先祖供養について、自分で書く位牌等の書き方


(前回のブログは、こちら → お彼岸は先祖供養をしながら、自
分を振り返るときです。感謝とお祈りを考えてみましょう


先祖供養について、ちょうどお彼岸ですのでちょっと書いてみます。

 

先祖供養とか、なさっていますかぁ?

ご仏壇などがご自宅にあられたら、線香を上げたりされるかと思い
ますが、ご仏壇がなくても同じようにできるんですよ。

 

線香やロウソク、線香立て、線香灰、お鈴(りん:チ~ンってする
やつ)などを買ってきたら、ほぼ準備が整います。

 

 

 

線香立てや線香灰、お鈴などは仏具店で結構安くで売られています。
一度、覗いてみて下さい。

 

 

んで、位牌(戒名や生前の名前が書いてあるもの)についですが・・

ちゃんとした位牌がなくても大丈夫なんですよ。位牌って、人が亡く
なったあと、お坊さんが手書きでぱっぱっと書かれます。お坊さんが
書かれたから、特別なものがあるというわけではありませんから。

 

 


位牌を買ってきて、ご自分で位牌に書かれてもいいですし、白い紙な
どに書かれてもいいんですよ。亡くなった方に戒名があれば、その戒
名を。戒名が分からなかったら(戒名があられなかったら)、生前の
名前を。まぁ、戒名にこだわらなくてもいいんですけどね。分かりや
すく説明しているサイトがありましたので、興味があられたら見てみ
てください。位牌の書き方

 

 

 

んで、先祖へお祈りをされるときですけど・・・

祈り先はどのように言われていますか?○○家のご先祖様などと言
われていますか?念のため、お話ししておきますと・・・

例えば、お父さんが山田という姓で、お母さんの旧姓が川田という姓
でしたら、両方の先祖へお祈りしたほうがよかです。だから、山田家
のご先祖様、川田家のご先祖様というように声をかけてくださいね。
(父方の姓にお母さんが籍を入れていらっしゃる場合)

 


私たちは、両親の血を受け継いで生まれてきていますが、両親の霊
的流れも受け継いで生まれています。だから、父方だけではなく、
母方のご先祖へもお祈りをせんといかんとです。


佳蔵院が若い頃(今でも若いつもりですが・・)は、実家を離れて暮
らしていましたので、白い半紙に父方の先祖だけではなく、母方の先
祖も書いて祈っていました。

○○(父方の姓)と○○(母方の姓)を並べて書いて、その下に家先
祖代々之霊位と白い半紙に書き、線香をあげていました。

 

 

          (母方の姓)(父方の姓)

           ○     ○

           ○     ○
              家                   
              先

              祖

              代

               々

              之

              霊

              位



また、ご結婚されている方は自分方の先祖の他に、結婚相手の先祖
へもお祈りをされたほうがよかですよ・・・。この世の縁があって、
相手の先祖とのつながりができたわけですから、もしかすると、前
世でも縁があったかもしれないわけです。



結婚相手の先祖も、自分の先祖の横にそれぞれ書かれたら宜しい
ですからね。


このように、実家から離れて暮らす人やご仏壇がない場合は、半紙
などに書いて、先祖供養をなさるといいですよ。


それで、半紙に先祖の姓を書いて祈っていますと、数年経てば、紙
が変色したりするときがあります。その時は、また新しく書いてで
すね、変色した紙は、その紙の中心にほんのちょっと塩を置いてき
れいに包んでください。そして、小さな布袋などに入れて、お守り
として大切になさったらいいです。

 

 
次のブログは、先祖供養をしていたら、良いことがあるんでしょう
か?
について書いています。

 



過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。

- Home -

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    kanta (土曜日, 22 9月 2012 10:29)

    初めまして。いつもブログを拝見
    しています。実は僕自身の周りで
    色んなことが起きて悩んでいまし
    た。それで他のブログを見ていた
    のですが、肝心な所がはぐらかさ
    れ結局は何の糸口にもなりません
    でした。いろいろと探していたら
    佳蔵院

  • #2

    kanta (土曜日, 22 9月 2012)

    すみません。カキコの途中で送信
    してしまいました。(さっきの続
    きです)佳蔵院さんのブログによ
    うやくたどり着きました。仕事が
    お忙しいとは思いますが、頑張っ
    てください。応援しています!

  • #3

    keizo-in1 (土曜日, 22 9月 2012 22:27)

    kantaさん コメント、ありがとうございます。


    読んで頂いて、本当に嬉しいです。
    できるだけ、新しいページやブログの更新を頑張って
    いきますね。

    これからも、宜しくお願いします。

  • #4

    shimohaha (土曜日, 22 9月 2012 23:24)

    こんばんは。私も、簡易の祭壇に両親のご先祖様と子供がいますので、元夫のご先祖様もお祀りしています。(離婚後も氏をそのまま使かわせていますので)これは良いことなのでしょうか?

    そして。。そして。。
    家族が亡くなる前に、お仏壇を買うというのは如何なものなのでしょうか??
    実家のお仏壇が古いからと、お仏壇を買った直後に父が胃癌で亡くなりました。次に某有名な仏壇店に勤めていた叔母が退職する前に「今、買っておいた方が安く買える」と聞かされた母が自分の為にと思ったのか言われるままに買い替えて、そのまた直後に同居の姉に旦那が結局、先に入ってしまいました。
    お彼岸や仏事の時以外には、買い換えるべきではないのでしょうか?一応、新しい仏壇を入れたときには仏壇開き?と称すお参りをしていただいたのですが。。

    彼岸花も咲き、田の実りも金色になってきましたね。寒暖の差が、気になります。お風邪をめしませんようにされてくださいね。

  • #5

    keizo-in1 (日曜日, 23 9月 2012 11:56)

    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    ご先祖様を祀っていらっしゃるんですね・・。
    良いことですね。


    離婚後の姓についてですが、場合によって異なってく
    るかと思われます。短時間で宜しければ、スカイプで
    ご説明致しますので、ご都合が良い時間帯をメールに
    てお知らせ下さい。


    それから、ご仏壇の件ですが・・・
    これは、気になさらないで宜しいかと思いますよ。


    ほんと、朝晩肌寒くなってきましたね。
    shimohahaさんも、ご注意なさって下さい・・。

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog