神様との瞑想   心の陰陽

神様との瞑想(心) 心の陰陽についての説明です。

神様との瞑想(神様)では、『神様の世界からすると私達の心(精神)
で体(物質)がとなります』と、説明しました。逆に私達の世界
は、心(精神)が陰で、体(物質)が陽になり、神様の世界と私達の世
界の違いを、理由を合わせて説明しています。


ここでは、神様の世界の陰陽を基準に説明すると、複雑になり混乱を招
く恐れがありますので、私達の世界の陰陽を基準に説明していきます。


心の陰陽は、一見複雑のようにもみえますが、一つの法則に応じて変化
していますので、この法則を基本に未来を推測することができます。


私達の世界でいう『心(精神)』は陰、神様の世界では陽になりますが、
この『心(精神)』が全宇宙、羅針万象の出発点です。神様が先か意志
が先かという議論もありますが、前提が神様と意志を切り離して議論が
なされるため、水掛け論になってしまいます。


極端な表現になりますが、神様=意志ということです。またここで、そ
の意志はどこから生まれてきたのか?という疑問もありますが、簡単に
説明すると、無から生まれたということになります。


陰陽から説明すれば、『無』の状態、すなわち混沌(カオス:古典ギリ
シア語,Χάος
)の状態から神が生まれました。混沌の状態とは、無秩序
で流動的な世界であり、私達の物質世界とは全く違う異次元の世界です。


『無』というのは、単純に物質世界でいう『有無』と違う意味ですので、
間違わないようにしてください。ここでいう『無』とは、秩序や規則が
存在せず物質も存在しない世界であり、異次元のエネルギーが流動的に
うごめいている状態です。


では、その混沌とした世界はどうのようにしてできたのか?という疑問
もでてきますが、これについては分かりません。混沌とした世界は、神
様の領域を超えた世界になるため、人類の想像をもってしても分からな
い領域になると思います。


この神様の領域を超えた世界を知りたいと欲し、瞑想を通じて何度も挑
戦したことがありますが、全く分かりません。瞑想のなかで、質問に対
する答えだと思われる感じは受け止められましたが、それを言葉として
理解することができません。


神様を超える領域の世界を表現することができないのです。考えてみれ
ば、私達の世界の表現方法で神様の領域すらも超える世界を表現するこ
と自体が無理なことです。表現する言葉が存在しません。受け止められ
た感じを言葉として転換できないのです。


混沌とした世界から、ある光又は気(陽)が上昇し結合を繰り返してい
くなかで、神様とも呼べるエネルギー体が生まれました。そして、混沌
とした世界からある光又は気(陽)が神様とも呼べるエネルギー体に結
合していくなかで、暗(陰)もエネルギー体として形成し始め、混沌と
した世界が二分されたのです。この暗(陰)のエネルギー体が私達が住
む世界になります。



心の陰陽は、神様の誕生と同時に現在もある法則に沿って活動していま
す。身近な法則でいうと、春になれば花が咲き実が成ります。そして、
種からまた花が咲きます。心のなかでは、思考が現実となります。


私達は考えたこと、思ったことを行動に移します。心にない行動はでき
ません。スポーツ選手のなかでは、それまでに練習もしたことがない、
又考えもしていなかったすばらしいプレーを披露し、神憑りなプレーだ
と賞賛されることがあります。


これは、日頃考えて又思ったことを練習し、積み上げていった結果、一
つ一つの考えや思いが結合して、それまでに見せたことがないすばらし
いプレーへとつながったのです。


川を渡りたいと思った結果、船ができあがりました。その船は、更に海
を渡り異国の土地へたどり着くことができるようになりました。空を飛
びたいと思った結果、飛行機ができ宇宙にまで飛び立つことができるよ
うになりました。考えたこと、思ったことは、それまで非現実的だった
ことでも現実と成す力があります。



歴史を顧みると、心の時代(宗教の繁栄)から産業革命を発端として、
物質世界が発展しました。しかし、近年では物質世界の象徴とでもい
うべき経済が下降しています。このことから何が推測されるかですが、
陰陽からすると、物質世界から心の時代へと移っていることが分かり
ます。


陰陽消長(拮抗律)にこのような言葉があります。『陰虚すれば陽実
し、陽虚すれば陰実する。陰実すれば陽虚し、陽実すれば陰虚する。』


物質世界(陽)が下降し、精神世界(陰)が上昇していきます。


インターネットの普及をみれば分かりますが、今まで交流がなかった人
や外国の人々とのコミュニケーションが様々な形で発展しています。こ
のつながりが、精神世界の新たな形態をつくっていくとともに、心の進
化と発展を引き起こします。


神様からのメッセージは、電波のようなもので信号と同じようなもので
す。この信号を私達の体(端末)で受信できるような時代へと進み始め
ています。瞑想を通じ、誰もが不思議な世界のエネルギーを当たりまえ
のように受信するようになるのです。


心の陰陽を知らず知らずに活用し、思うがままの人生をつかんだ人もい
ます。しかし、中には心の陰陽を使い成功した人でも、陽にあたる物質
世界に執着し、陰にあたる心を蔑(ないがし)ろにするため、衰退の道
を歩む人もいます。


瞑想は、ありのままの心をみつめる手段です。ありのままの心を肯定す
ることから、次のステップへ進みます。

私達の世界では、心は陰にあたりますが、瞑想を通じその陰の心に
あててください。心に光をあてることで、(陽)神様の心と同化し様々
なメッセージが受信できます。

時代は心の時代へと移っています。この流れに背いて一時的な成功をお
さめたとしても、長続きはしません。常に自分の心に耳を傾けて、今す
べきことに全力投球してください。必ず、あなたが思う道へ、不思議な
世界からの導き
があります。


- 「神様との瞑想」 -





 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog