神様との瞑想   神社の神領

神様の神領

 

相談者:30代夫婦(仮名:山口さん)
相談内容:姉(奥様の姉)の結婚について

2005年7月、山口さんご夫婦より霊視鑑定の依頼をお受けしました。
奥さんの(山口さん)お姉さんの結婚が、なかなか決まらないのは、実
家に何か問題があるからではありませんか?という内容でした。


それで、ご主人さんと一緒に奥さんの実家へお伺いしたのですが、実家
のご両親さんには今回のことは伝えていらっしゃらなかったので、実家
の外からの霊視となりました。


まず、実家のすぐ横を流れている小さい川が、何かおかしいことにすぐ
気付きました。その川の上に実家のご両親さんが、簡易な橋を勝手に架
けていらっしゃったのですが、それが一つ災いをもたらしているようで
した。 

 

また、その小さい川の管理がきちんとなされてなく、草がぼうぼうで放
置してあるような感じを受けました。

 

その他に、実家の前の空地(所有者は市)にある粗大ゴミのようなもの
も、ご両親さんが勝手に置かれていました。


よくある話で、土地には土地の神様が、川には川の神様がいらっしゃい
ます。その土地や川を粗末に扱っていたがために、それらの神様がお怒
りになっていたようです。


そこで、その土地と川を塩と酒で清め、大祓詞祝詞般若心経をあげ
ました。一度の作業では、神様方のお怒りを鎮めることはできないと思
っておりましたが・・・他にも、何かあるような感じを受けておりまし
たので、神様方の話をお伺いするためにも作業を続けました。


作業を続ける中、ふと、頭の中に何かがよぎりましたので、そのことに
意識を集中すると・・・実家の中からも、何かが訴えているようでした。


それは、実家のお母さんが何かの宗教に没頭し、お札や神様、水晶、菩
薩像などをたくさん祀って拝んでいらっしゃったようです。


そのことに気付き、ご主人さんに聞いてみると、『実は、家内が心配し
ていたのも、そのことで・・・佳蔵院さんにだまっていたわけではなか
ったんですが、もし、そのことが原因であれば佳蔵院さんにも分かられ
るだろうということで、何も言わなかったのです』と・・・


私は苦笑しながら、『それも原因としてはあるようですが、それは二次
的なことで、原因は他にあるようです』と伝えたところ・・・少しずつ
ですが、本当の原因が頭の中に飛び込んでくるようになりました。


原因は、土地と川を穢(けが)していたことにもあったんですが・・・
もっと深い理由がありました。これから話すことは、語弊をまねく恐れ
も充分ありますが・・・率直な霊視結果として読んでいただけたらと思
います。


実家の横の小さな川を霊視ししたとき、上流に何かあると思っておりま
した。それが何なのかは、すぐに気付かなかったのですが・・・霊視を
行っていくなかで、実家から上流へ約800mのところに神社があるこ
とが分かりました。


その実家の並びには他10~13軒の家があり、その一帯が、実は神社
神領(神様の領土)内に建てられていたのです。そのせいもあって、
その一帯の家には男の子が一人も生まれていませんでした。


山口さんの奥さんの実家も3人姉妹で、他の家も全て女性の姉妹ばかり
でした。そして、大人になってその一帯から離れ住んでいた女性は早く
に結婚されたものの、未だその一帯に住む女性は未婚のままということ
でした。


これはどうしてかというと、生まれた子が男の子であれば、その家の種
が存続し繁栄してしまうため、そうさせないために女性ばかりを授けら
れたということです。また、結婚を通じその一帯の女性のところへ男性
を入れ、繁栄させないようにするため、その一帯に住む女性と男性との
縁をその神社の神様が邪魔されていたようです。その土地の神様からす
れば、神領から人間を追い出したかったということです。


いろんな神様がおられます。荒々しい神様もいれば、心優しい神様もい
らっしゃいます。人間には理解できない不思議な世界であります。


その神社のことは後から分かったことですが・・・昔、歴史上の戦があ
ったところで、その土地一帯の神様を鎮めるために建立された神社との
ことでした。


また、実家のお母さんの祀り方にも問題があったようで・・・ある神様
を祀っては次の神様というように、どんどん祀られた神様がふえ、しか
も悪いことに、祀ったのはいいけど、放置されたままの神様もたくさん
あったようです。そうさせたのも、その神社の神様のご意向のようでし
た。


このような理由から、お姉さんの婚期が遅れている旨を伝えました。


お姉さんとは、しばらくしてお会いする機会があり、このときの霊視結
果を改めてお話ししました。最初は半信半疑だったようですが、他の霊
視結果も聞かれてから、思い当たる節もあられたのでしょうか・・・
1年後に実家を出られ、お話ししてから3年後の秋にめでたくご結婚を
なされました。


披露宴にもご招待してくださったのですが・・・どうしても外せない仕
事もあって、披露宴はご辞退させていただきました。




不思議な世界には、まだまだ分からないことが沢山あります。



実は、この話しには続きがありまして・・・この続きの出来事が私を戒
めるいい機会となった、不思議な世界からのメッセージとなりました。


続:神様の土地へ 
- 「神様との瞑想」 -

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog