自分の道③

まだまだ寒い日が続きそうね・・・



でも、この寒さか後1回ぐらいの寒さが過ぎたら、肌で春を感じてき
そうです・・・


季節の変わりめ・・・ 体も心も変化を感じて、新しい気持になる人
と変化に戸惑う人がいる。


 

 

新しい気持になる人は、心が元気なんやろうね・・・

なにかしらの期待と希望が心のなかで、くすぶってて。


戸惑ってる人は、どこかうつむきかげん・・・

 

 

 

なんでやろ?

もしかしたら、このくすぶるってのがミソかな?

 

 

そこで、「くすぶる」を辞書でみてみると

 

物がよく燃えないで、煙ばかりを出す。
煙のすすで黒くなる。すすける。

 

・・・って書いてある。

 

 

火がついて煙は出ているけど、全部が燃えるまではいってない状態。

 

 

ふむふむ・・・(‐ω‐?)

 

 

気持が新しくなる人は、煙が出ている物の中の火種に心が焦点をあわ
しているんかな?

 

んで、戸惑う人は煙に心が焦点をあわしているとか?

 

こんな感じ?

 

 

・・・ということは、戸惑ってる人の心の中にも火種はあるわけやね。

煙が邪魔して、火種がみえないわけだ。


そんで、ほったらかしにしてると・・・
煙にまかれたままで時間がすぎ、ススになってしまう。



こりゃ、いかん。
はよ、火種を探さんといかんばい。

 

 

どうやって火種を探すとね?


う~ん それはね・・・ まず、邪魔な煙をなくすとか・・・

 

 

んでも、火種があるけん煙がでるわけで、

煙をなくすとしたら、火種を消すということになるばい。

 

 

 

ほんじゃ、風をおくって赤くなる火種を探すとか?

んじゃ、どがんやって風をおくるとね?

 

 

う~ん、それはね・・・風をおくるというより、風をつかまえるほう
がよかかもしれん。


 

風をつかまえるということは、まず風がどこから吹いているか体と心
で感じてみらんといかんよ。

 

風はいろんな方向から吹いてくるけん、それぞれの風を感じてみらん
といかん。


風が強すぎて、火種が消えてしまうことだってあるけん。

風が弱すぎても、火種が消えてしまう。


ほどよい風はね、火種が赤くなるけん分かりやすい。


煙ばっかり目をやってると、火種が消えてしまう。かといって、火種
を探そうとしてもなかなか見つからない。

 

そんな時は、外に目を向けんといかん。


風はいろんなものを運んでくる。
風がゴミを運んできたとしても、人によっては、そのゴミが火種を赤
くすることだってある。


 

そう考えると、戸惑いや悩みは人を新しくさせる種みたいなもんやね。
種から、しっかり花を咲かせられるかどうか・・・

まずは、外に目を向けてみよう!( ̄ー+ ̄)

 

 

 

過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。

- Home - 

 

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog