直観、気付き、ひらめきで正しい決断をしてみましょう

 

明けまして、おめでとうございます。今年も、宜しくお願いします。

 

さぁ、 2013年が始まりました。今年はどんな年になるのか、楽し
みですねぇ。良い年になるよう、頑張っていきましょうねp(*^-^*)q

 

新しい年になって、心も新たにいろんな豊富を抱いていらっしゃること
と思います。その豊富に挑戦していくことが、生きがいかもしれません
ね。

 

新しい年になって、いろんな決断をされた方も多いことでしょう。今年
は、こうしよう、あぁしようと思われていると思います。この決断とい
うものは、選択とともに日々私達の生活に存在しますよね。

まぁ 人生っていうものは、選択と決断の連続とも言えます。


その決断の過程の中に「直観」という、理屈では説明できない大切な
ものがあります。この直観は気付きにも似たもので、誰にでも感じる
ことができるものですが、擬似の直観で決断しとことに後悔すること
もしばしばです。

 

 

気付きというものはどちらかと言うと、物事の現象があった後に、そ
の意味が一瞬にして理解できるというようなもので、又真理や道理等
が分かったりします。

直観というものはどちらかと言うと、事前に物事の現象を予見するよう
なもの、又は物事を当てるようなことです。、これも気付きと同様、神
仏に属するエネルギー体や魂のつながりからのお知らせだったりします。


んで、これからなんですけど・・・ 直観において気を付けなけれ
ばいけないことは、擬似の直観に惑わされてはいけないということ
です。

擬似の直観とは、例えば・・・ こうであって欲しいという希望を
直観と思い込んでいる場合や都合良く頭で推理して導いたものを直

観だと感じている場合です。その他にも擬似の直観はありますが、
擬似の直観の根本にあるものは、自分の意思が土台となっていると
いうことです。つまり、希望的観測ということでしょうかね。


もちろん、この希望的観測から導かれた事が正しいこともありますが、
それは経験上の推測に近いものであって、直観とは全然違うものです。



直観とは思考の壁がない時・・・ つまり、あれやこれや考えを巡
らせていない状態の時に、突然頭の中に入ってくるものを言います。
ですので、いろいろと考えている中で、ふと思いついたものは直観
ではなく、憶測や理論構築の結果導かれたものということです。




また、直観と似たようなものに、「ひらめき」というものもあります。
このひらめきは、ある作業や理論構築等に没頭し、意識下にその作業
や理論構築等が充満したとき、突如として意識上に現れてくるもので
す。

 

 

ひらめきは、直観と気付きとちょっと違いますが、どれも簡単に意図し
てできるものではないということです。

 

 

瞑想がある程度上達すると、瞑想中に突然自分の声や知らない人の声
が聞こえたり、何かしらの映像が浮かんできたりするときがあります。
その一つ一つは無意味なことに思えるかもしれませんが、直観や気付
き等の断片であるときも多いです。


瞑想中に得た無意味なことをノート等に書き留めていくと、断片であ
った情報がパズルのように埋まっていき、実はある大切なことを示唆
している時もあります。興味がある方は、瞑想ノート等を用意されて
みて下さいね。


直観や気付き、ひらめき等を得やすくするための練習?なんかもあ
りますんで、次回のブログでは、その事について書くようにします。



次回はこちら
トランプを使って直観、気付き、ひらめきの力を鍛える



過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

 

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog