人がいます。



また、一ヶ月瞑想をやっていると言われますが・・・
よくよく聞けば、一ヶ月「継続」して毎日やっているわけではな
く、とびとびの方がいます。期間としては一ヶ月かもしれません
が、毎日ではないとのこと。

毎日、練習を行って下さい。



前回のブログのコメント欄に、女性の方ですが・・・
一ヶ月間ぐらいで、瞼の裏に映る映像を確認されている方がいま
す。(過去のコメント欄にも同様の人のコメントがあります)


多少人によってスピードは違いますが、毎日しっかり練習していま
すと、瞼の裏に映像を見ることは難しいことではありません。一ヶ
月間、毎日しっかり練習を続けられた人は、そのほとんどが手先の
ピリピリ感であったり、映像であったり確認ができられています。



練習をやっていて確認できない人は、「継続」して練習ができて
いない場合がほとんどのようです。毎日練習ができない方は、継
続して毎日できるような工夫を行って下さいね。




瞑想について一度に記載しますと、途中が飛んでしまう人がいま
すので、続きは来年に書きます。瞼の裏に映る映像に関したご質
問についても、来年書きますね( ̄▽ ̄)




話は変わりますが・・・
1~2年の内に一人ぐらいは、「キチガイ」が湧いてきます。


何の事か分からないと思いますが・・・
佳蔵院はツイッターをやってました(←過去形)。とはいっても、
ツイッターを通じて連絡を取りあっている方はいます。その方々
用にツイッターのアカウントを残しているといいますか・・・ 
過去のツイート(つぶやき)をリツイートしてくださる方もいら
っしゃいますので、そのままにしております。


現在の佳蔵院のツイッターは、過去にツイート(つぶやき)した
ものが「自動で流れる」ようにしています。過去にツイートした
ものを自動で流がすツールがあるとです。




そんな佳蔵院のツイッター状況において・・・
自動で流れるツイートに対して、キチガイのように返信する人がお
るとです(-。-)y-゜゜゜


自動で流れるツールを、「BOT(ボット)」と言います。BOT
とは、恐らく、ロボットの略でしょうね。BOTにも何種類かある
ようですけど・・・。



自動で流れるツイート(つぶやき)に対して・・・
つまり、今私のツイートがツイッター上に流れたとしたら、それは
BOTが自動で流しているわけでして、私が生でツイートしている
わけではありません。ロボットが自動で流しているツイートに対し
て、キチガイのようにコメントしてくる人がおるとです。


ちなみに、自動で流れるのは1時間おきです。



う~ん・・・
感慨深いものですよね・・・



少し前、ブログのコメントに気付きました。変なコメントがある
なぁと思いつつ、返答をしました。ほんで、忙しくて長らく IN
していなかったツイッターに IN してみたところ・・・

ロボットが自動で流している私のつぶやきに、ガチでコメントし
ている人がおるわけです。恐らく、私が生でツイートしていると
思っているようですが、ツイートしているのはロボットなわけで
す。



正直、痛々しい輩がいるなぁと・・・
あまりにも可哀想すぎるといいますか・・・
半面、大笑いもしましたけどね( ̄▽ ̄)



ある程度、ネットの知識や冷静な方であれば、生でツイートされ
ているかどうかぐらい分かりそうなもんですが、キチガイには判
断できないようです(;一_一)



流れを改めて簡単に書きますと、キチガイはロボットが自動で流
している私のツイートに対して、一生懸命返信を繰り返していた
わけです。(キチガイの返信は、誹謗中傷のような内容です)



キチガイがロボットに対して一生懸命誹謗中傷を行っていても、
私には分からんとです。
ツイッターで流れている私のツイート
(つぶやき)は、ロボットが自動で流しているわけですから、
いくら誹謗中傷されても私は何も分からんとです。当然のこと
ですが、私は無反応なわけです。(ツイッターにも INしてい
ないので、キチガイがコメントしても、私には全く分からんと
です)



ロボットが流している自動のツイートを見て、私が生でツイートし
ているとキチガイは思っているのでしょう。(このブログをキチガ
イが見るまでは、私が生でツイートしていると思っていることでし
ょう)



ツイッターにおいて、私があまりにも無反応なので、悔しかったの
か・・・ このブログまでキチガイがやってきてました。


ツイートにサイトのリンクを張っているのですが、私があまりにも
無反応なので、業を煮やしてそのリンクをたどり、キチガイがブロ
グまでやってきていた
わけです。




そして、キチガイがブログへのコメントを残していたのですが、そ
のコメントがあまりにも幼稚すぎるといいますか・・・
又異常でもあり、不幸な人間であることがよく分かる内容のもので
した。


一旦、キチガイが残したコメントに返答はしたものの、あまりにも
変質者のようですし、その輩が私の返答を見れば、更に逆上しそう
でしたので、
一日経ってキチガイのコメントと私の返答を削除しま
した。その後、、初めてコメントを認証制に致しました。




認証制にして、キチガイのコメントに規制をかけたんですけど・・ 

つまり、
キチガイがブログにていくらコメントしても、規制をかけ
ていますので、私には分からんとです(-。-)y-゜゜゜


これも悲しいかな・・・




一般の方がコメントされるのは分かりますが、規制をかけられたキ
チガイのコメントは、私に分からんとです。


また、ツイッターにおいても、キチガイをブロックしていますので、
ロボットが自動で流しているツイートにキチガイがいくらコメント
しても、私には全く分からんとです。キチガイのコメントが全く見
えないわけです。



ブログではキチガイのコメントが反映されませんので、キチガイに
とってみれば、面白くないのでしょう。だから、ツイッターにてロ
ボットに対し、一生懸命誹謗中傷しておるとですが、実はその誹謗
中傷さえも私には全く見えんとです。ツイッター上では、とりあえ
ずキチガイが書いたコメントは、本人であれば分かりますので、満
足感があるとでしょう。(しかし、何度も言いますけど、ブロック
していますので、私にはまったぁ~く見えんとです( *´艸`)  ブロ
ックとは相手のコメントが見えなくなる等の設定のことです)





キチガイの思いを私に伝えたいのでしょうが、悲しいけど、キチガ
イのコメントは私に全く見えないわけですから、このキチガイは何
をしとるのかっていう話になるとです・・・。


時間や労力をかけて・・・ なんしようと?ってな感じです。




ツイッターやブログのコメントにおいて、設定等から入っていけば、
キチガイのコメントも確認はできるのですが・・・
忙しいですし、面倒臭いので、確認する気もしません。



 

このキチガイは、ツイッターで私に相手にされないもんだから、
ブログへやってきてコメントを残していました。けれど、規制さ
れているので、自分のコメントが反映されないわけですね。

反映されないから、それもまた悔しくてツイッターに戻り、ロボ
ット相手に一生懸命誹謗中傷を繰り返しておるとです。本人は、
ロボットとは露ほども思ってないでしょうが・・・



まぁ、これを俗にいう、「かまってちゃん」というのでしょうか?



申し訳ありませんが、私はキチガイを相手するほど、暇があり
ません( *´艸`)


恐らく、ツイッターでもブログでも私に相手にされないので、ネッ
ト上の別の場所で私を誹謗中傷していることでしょう。このような
輩の行動は、分かりやすいといいますか、目に映ってきそうです。




ここで、質問です。何故、このようなどうでもいいキチガイの話を
書いているのか?

実は、ケースは違いますが・・・
上記のキチガイと同じようなことをやっている人、又同じように繰
り返している人がおるとです。




というのは、睡眠前であったり、日中に自分の過去のことや他人
に対して、愚痴ったり誹謗中傷したりしておるとです。


想像の中の相手に対して、若しくは自分に対して、永遠と同じよう
なことを繰り返しておるとです。



自分を正当化するために、想像の中で言い訳や相手を攻撃して
時間を過ごしています。毎日毎日、想像の中の相手を攻撃して、
自分を浮かばせようとしています。

無駄ですよね?上記のキチガイと同じようなことをやっても、意味
がないですよね?



いくら自分の中で相手や環境のせいにしても、自分が浮かばれる
わけないですよね?

相手や環境に原因を求めても、結局は何も変わらんかったでしょ?



相手や環境に原因を求めるから、自分の原因には目が向けられん
とです。自分の至らなさを注視しないと、何も変わらんとです。




過去のブログやメルマガ等で書いていたと思いますが・・・
思考と行動が伴っていきますと、未来の方向が決まりやすくなって
いきます。どのような思考や行動であっても、間違いではありませ
んが、仮に想像の中で相手を罵(ののし)り、自分の不幸の腹いせ
に相手を攻撃したとしたら、思考の方向はマイナス方向へ向けらま
す。


マイナス方向へ向けられた思考とともに、実際に人を蹴落とすよう
な行動をとれば、その人の未来はマイナスの方向へ進みます。



上記のキチガイを見てみて下さい。マイナスの思考とともに人を罵
る行動を実際に行っているでしょ。キチガイの無駄な行動を見てみ
て下さい。人を誹謗中傷しているだけで、自分の原因に目を向けて
いないでしょ。

人や環境等のせいにしたり、それらに原因を求めたら、自分の成
長は全くないとです。だから、当然のようにマイナスの方へ実際
に未来が進んでいくとです。




それと、もう一つ質問します。
皆さんは幸せに思うときがあるでしょ?若しくは、幸せだったとき
があったでしょ?

幸せの中にいるとき、人を罵ったり、攻撃したりしていましたか?


自分がキラキラと輝いているとき、人を貶(おとし)めるような想
像や行動をしていましたか?



幸せの中にいるとき、感謝とともに過ごしているでしょ。若しくは、
感謝とともに過ごしていたでしょ。



上記のキチガイを見てみて下さい。人を貶めるような行動をとって
いるということは・・・

つまり、キチガイは不幸の塊(かたまり)なわけです。
不幸だから
他人を誹謗中傷し、又他人のせいにして、自分の原因から目をそむけ
ておるとです。

 

 

 

分かりやすいでしょ?



自分が人を誹謗中傷したり、貶めるような行動を実際にしてい
たとしたら、自分は不幸の中にあると思って下さい。自分の不
幸の腹いせに、人を攻撃していると思って下さい。

 キチガイの行動って、ものすごく恥ずかしいですよね?( ̄д ̄)

 




さてさて、今年も残すところあとわずかとなってきました。
今年の不幸は、今年の内に片付けて下さいね。人や環境等を
罵り、自ら不幸の未来を築かないようにして下さい。

同じような無駄なことを繰り返さないようにして下さい。


来年がもっともっと幸せになれるよう、自分の思考や言動に
目を向けて下さいね。



良いお年をお迎え下さい( `ー´)ノ





過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。 - Home -

25 コメント

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog