運を上げる

年も新しくなったこともあってか、運を上げるには?というご相談があっ
ていましたので、ちょっとお話ししてみます。


運を上げると一言でいっても、方法はたくさんあるかと思います。


プラス思考や風水、感謝する、掃除する、縁起を担ぐ、幸運グッズ、等々
探せばたくさんあります。

 

 

 

このホームページでも運の上げ方を紹介していますが・・・

幸運』 



私は幸運に対する考え方しだいだけでも、運を良くしたり悪くしたりでき
ると思っています。


生きていること自体が幸運であると思うわけです・・・


あたりまえと思っていることを、まずは幸運だと思うようにすることから
始めたらいいのではと・・・


基本は自分自身を肯定することが大切だと思います・・・



ここで精神的なことをダラダラと言い始めると、きりが無いので・・・
ここから、あるご相談をご紹介しますね。



8歳になる子供のお母さんから、この子は幸せなんでしょうか?という
ご相談を受けたことがあります・・・



8歳の子供(A君)は、後天性の病気で知的障害者でした。
A君はお母さんに連れ添って来ていたのですが、無表情で一言も話さな
い子供でした。


ちょうどそのとき私は、あるお坊さんと神主さんと一緒に同席して
おり・・・



『この子は、幸せなんでしょうか?』というご相談に、一同沈黙しました。



幸せを何ではかるか?どんな基準で判断するのか?・・・

難しいご相談でした。



結局、私が代表してご相談に応じることになったんですが・・・


私はしばらく悩んだあと、その子の魂とその子を包むエネルギー体に
同化してみました。



同化して、みえてきたものは・・・



満面の笑みで、おもちゃを片手に遊んでいるA君の姿がみえてきました。
ケラケラと笑い声をあげ、たくさんの友達と楽しそうに遊んでいる風景
でした。



みえたとき、感じたとき・・・私は驚きました。

はたからA君を見たときと、A君の中の姿とは全く違っていたからです。



ご質問のお答えになるのか疑問に思いながら、このことをお母さんに
伝えました・・・




すると、お母さんはA君に歩みより、目を細めながらじっと見つめたあと、

A君を強く抱きしめて、震えながら泣き出されました・・・



それまでお母さんは、いろいろと思い悩まれたのでしょう。
自分を追い込まれてたのでしょう。


お母さんのなかの黒い影が、涙と一緒に流されていくのがよく分かり
ました。




今年、一通の年賀状がきていました。家族で撮った写真に元気な大きな
文字で・・・

『あけまして、おめでとうございます』と。



A君も大きくなり、今では音楽に夢中らしいです。


写真の中のA君もお母さんも、他の家族の方もほんとにいい笑顔です。
とても幸せそうです。



この年賀状をみて、正月そうそうから私も幸せになりました。



運を上げることって・・・・
簡単なことなのかもしれません。



人に幸せを与えること・・・



もしかしたら、これが運を上げる一番の方法かもしれません。

(2012年1月18日)


他のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリックした
その下にでてきます。
- Home -

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog