瞑想を利用した勉強方法で試験に合格!(記憶の仕方がポイント)

 

7月になっちゃいました。早くも今年の半分が過ぎてしまいましたね。
ほんとぉ、時が過ぎるのは早いものです。
(前回のブログは、因縁(果)の意味や苦しみ・悩みを、前世ではな
く今世の出来事として見てみましょう!
です)

 


今日は、ずぅ~っと前から書かんば書かんばと思っていたものを書き
ますね。瞑想を利用した勉強方法についてです。

 

 


佳蔵院が勉強方法について書くってことは、ものすごぉーくおこがま
しいことなんですけど・・・ もしも、瞑想を利用した勉強方法がお
役に立てれば、大変嬉しく思うとです ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ



ツイッターでよく会話する方々の中に、お仕事をしながら勉強を頑張
っていらっしゃる人がいます。仕事しながらの勉強って、ほんと大変
ですよねぇ。



佳蔵院も経験がありますけど・・・ 仕事に疲れて家に帰って、ご
飯やお風呂、息抜きの時間等を考えると、全くというほど勉強をす
る時間がなかとです (-_-;)



一人暮らしだったら、毎日のご飯のことも考えんといかんし、すごく
大変なんすよねぇ・・・。まぁ、佳蔵院は弁当やコンビニに頼ってい
ましたけどね。



仕事しながら勉強するっていうのは、ほんと時間がなくて困るとです。



こま切れの時間を利用して、仕事中にでも勉強する時間をつくるよう
にという話しがよくあります。わずか3分でも10分でも、短い時間
を利用せんと、勉強する時間を確保することは難しいとです。



しかもですね、仕事をしていたら、気分にムラもでてきます。いつも
いつも、心や体が調子良いわけではありません。勉強を始めた最初の
頃は新鮮な感じもあって良いかもしれませんが、ちょっと予定外のこ
とがあったりして勉強する時間がとれなかったり、仕事で嫌なことが
あったり、疲れていつの間にか寝てしまっていたりして・・・

勉強しようという気持ちはあっても、できないときもあっとです。



こんなことがちょくちょく続くようになると、こんなことで合格なん
かできるわけないと自分を責めるようになり、又こんなんじゃダメだ
等と自分を否定するようにもなったりします。


そして、焦りが出てくるとです ('ェ';)



勉強そのものが好きっていう人は、ほんと少数の人だと思います。
大半の方が、もぉ勉強は良かですと遠慮されるんじゃないかと思う
とです。もちろん、仕事上での専門的な勉強から逃げることはでき
ませんけど、又資格がなければ仕事もできないということもあって、
勉強を避けて通れないことがありますよねぇ。



そこでぇええええええ~、瞑想を利用した勉強方法の登場です!



仕事上で必要な知識の勉強とか興味があるからちょっとやってみる
等の勉強ではなくて、ハードルがあって又合否によって勉強の成果
が左右される、そんな試験に対する勉強方法をご紹介します。



単に記憶という視点から勉強をみて、瞑想を利用していきます。



ここで紹介する瞑想は、深い瞑想や瞑想状態が確認できる等のレ
ベルまでは必要ありません。軽い腹式呼吸で良いんですけど、寝
ることができればそれで十分ですたい(*^_^*)



えっと、記憶のことから簡単に説明しときましょうね。脳の中で記憶
される過程を聞かれたことがあるかと思いますけど、記憶は短期記憶
と長期記憶というものに分かれます。



短期記憶っていうものは、一時的に脳の中に記憶されるもので、脳
としてはさほど重要ではないと判断したものが、短期記憶として分
類されます。また、この短期記憶の中では上書き保存のような特徴
があります。



これに対して、長期記憶というものは長期的に脳の中で記憶される
もので、脳が重要だと判断したものが長期記憶として脳内で分類さ
れます。ただ長期記憶といっても、その記憶に触れることがなけれ
ば、数年ぐらいの長い時間が経つと、徐々に他の記憶と混同された
りして、記憶が曖昧(あいまい)になってきます。



記憶は、以上のように分類されるとですけど、試験においては長期
記憶が最も有効になってくるとです。



そこで、試験勉強をされている方へ最初にやって頂くことが・・・
試験の傾向と対策というものをやって下さいね。つまり、記憶とい
う視点から試験を眺めた場合、科目や単元ごとに記憶だけで済ます
ことができるものがありますので、そういうものは一度流れ等を理
解されたら、あとは記憶するだけというふうに分けといて下さい。


っていうか、試験の難度や内容にもよりますが、試験っていうもん
は記憶を試しているようなものでして、決して頭の良し悪しを判断
するするものではありません。



本当に頭が良い人とは、一つの情報から他の情報を取り入れ、それ
らを絡み合わせて新しい物や概念を作り出したり、発見したりする
人が本当に頭が良い人だと思います。また、普段の生活においても、
例えば相手の気持ちを察することができたり、自分の感情に左右さ
れず現状の改善や工夫することで、より良くしていく人が頭の良い
人だと思うとです。



試験は、所詮記憶と思って、記憶しやすいまとめを作る作業が試験
勉強だと割り切って下さいね (-。-)y-゜゜゜



試験では、新しく考える時間はありません。記憶したものを取り出
して、それを記入するぐらいなもんです。試験の内容によっては、
記憶したものを総合的に組み合わせて、答えを導き出すようなもの
もありますが・・・


仮にそれが大学試験の一部にあったとしても、正解率は非常に低
いもので、正解を導き出せなくても、合否はそれ以外の所で決ま
っちゃいます。



記憶があれば、総合的に記憶を組み合わせて答えを導きだすよう
な試験であっても、直感的に答えの道筋が頭の中を通り過ぎます。

試験においては、数学も記憶ですからね。試験で新しい公式を導き
出せという問題はありません。問題に対して、どんな公式を使って
答えを出すかという試験です。


所詮、記憶です。効率よく記憶できるためにはという視点から試験
を眺めて下さいね(*`▽´*)

 

 



ということで、瞑想を利用して効率よく記憶するにはという話しと、
瞑想の極意ともいえる、答えの不思議な導き方等について書いてい
きます。



1.寝る前の30分ぐらいの時間を使って、短期記憶から長期記憶へ
   と移動させる。

2.イメージを使って、覚えるものをつなぎ合わせまとめて記憶する。

3.残り時間がないときの、最後の賭け(瞑想の極意)と推論等の問
   題対策。



以上のようなことを書いていきます。3の瞑想の極意ともいえる内
容は必見です!えぇ~?って思いますよ (*⌒∇⌒*)♪

 

 

ちょうど時間がなくなりました。キリもいいところなんで、続きは
次回に書きます。

 


次回のブログは、睡眠中の脳(ある意味、深い瞑想)を利用して、
記憶する
です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Tomo (水曜日, 03 7月 2013 19:25)

    こんばんは。

    楽しみにしていたテーマです。
    続きが待ち遠しいです。
    (決して急かせてませんので。)笑

    ありがとうございました。

  • #2

    佳蔵院 (木曜日, 04 7月 2013 21:26)

    Tomoさん コメント、ありがとうございます。


    お仕事されながらの勉強って、ほんと大変ですもん
    ねぇ。他にも、お仕事や家事、育児等をされながら、
    勉強なさっている方々がいらっしゃいます。


    そー言えば、一人の方は今月試験と仰ってました。
    それまでに、最後の賭け(瞑想の極意)を書き上げ
    てしまわんといかんです。


    続きを頑張って書きますね・・(*^_^*)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog