神仏からのメッセージと霊能者(瞑想)の限界

 

神仏という属性の霊体から送られる信号を転換させたとき、数字の
羅列等が現れてくることがあります。これは、ほとんどの霊能者や
瞑想の上級者に共通することです。
(前回のブログは・・・
神仏(自然界)からの数字、自動書記(お筆先)による日月神示とは

です)

そんな数字等を読み解くのが、霊能者のやりがいとも言えます。

 

 

例えば・・・ 一瞬頭の中を信号等が横切ったとき、同時に数字
へ転換されることがあり、一つのメッセージを表します。


『 34768594 』こんな、数字の羅列が頭に浮かんだとき・・
例えば、『 34768594 』が『生』を表したり、
『8941352』が『死』を表したりと状況等によって様々で
すが、神仏という属性の霊体から送られるものは、シンプルなも
のばかりです。


なぜなら、神仏という属性の霊体は『言葉』を持ち合わせていない

からです。

 

 

(ΦωΦ)フフフ… 
何度も言ってますけど、みなさんは私達が日常会話するように、神
さんが話しかけてくると思っていたでしょ?

そがんことなかとですよ!!!

 

 

サイト内のどっかにも書いていたと思いますけど、神仏という属性の
霊体から送られてくるものは、言葉のような曖昧なものではなく・・
『感情』のような本質を突くものです。


例えば、美味しそうなケーキを食べて、幸せぇえええええ~って感じ
る人がいたとするでしょ。人によっては、その幸せを満足と表したり、
元気の源と表す人がいるわけです。


幸せや満足、元気の源等のように、曖昧な言葉の表現ではなく、そ
の言葉の元になっている、『感情』のようなものが、神仏という属
性の霊体から送られてくるとです。

ですから、その『感情』のようなものには余計なものがなくて、そ
れが言葉等に転換されたとき、結果として一言や二言だったりする
わけです。



だらだらと、神さんが親切丁寧に話しているわけじゃなかとですよ。
よかですかぁ?キィィ━━━ヾ(*`⌒´*)ノ━━━ィィ

 

 

まぁ 数字に関してはこれくらいにしておいて・・・



ではでは、前回のブログの続きへ移ります。

初めに・・・
これから書くことは、決して人を傷つけるつもりではなく、神仏と
いう属性の霊体から送られるメッセージと、それを読み解く霊能者
の限界等を趣旨として書くつもりです。もし、これから書くものを
ご覧になって、不快に感じられましたら、何卒ご容赦下さい。



平成5(1993)年当時、佳蔵院は仕事で長崎に配属されていて、
日夜仕事に奮闘しておりました。瞑想もやっていたのですが、不思
議な出来事に遭遇したりして、ちょっと心配になっていた頃です。

それで、知人に相談したところ、京都のあるお坊さんを紹介してく
れました。さっそく冬季休暇の時に、お坊さんを訪ねいろんな事を
お伺いしたわけですが・・・



ご飯にも連れて行ってくれて、その後もお坊さんのご自宅に招いて
頂き、相談事以外の事も話してくださいました。

お坊さんのご自宅でいろんな話しをしているとき、数冊の本を手渡
され、興味ある本を持って帰って良いよと言われ・・・


それで数冊の本のうち、安そうな本を選んだんですけど、お坊さん
はその本の事について、少しずつ話しを始められました。

 

 

お坊さんの話しでは・・・
その頃、宗教関係者や霊能関係者の中で、頻繁にある噂が流れて
いるということでした。

その噂とは、平成6年か7年頃、日本において一大事件が起こるだ
ろうという予言的な内容で、お坊さんご自身もその内容を信じてい
らっしゃいました。


というのも、私が選んだ本の著者から取材を受け、意見を述べられ
た一人がそのお坊さんだったんです。んで、私が選んだという本は、
前回のブログで紹介した『日月神示』に関する本だったんです。

 


噂は、はっきりした内容のものではなく・・・
日本において、例えば、侵略されるとか核兵器が飛んでくるとか、
又経済が破綻するとか大地震等の災害が起きるとか、はたまた隕
石が落ちてくるとか・・

具体的な内容ではありませんでしたが、壮絶で又悲惨な出来事が
起こるだろうということでした。



半信半疑のまま京都で数日過ごした後、長崎に戻り、いつものよう
に忙しい日々に忙殺され、お坊さんの話しもいつしか記憶から消し
去られていきました。




突然、その日がやってきました。



平成7(1995)年1月17日 午前5時46分 
                                阪神・淡路大震災


当日の朝、確かテレビかラジオで地震が起きたようなニュースを見
たか聞いたか、そのような記憶がありますが、被害状況等詳しいこ
とは分からず、普通に仕事をしていました。

けれど、日が経つにつれ被害状況が分かるようになり、地震の恐ろ
しさに驚愕しました。



地震の報道が落ち着いた頃、私はお坊さんに電話をかけ、以前お
伺いした噂の真相を聞いてみました。お坊さんは、静かに言葉を
選ばれながら、あの時の噂は今回の地震を示していたと、はっき
り話されました。


佳蔵院は背筋が凍る思いで、以前頂いた『日月神示』に関する本
を改めて読み返しました。本の中には、日本で一大事件が起こる
だろうという旨がしっかりと書いてあり、また宗教関係者等の間
でそのことが噂になっているということも書いてありました。

本は、平成4(1992)年に初版が出版されており、文章中には
一大事件が起きる時期を、平成5~6年と書かれていますが、それ
は恐らく、平成5~7年に起こるという噂話しを関係者から取材さ
れた結果、著者がそのように判断して書かれたのだろうと思います。
(本の中では、総合的な予測として、大地震の発生を挙げる人が多
いようだと書いてあります)


お坊さんは、平成6~7年に一大事件が起きるとはっきりと何度も
言われ、『あと2年』とつぶやいたことを覚えています。



神仏という属性の霊体から送られる信号というものは、物事に対す
る核心の一つを表し、余計なものはありません。



阪神・淡路大震災で、今でも多くの方々が辛い思いをされていらっ
しゃいます。皆様が一日でも早く、お元気になられますことを、心
よりお祈り致します。

(東北地方太平洋沖地震に関するコメントは控えさせて頂きます)


次回のブログは、鑑定(霊視等)で困ること・・・ です。



過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

 

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    aki (金曜日, 07 6月 2013 23:23)

    こんばんは。

    日月神示って初めて聞きました。
    普通の書店にあるのでしょうか?
    なんか恐いような気もしますが、
    今度買ってみようと思います。
    佳蔵院さんのブログを拝見して、
    納得することが多いです。理想
    論のような内容ばかりではなく
    て、具体的で体験した人でなけ
    れば、知らない内容ばかりのよ
    うで、すごく分かりやすいです。
    これからも、ブログを楽しみに
    しています。

  • #2

    keizo-in1 (土曜日, 08 6月 2013 17:18)

    akiさん コメント、ありがとうございます。


    日月神示に関する書籍は、書店にあると思いますよ。
    いろんな本があるかと思います。探してみて下さい
    ね。


    佳蔵院のサイトは、できるだけ理想論のような内容を
    避けて書くようにしています。理想論のようなものは、
    いろんな事を気付かせてくれたり、心のよりどころと
    なったりしますが、それらが言動に現れなければ、何
    の意味もないと思っているからです。


    なるべく具体的なことをサイト内で紹介して、みなさ
    んの日常の言動に活かせられたらと思っています。


    応援宜しくですm(_ _)m

  • #3

    なっちゃん (日曜日, 09 6月 2013 15:59)

    こんにちは。
    数字が見えるって不思議ですね。

    私には、まだ白い点も見えないので、ずっと先の話し

    になりますけど・・

    でも、もし数字が見えるようになったら、たぶんびび

    ると思います(*_*)

    腹式呼吸は大変ですね。お腹が引き締まってきたよう

    に思えます。気のせいかもしれませんけど、薄着にな

    るこれからの季節には、丁度良かったです(^-^;

  • #4

    Miyo ☆ (日曜日, 09 6月 2013 18:37)

    今回のブログは、ちょっと怖いですね。
    でも、これからの瞑想がめっちゃ楽し
    みになりました。


    私が変なものを見るようになったら、
    佳蔵院さん助けてくれます?

    見捨てないで下さいよぉ(T_T)


    今回のメルマガも大変参考になりま
    した。私・・・やり方を勘違いして
    いたようです。腹式呼吸って、その
    ようにするんですね。

    次回も宜しくお願いします!



  • #5

    佳蔵院 (日曜日, 09 6月 2013 22:59)

    なっちゃんさん コメント、ありがとうございます。

    数字等は、いずれ見ることがあると思いますよ^^
    また白い点も近々見れるようになるはずです。


    びびらないようにして下さいねぇ~

    佳蔵院も腹式呼吸を精一杯やっている頃は、お腹が引き
    しまったことを覚えています。季節柄、ちょうど良いで
    すよね。腹式呼吸に早く慣れて下さい( ̄▽ ̄)



    Miyo ☆さん コメント、ありがとうございます。

    今回のブログ、怖かったですか・・・ すみません。
    でも、まぁこういうこともあるもんだと思っておいて
    下さい。


    変なものを見るようになったら、すぐにお知らせ下さ
    いね。基本的にそのような場合は、心の奥底に沈む精
    神的なことが原因ですので、慌てることはないです。
    ただ、念のためみてみるようにします。


    腹式呼吸と言っても、息とお腹の動かし方が違うとこ
    ろがありますので、お間違いのないよう・・ 
    また早く慣れるようにして下さいね(*´ω`*)



  • #6

    ひで (月曜日, 10 6月 2013 21:26)

    メルマガ大変参考になってます。佳蔵院さま質問です。
    瞑想中に指先のピリピリ感を感じています。(何となくし
    びれがあるような??)
    私には左手のほうが強く感じるように思います。左右同じように
    感じるものでしょうか。
    また、瞑想を中止する(現実にもどる、通常意識にもどる)ときに
    注意すべきことはないのでしょうか。
    よろしくお願いします。

  • #7

    佳蔵院 (火曜日, 11 6月 2013 00:20)

    ひでさん コメント、ありがとうございます。

    もしかして・・・ ひでさんは、メルマガをご覧にな
    られて、まだ一週間程度ではありませんか?

    3つのメルマガでは、基本的なことしか書いてなく、
    本格的な事は2週目以降なっておりますので、それだ
    けで左手だけでもピリピリ感を認識できられたことは、
    大変早いほうです。


    手の平等のピリピリ感は、左右同じように感じます。
    次回のメルマガに、逆の手の平も感じられる方法を
    ご案内するようにしますね。



    瞑想を中止する時の注意点ですが、これは今のところ
    あまり気になさらなくても宜しいのですが・・

    念の為お話ししますと、途中で中止される場合は、
    体全体に数回力を入れるようになさって下さい。
    これで、通常の体と頭へ戻ります。


    あと、瞑想の注意点を書いているブログがあります
    ので、是非ご覧下さい。

    <瞑想目次(左メニュー)>

    瞑想の注意点と危険③
    瞑想が上達する分だけ、しっかり心の管理を!④

  • #8

    ひで (金曜日, 14 6月 2013 10:10)

    佳蔵院さま

    回答いただきましてありがとうございます。
    おかげさまで、左右同じように「ピリピリ!」がきました!
    瞑想を楽しみながら行っていきます。
    次回のメルマガが楽しみです。

  • #9

    佳蔵院 (金曜日, 14 6月 2013 20:57)

    ひでさん コメント、ありがとうございます。

    左右同じようにピリピリ感を認識できるようになられ
    て、良かったです。これから、まだまだ課題はありま
    すので、楽しみながら瞑想をやっていきましょうね。


    この調子でしたら、そんなに時間がかからず、額のム
    ズムズ感や瞼の裏に映る白い点が確認できるようにな
    られ、また何かしらの映像も映ってくるかもしれませ
    ん。



    また何か疑問に思うことがございましたら、ご遠慮な
    くご質問下さいね (*゚▽゚*)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog