瞑想は周波数を合わせるようなもの 

 

瞑想はいつ頃から行われていたのでしょうか?

 

詳しい文献によると、インダス文明の最大都市級であるモヘンジョダロ
から発掘された印章に、瞑想を連想させる図柄が刻まれています。おそ
らく、その頃から瞑想のようなことがなされていたのではないかと言わ
れています。インダス文明は、紀元前2600年から紀元前1800年に栄え
たとされていますから、かなり以前から瞑想は行われていたことになり
ます。

 


紀元前から現代にいたるまでの長い間、瞑想は世界中で生き続けてきま
した。 瞑想に全く意味がなければ、とうの昔に消え去っていたことで
しょう。

 

 


瞑想をご存知でしたか?

 

「どうすれば瞑想ができるの・・?」 「どんな感覚が瞑想なの?」
「瞑想をすると、良い事でもあるの?」と、瞑想に入るまでの方法や瞑
想状態にあるかどうかの確認方法、瞑想の効果や活用などについて、ご
知の方は少ないと思います。

 


瞑想についての記述を目にしたりしますが、瞑想に入るまでの方法につ
いては、大体同じような方法が書いてあると思います。けれど、瞑想状
態にあるかどうかの確認方法や効果.、活用などについてはあまり記載
されておりまん。ほとんどが瞑想を行う人の感覚にまかせているだけで
終わっているようです。

 


ここで紹介する瞑想は誰もができ、瞑想を肌で体感でき、効果も実感で
きます。方法は難しくありません。最初はきついかもしれませんが、慣
れる頃には既にある状態にステップアップしています。

 

 


ラジオの周波数を合わせるようなもの?


変なお話しですが・・・ずいぶん昔、ある霊能力者が質問されて、この
ように答えていました。「霊視や別世界とつながる場合、自分の中のス
イッチを入れ替えます。それは、ラジオの周波数を合わせるようなもの
です。」と・・・。

 


「周波数を合わせるようなものというのは分かりましたが、どのように
したら周波数を合わせられるのですか?」という再度の質問に対し、霊
能力者の返答は・・・曖昧で実に的を得ない、その場逃れの返答だった
ことをよく覚えています。

 


簡単に言えば、私達の身体はラジオや携帯電話のような端末であって、
瞑想が電源のON/OFFのようなものです。周波数を合わせるには、
同化したり問いかけたりします。(詳細については、別のページにて
ご説明します)

 


実はこの瞑想こそが、神様(人によっては宇宙であったり、守護霊、天
使、高次元の自分、ご先祖、ソウルメイト等と呼んだりします)とつな
がる簡単な方法でもあり、不思議な世界への入口になります。

 


この瞑想については、これから詳しくご説明していきます。 


瞑想について

瞑想には何種類かの方法がありま

すが、大体大きく分けて、静の瞑

想と動の瞑想に分かれます。静・

動の瞑想でも、基本は同じです。

内なる自分を認識することが基本

になります。 



内なる自分を認識するとは・・・ 分かりやすく言えば、今思った

こと・考えたことは自分の思いや考えだと認識すること です。

この認識が、後で重要な意味を持つようになってきます。それは、

今思ったことや考えたことは・・・自分の思いや考えなのか?

それとも、別の存在からのメッセージなのか?などと混乱してしま

う可能性があるため、きちんと自分の思いや考えを認識することが

大切になります。この認識は瞑想が上達するにつれて、きちんと区

別ができるようになっていきます。

 


瞑想に慣れてくると、数回の呼吸で瞑想状態
にはいれるようになり

ます。また、ふと気付くと瞑想状態にはいってることもよくありま

す。瞑想は、私達に夢や希望を与え続けるとともに、新しい発見を

いつも提示 してくれます。

 


瞑想の効果などについては、『瞑想の驚異』を参照してください。

瞑想は本当に気持ち良く、楽しいですよ・・・。


- 「神様との瞑想」 -

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog