瞑想の意義。瞑想から得る『無』とは・・・

<前回のブログはこちら→霊の憑依と霊障(霊視から感じたもの)

今日は、瞑想について書いていきますね。

瞑想について、ご質問を頂くことが多くてですね・・・
んで、その中で、皆さんがよく勘違いされていることがありますので、
それについて書いていきます。


まず最初に、『無』になることが瞑想だと思ってやしませんかぁ?

瞑想=『無』 ← って思ってるでしょ?

(ΦωΦ)フフフ… 目的もなく、瞑想によって『無』を目指したところで、
なぁーんも意味はなかけんね。

 


ご質問の中で多いものが、瞑想していると色んなことが頭に浮かん
で、なかなか無になれないんです。どうしたらいいですか?ってい
う内容が多いです。

そこで、こんな時佳蔵院は・・・ 無になってどうするんですか?
と、ちょっと意地悪して逆にお聞きしたりするときがあるんですね。

そうすると、返答にお困りになる方がほとんどです。


ごめんね、意地悪な質問して (´ω`)


たぶんね、無になれば特別なことが起きるというか・・・ 例えば、

悩みなんかが解決するんじゃないかとか思っていらっしゃるような
んですね。

ちゃうとですよ。『無』になることが目的じゃなくて、『無』は瞑想

の中では、手段にしかすぎんとですよ。



瞑想をやっていると、いろんな思考が浮かんできます。『無』になろ
うと思っても思っても、逆に様々な思考が浮かんできますよね。実は、
これこそが、瞑想の最も大切な過程なんです。

浮かんでくる思考を打ち消して、『無』になろうとする行為は瞑想か
ら力いっぱい道を外しているとです。(ノД`)


頭の中に浮かんでくること・・・ それはあなたが心の奥底で抱えて
いる問題や感情、又は気になることばかりだと思います。時には、全
く無関係に思える過去の出来事等も頭の中に浮かんできますよね。

 

 
この頭の中に浮かんでくることが、瞑想の極意とも言えるとです。


頭の中にいろんなことが浮かんできたら、それについて様々な考えを
はりめぐらしたり追求したりしていいんです。とことん考えていいん
です。というより、場合によってはするべきかもしれませんけど。


浮かんでくる思考を否定せず、まずは認めることが大切かと。思いが
けない思考が浮かんできたとしても、こんな思いが自分にあったとね
ぇって認めてあげればよかとよ。

何かを思いつめて、又悩みを整理するために無になろうとするのは、
ちょーっと違うとです。

 

心の底にある思考や感情等を表に出し切って、そしてそれを考える。
又は、浮かんできたものを認める。こんな感じで、頭の中に浮かんで
くるものを否定せずにいたら、いずれ頭の中には何も浮かんでこない
ようになります。ある意味、その時点では思考や感情が解決されたと
言えます。

このような過程をしっかりと踏めば、『無』という境地が訪れます。

 

でもね、思考や感情から逃げて、例え無になれたとしても・・・
その『無』に、又はその『無』の向こうに何があるんでしょうか?



恐らく、なぁーんもなかです。(ーー;)


『無』になるために一生懸命瞑想を頑張っても、そこにはなぁーんも
なかとですよ。『無』になるために瞑想をやるんじゃなくて、浮かん
でくる思考や感情を受け止め、それから真理や答えを導くことに瞑想
の意義があるとです。


例えば、ある悩みがあって、それを解決するために、一度『無』にな
ってから考えてみようと言う人がいたとします。この場合ね、『無』
になってから考えるのではなくて、浮かんでくる悩みや問題から逃げ
ず、しっかりと思考等をはりめぐらすことで・・・ つまり、瞑想中
にある程度の思考がはりめぐらされると、『無』になれるとですたい。

 

 

んで、瞑想の意義はこれからが本番なんです。


しっかりとした瞑想によって思考等がはりめぐらされ、問題の核心が
つかめたあとに『無』を迎え、その『無』の中から・・・ しぃーん
とした頭の中に、真理や解決方法、答え等が浮かんでくるとです。


これが瞑想を行う一つの意義ばい( ̄^ ̄)
よかですかぁ~ 『無』になろうと思って、浮かんでくる思考なんか
を邪魔者扱いしよったら、いつまでたっても『無』になれんし、悩み
は解決されんけんね。


思考の過程を踏まずに『無』になれたとしても、なぁ~んも意味なか
よ。まぁあるとしたら、脳を休めるぐらいでしょうか・・。脳を休め
るのが目的だったら、瞑想より音楽を聞いたり運動なんかをやったほ
うが、手っ取り早く脳を休めることができますからね。


人間は考える生き物に進化しています。思考から逃げ切ることはでき
ません。だから、瞑想によって悩みや問題を頭に提起し、それが充満
すれば、いっときの『無』が訪れるわけです。そして、頭が『無』の
状態のとき、潜在意識が活動し、提起した問題の真理や答えが導かれ
るというわけです。



悩み等を解決するために瞑想をやるんでしたら、浮かんでくるもの
をしっかりと受け止めて下さいね(^∇^)


次回のブログ → 瞑想の基本(瞑想のおける坐禅とは・・・)


過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    迷走瞑想 (日曜日, 02 3月 2014 01:46)

    今まで読んだ 瞑想に関する説明や解釈の中で時佳蔵院さんのものが 一番よくわかりました。有難うございます!!!

  • #2

    佳蔵院1 (日曜日, 02 3月 2014 08:04)

    迷走瞑想さん コメントありがとうございます。

    サイトをご覧頂き、ありがとです(*´∀`*)
    瞑想について書く文章は表現が難しかったりしますの
    で、全てのことを表現できずにおりますけど・・・

    少しずつでも文章力を向上させて、瞑想をもっともっと
    分かりやすい文章でお伝えできればと思っておりま
    す。がんばるぞぉおおおおお(¯―¯٥)

  • #3

    匿名 (日曜日, 16 8月 2015 21:04)

    方言使うなイラつく
    内容はいいのに台無し

  • #4

    佳蔵院 (月曜日, 17 8月 2015 15:45)

    匿名さん 貴重なご意見ありがとうございます。

    以前から方言を含め、ブログを書いています。今更、変更するつもり
    はございませんので、イラつかれるようでしたら、このサイトをご覧
    にならないようお願いします。

    ご覧にならなければ、匿名さんのイラつきは解消されます。
    これで、問題解決ですね(^ω^)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog