瞑想の有意義な側面と時間の有無による良し悪し


前回までご質問にそってブログを書いてきました。多少、辛口になっ
た部分もありましたけど、ブログでお答えできて一安心しております。
(前回のブログは、瞑想と霊性に係わるものです)


今回は、瞑想についてもうちょっと書きます。

 

 


前回のブログでも書いていますけど、瞑想っていうものは使わなくな
った脳(右脳だけでなく、左脳も)を使っていると思ったらいいです
からね。


脳機能として不必要になったものを、心や体をリラックスさせて・・
また腹式呼吸で内臓や脳に刺激を与えることで、正常に機能させてい
るとです。



決して、霊的世界に引き込まれるとかそんなSF小説のようなことは
ありませんから(¯―¯٥)


また、自分のものとは違う声等が聞こえたとしても、瞑想中に神様か
らのメッセージ等だとは誰も思いません。っていうか、神様の声を聞
いたことが以前にあるっていうなら分かりますけど・・・



本来の瞑想っていうものは心や体がリラックスした状態で、体なん
かは眠ったような感じです。でね、体を動かそうという気さえ起き
なくなります。体がそこにあるという感覚もないので、体を動かそ
うという考えが浮かんでこないほどです。



体を動かしてみようかなと思うこともあるかもしれませんが、せっか
く瞑想状態に入れたので、体を動かしてしてまって瞑想が覚めてしま
うともったいないと思うぐらいです。



そんな状態の時にね、何かしらの映像が見えたからといって、又声
等が聞こえたからといって、錯乱するわけなかとですよ。心や体が
リラックスしているから、映像や声等を脳が受信して、又過去の記
憶に収められたものが開かれ、脳内の視覚や聴覚で感じとっている
んですね。



体の感覚がない状態、リラックスした状態の時、体を動かしたいとい
う気持ちには恐らく誰もならんはずです。そのくらい心地良いひと時
を過ごしているわけでして、意識も正常でリラックスしていますので、
偏った考えとか錯乱することがありえないはずなんです。



そんな落ち着いた状態の時に映像や声等を見たり聞いたりしたとし
ても、その時点で精神に異常が起きることはないはずなんです。



繰り返し言いますけど、体の感覚がないほどリラックスしているわけ

でして、あるのは意識だけが広がっているんですね。不思議なことを
体験したからといって、驚いて途中で瞑想を中断できるほど、正直私
達は強くありません。



心地良いひと時の中をいつまでも過ごしたいという気持ちが、心の奥
底にあるほど体や脳がリラックスしているとです。そんな状態の時に
映像や声等が聞こえたからといって、いきなり錯乱するほど体は思う
ように言うことをきいてくれません。というより、瞑想が初心者の方
は特に瞑想から覚めたくないはずなんです。



瞑想中に不思議なことを体験したときは、ん?え?というような驚
きは最初あると思います。体や脳の一部が眠った状態で意識が覚醒
している状態を今まで体験したことがなかったわけですから、そん
な状態の時に不思議なことを体験すれば、誰でも多少なりとも驚き
はあります。




けれど、瞑想を中断したくなるほどの恐怖や驚きはないということ
です。




ただね・・・ 瞑想が終わってから、さっき体験したものは何だった
んだと考えることはあるでしょう。人によっては、何かのメッセージ
なのか、はたまた神仏に近付けたのかと思う人もいるでしょう。


また、瞑想で得たメッセージの意味を考え始める人もいるでしょう。



だから、瞑想の初段階や瞑想の入口から少し奥深く入れるようにな
ったぐらいでメッセージ等の意味を追及したり、物事を判断・決断
してはいけませんよ、と注意しているとです。



それはそれで、メッセージ等があったら記録に残しておくとかしてで
すね、もっと感じる幅を広げるようにせんと、いつまでたっても瞑想
で体験したものから惑わされるだけだと言っておるとです。



瞑想で体験することは、特別なことではなかとです。誰でも、不思議
なことを体験するわけでして、ただそれも左脳が優先になった時代よ
り以前は当たり前のように体験していたと思います。




心や体をリラックスさせることは瞑想から得られるものではありま
すけど、しかしそれは深い瞑想に入る過程で得られるものであって、
またそのリラックがなければ深い瞑想には入れないということなん
ですね。




実際、瞑想とかやっていなくてもですね、睡眠に入る時や睡眠から
覚める前に何かしらの映像を見たり、声等が聞こえるっていうこと
はあるとですよ。



誰にでも経験することです。睡眠に入る時に見たものや聞いたもの
は、睡眠に入ってしまってから時間が経てば忘れてしまいますので、
思い出すこともないかもしれませんけど、睡眠から覚める前であれ
ば、さっき見たり聞いたりしたことを覚えていたりします。



ただ、日常の忙しさに忙殺されて、睡眠から覚める前に体験したこと
が忘れ去られてしまっているだけです。数日は覚えているかもしれま
せんが、それより日常の事にほとんどの関心が向けられますので、し
だいに記憶から消えていくわけです。



しかし時間を持て余している人等は、そのような体験が記憶に残って
いるでしょう。大切な日常の活動等が特にない人は、体験したことが
日常の唯一の変化ですので、記憶に残っているはずです。



このような人達が、実は不思議な出来事に翻弄(ほんろう)されやす
いんです。瞑想で体験したことから錯乱等を起こす場合より、日常の
些細な出来事もしくは不思議な出来事等によって、錯乱を起こす場合
がよっぽど多いとです。




日常で起こる不思議な出来事、また瞑想で体験した不思議な出来
事が錯乱等の直接的な原因かもしれませんが、間接的な要因とし
ては持て余すほどの時間があるということが原因なんですね。



忙しく仕事や勉強等をやっている人は、不思議な出来事があったと
しても、それにとらわれているほど時間的余裕がないとです。不思
議な出来事があって、あれは何だったんかなぁと思うことがあった
としても、それより大切なことが目の前にあるわけです。





時間を持て余している人は、忙しさでストレス等の影響を受けること
はないかもしれません。その代り、日常の出来事をいろいろと考える
ことによって、思考や感情が混乱を起こしてしまうかもしれません。
忙しい人は、不思議な出来事で錯乱等を起こすことはないかもしれま
せん。その代わり、日頃の忙しさから異常なストレス等を受け思考や
感情が混乱を起こしてしまうかもしれません。




物事には両面あります。



何事も一方向から物事を判断してしまうと、誤ってしまいます。また、
バランスよく日常の生活を過ごしていかなければ、弊害が起きます。


仕事や勉強等をし過ぎたなぁと思う時は、ゆったりとした時間をとる
こと。また、ゆったりとした時間をとり過ぎているなぁと思う時は、
活動を始めること。



両極端な場合が必要な時もあれば、中道的な生き方も必要な時が
あります。(中道という言葉を検索してみて下さい)



霊的世界を認めない、認めるという主義も・・・ 場合によっては、
中道的な柔軟な考えが必要ということです。また、何事にも弊害は
つきものでして、その弊害に重点をおくのか、又は有益なことに重
点を置くのか・・・ もしくは中道的なことに重点を置くのか。




偏(かたよ)り過ぎた時や執着している時は、なかなか自分では気
付かないものです。ですから、自分の思考や思い、また活動はどち
らかに偏っていないかな?とか、執着しすぎていないかな?等と自
分を見つめることが大切で、又どちらかに今は執着すべきだと自分
をコントロールすることも大切だということです。




このようなことを瞑想によって判断していくことも、瞑想を行う有
意義な側面なんです。




<ご連絡>
スカイプのチャットを利用してご質問をなさっている方がいらっしゃ
いますけど・・・ 実はですね、佳蔵院はスカイプのIDが何個かあ
ります。

スカイプを利用した鑑定中にコンタクトがあれば、集中力が中断して
しまいますので、IDを使い分けています。また別のIDに再 INす
ることが億劫な時もあってですね、IDによっては、そのIDにしば
らくINしないことがあります。だから、ご質問を頂いていたとして
も気付かないことがありますので、ご質問等がございます時はお問合
せからお願いします。


それと、ブログへのコメントですが・・・ コメントを頂いた時は、
コメントがあった旨のメールが佳蔵院に送信されますので、分かり
ます。過去のブログへのコメントも同じです。ですから、コメント
に気付かないことはありませんからね。ただ、諸事情により、コメ
ントをお返しすることが遅くなることはあります。



次回のブログは、神社参拝の仕方や方法についてです。



過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 6
  • #1

    KN (火曜日, 23 7月 2013 12:38)

    こんにちは。
    2日前の夜です ここ1ヶ月あまりにも忙しすぎて やっとゆっくりできる時間を持てたので、瞑想にはいりました。しばらくして緑色とオレンジの中間色のような大きな球が見えてきて、ぐるぐるまわるのです。あまりにもはっきりそれが見えるのでこんどは目をあけてみました。しかし目を開けても全く同じ様にその球が見えて、鳥肌がたちました。恐怖心はなかったけどちょっとこのまま次に進むのが不安だったので体の向きを変えて無理やり球から気をそらしました。部屋はほぼ真っ暗です。そのまま眠ってしまいましたが、あんなに大きな光の球を見たのは初めてで、なんだったんかな~って思って書いてしまいました!

  • #2

    佳蔵院 (火曜日, 23 7月 2013 22:36)

    KNさん コメント、ありがとうございます。

    KNさんは、恐らく私が想像している方だと思うのですが。
    もし間違いなければ・・・ やはり確認できるようになられまし
    たね。もう少し、先のお話しかなぁと思っていましたが・・・

    怖がる必要は全くありませんよ(*´∀`*)
    逆に、ご覧になられたものと心を通わせてみて下さい。
    たぶん、何度か遭遇することになるかと思います。

    ご覧になられたものについては、メールでお知らせします。
    私が想像している方と違っていたらいけませんので、念の
    ためメールにてご連絡を頂けませんか?お名前だけで結
    構です。

    数日ちょっと忙しいので、落ち着いたらメールします(¯―¯٥)

  • #3

    ej (水曜日, 24 7月 2013 20:16)

    桂蔵院さん 
    いつも楽しくブログを拝見して居ります。
    先のKNさんのコメントと似た様な内容ですが、私の場合は額のところに紫色をした物が出てきて(球体ではありません)上下左右に形が変化した後に、綺麗な緑色が出てきます。稀に目を開けた状態でも緑色の形をした物が観える時もありました。意識して観れるかと言うと、そうでは無くリラックス出来た状態でしか観えない様に感じています。瞑想と何か関係があるのでしょうか!?

  • #4

    佳蔵院 (木曜日, 25 7月 2013 09:08)

    ej さん コメント、ありがとうございます。

    KNさんは私が思っていた方に間違いがなく、何度か鑑定させ
    て頂いた方でメルマガをご購読されている方でした。

    また、恐らく ej さんも私が想像している方だと思うのですが、
    以前鑑定をさせて頂いた方でメルマガをご購読されている方
    ではありませんか?

    間違っていましたらいけませんので、お名前だけでもメールに
    てお知らせ下さい。後日、メールにてお返事致します。


    メルマガをご購読されている方々にも、KNさんと ej さんのケ
    ースについて、メルマガを通じてご説明するように致します。


    ej さん、KNさんのケースについて、このコメント欄にてご説明
    するには、サイトを自由にご覧になっている方々へ混乱等を与
    えてしまう可能性がありますので・・・


    メルマガを購読されている方でしたら、メルマガの進み具合い
    にもよりますけど、ご理解できらると思います。

  • #5

    YT (金曜日, 26 7月 2013 20:54)

    月曜日からメールもらいながら頑張ってます!
    もらう前はできてるか分からなかったのですが、確認できると少しでも前進してるのがわかって嬉しいです。
    まだ映像らしきものは見えないのですが、小さい数字のカウントダウンが見えたような気がします。
    朝早いので途中で眠ってしまうのですが今日タイミングよくアドバイスメールを頂いたのでやってみます!

  • #6

    佳蔵院 (土曜日, 27 7月 2013 11:23)

    YTさん コメント、ありがとうございます。

    メルマガを購読されている方ですね(*´∀`*)
    少しずつで良いですから、瞑想に慣れていって下さい。

    写真のような映像を見ることは、もうちょっと先になるかもしれ
    ませんけど・・・ もしかしたら、早い段階で見れるようになるか
    もしれません。

    リラックスすることが大切ですからねぇ~


    それと、最初の頃は眠ってしまっても宜しいですよ。それだけ、
    リラックスしているということですから。そんな時に、ふと意識
    が覚醒して写真のような映像を見たりすることがあります。

    また、自分がイメージした通りの写真のような映像を見ること
    もできますからね。瞑想を楽しんで下さい(¯―¯٥)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog