心の壁と魂の壁:壁って、どういう感じなんでしょうか・・。

昨日は梅雨の合間の晴れ・・・ 風も気持ちよく、晴れて爽快でした。

 

毎日雨だと嫌な気持ちになるかもしれませんが、佳蔵院は結構雨が
好きです。外出の雨は、確かに嫌ですが・・・それより、家に居る
ときに聞こえる雨の音が、心を癒してくれるので助かります。

 

それと、雨音を利用して魂の洗濯なんかもやってるんで、雨の恵み

に感謝しています。(*゚ω`人)

 

 

んで、今日は心の壁について・・・書きますね。

 

ちょっと前になりますが、鑑定させて頂いた同日に3人のご依頼者と

心の壁について話題になりました。その鑑定では時間がなかったので、
ブログでご紹介しますね・・というようなお話しで終わってて。

 

今日、ようやく書くことができました・・・ (長くなりそうでした
ら、分けて書きます)遅くなって、すみませんm(_ _)m

 


心の壁と一言でいっても、いろんなケースがありますので、3人のご
依頼者に共通するものを書きますね。


心の壁とは・・・ みなさんは、どのようなものとお考えでしょうか?
物として存在しているわけではないので、表現することは難しいこと

ではありますが・・・

 

 

佳蔵院では、まず「心」と「魂」を別に捉えています。
「心」とは・・・ 簡単に言うと、生まれてから今まで、経験した事
や考え方、習慣等から発生する感情や思考が「心」の基になっている
と思っています。

 

 

それで、「魂」とは生まれる以前に経験した事や考え方、又生まれる
以前に学んだことが基となってて、そして、他の魂(魂の仲間)が経
験した事や学びを共有しています。

 

 

 

んで・・・ 心も体も調子が良いときは、「心」と「魂」がほとんど
一致しています。だから、一致しているときは「心」も「魂」も素直
で・・・ 例えば、何らかの現象が起きたとき、その現象が悪いこと
であったとしても、「あぁ~ これは〇〇をしなさいってことね」と
か、「なるほど、今これが学びってことか」「そっかぁ~ こういう
ことだったとね」などと、現象を肯定し、前向きに考えることができ
るものです。

 

つまり、魂からのメッセージや神様という属性のエネルギー体など
からの気付きがダイレクトに受けとることができるということです。

 

 

 

ところが、「心」の壁があるとき・・・ どんな状態かというと、生ま
れてから創り上げてきた「心」と生まれる以前に創り上げた「魂」にズ
レが生じています。

 

分かりやすく表現すると・・・ 「心」と「魂」をそれぞれ一つの円と
思って下さい。調子が良いときは、それぞれの円がほとんど一致してい
て、調子が悪いときは、それぞれの円が一部だけ重なった状態になって
います。

 

 

 

 

円がズレているとき、つまり調子が悪いときでも魂等からのメッセー
ジはあってますが・・・ 「心」と「魂」が一致していないので、メ
ッセージが素直に受け取れなかったり、疑心暗鬼に陥ったりするわけ
です。


このように、円がズレている状態が「心」の壁というものです。「心」
の壁と言うと、「心」の周りに分厚い壁のようなものができていると思
われるかもしれませんが・・・ 実際、一部だけが重なった円の一方か
ら他の円を見たとしたら、一つの円の中に他の円が交じっているので、
それが壁だと捉えることもできますが・・・。

 

 

 

それで、どうして「心」の壁ができるかというと・・・

 



チラッ (;¬_¬) 【時計】

あぁああああああ~~~  
やっぱり時間内に書けませんでした。ごめんなさい。 

続きは次回で、よかでしょうかぁああああllllll(-ω-;)llllll

 


ブログや新しいページを書くときは、実は空いた時間にちょこちょこと
書いてるんですね・・。なかなか、まとまった時間が取れなくて・・・

ほんと、ごめんなさい。


過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。

- Home - 

 

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog