神棚を設けて神さんを祀る心構えと願いが叶うことについて


8月、夏真っ盛りです。これだけ暑かったら、冷房の部屋に入り浸る
より、逆に外でおもっきし汗をかいたほうが、すっきりするように思
えますねぇ。夏は、やっぱ外で汗ばかかんばいかんですね。



ではでは、前回のブログに関連したことを書いていきます。
(前回のブログは、神社参拝の仕方や方法についてです)


佳蔵院へご相談される方で、月に10人ぐらいはご自宅に神棚を設け
て、神さんを祀っていらっしゃる方からのご相談があります。

結構、神棚等を設けていらっしゃる方が多いなぁと感じるとですけど。



それで、ご自分で祀られた方に同じ質問をしたりすることがあります。
「どうして、神さんを祀られたのですか?」と・・・



だいたいそのお答えは同じなんですけど、ご自分の希望を叶える為、
又は自分を含め家族等を守って頂く為です。



でねぇ、ここからよくお考え頂ければと思うんですけど・・・
神さんていうのは、希望を叶えてもらうために、又守ってもらうため
に祀るとじゃなかとですよ。


たぶんこのように書いたら、えっ?なんでよ?神さんは願いを叶え
てくれるんじゃなかと?守ってくれるんじゃなかと?と、思われる
ことでしょう。




神さんが願いを叶えてくれるとか、守ってくれるとかという表現の仕
方は、ちょっと誤解を招くところなんですけど、まぁとりあえずそこ
んとこには今回は触れないということで、このまま進めます。




もともと神さんを祀るようになったのはですね、神さんを畏(おそ)
れ敬(うやま)うために、また神さんを鎮(しず)めるために祀るよ
うになったとですよ。決して、希望を叶えてもらうために、又守って
もらうために祀り始めたわけではなかとです。




神さんをもっと身近に感じられた昔、人は一日を生き抜くことさえ精
一杯だった時代があったとです。食べ物もろくに食べれず、外敵や日
照り、自然災害等に怯(おび)える、そんな日々を暮しておったとで
す。



8月になれば、これからの季節は台風の時期へとなっていきますけ
ど・・・ 強風が吹き大雨が降り、生活の拠点が無残にも破壊され
ていたわけですたい。



今の時代は、いつ台風がやってくるか事前に分かるんで、台風に備
えることができますけど、昔の人達には無理な話しです。



生活拠点が山々に囲まれいる時、大雨が降るとなると、川の上流か

ら・・・ つまり、山から滝のような泥水が押し寄せ、生活拠点が
めちゃくちゃになることもあったわけですね。



そんなことを経験していくなかで、目の前にそびえる山々に畏れを
抱くようになったとです。また、山からは大切な食糧も頂いていた
こともあり、いつしか人は山々に神性を感じるようになったとです。



そこで、現代より霊的感性が高かった昔の人が、そんな山々の中
で特に神性を感じる場所を祀り始めました。また、そんな山々へ
立ち入ることも禁忌(きんき:タブー)とし、畏れていたんです。




山々だけでなく、川や海でも神性が感じれる所を中心に人は神さん
を祀るようになりました。台風だけでなく、地震が多かった日本で
は、平地においても神性を感じられる場所を祀りました。


こんな経緯があるとですよ。


また、そんな自然に対する信仰が行われる一方、場所によってはで
すね、集落同士の戦いや戦国時代の合戦等で山や川、海、土地が汚
(けが)されていったとです。んで、災害等を引き起こす神さんを
鎮める他、汚された場所の神さんを鎮めるために、人は祀ったとで
す。



希望を叶えるために、守ってもらうために祀りだしたわけではない
とですよ。ここらへんのことを、よくよくご理解下さいね(*´∀`*)



あ ここで念のために書いておきますけど、上記を読まれて、守っ
て頂く為に祀るということは良いんじゃないのと思われるかもしれ
ませんが・・・



本来、神さんが怒って災害等を起こすと考えられていたわけでして、
災害を起こす神さんに災害から守って頂くという理屈にはならんと
です。よかですかね。鎮めるという表現は、災害等から守って頂く
という意味ではなく、神さんの怒り等を鎮めるという意味です。




それから、社会が発展するにつれ、貨幣が登場し経済を形成してい
きました。社会が発展するにつれ、人の欲も拡大していったわけで

すね。



そんな流れの中で、いつしか神さんを畏れ敬うということが置き去
りになり、人の希望を叶えてくれるためだけの存在へと神さんの立
場が引きずり下されたわけです。




そー言えば・・・
ちょっと前に、願いを叶えてくれないのなら、神へ祈る価値さえ無い
とほざいた、たわけた奴がおりました (#`Д´)

なんでか知らんけど、こういうことを平気で言う奴は何故か共通しと
るっちゃんね。50代以降の男性に多いとですたい。



たぶんね、こういうたわけた奴は、それまでに自分の欲を満たすため、
力いっぱい神にすがったと思うとです。神に自分の希望を叶えてもら

うために媚(こ)びへつらい、祈り方や方法にも執着し神にすがった
はずです。



自分の言動を見直すことも、努力もせず・・・ なして、願いが叶う
ことがあろうか!もし、自分の思考や感情等を変えることなく、また
努力もせず、願いが叶うことがあるとすれば、もはや神は存在しない
ということになります。


幼稚な考えで願いが叶うとしたら、神は創作の世界・・・ 
つまり、テレビや本、映画の世界だけに神が存在するということです。



努力している人でさえ願いが叶わないこともあるのに、どうして願
いさえすれば叶うと思ってしまうのか・・・ 

こんなたわけた奴の願いが叶わないということこそ、神の存在が証
明されるわけですたい。己を見直すことも努力もしない人間の希望
が簡単に叶わぬよう、神が秩序を守っておるとです。




前回のブログを読まれた方、また以前のブログを読まれた方はお分
かりですよね。



己の欲を満たすために出発した人間と、畏れ敬うために出発した人
間の違いがはっきりあるとです。




上記のように言ってもですね・・・ 佳蔵院では、神社への参拝を
勧めておるわけですけど。 希望を叶えてもらうためだけの存在と
なった神さんへの考え方を変えんしゃいと言っても、根付いた思い
込みを消し去るということは、ちょ~っと難しかとです。



だからせめて、謙虚で素直な心で、また正直な気持ちで参拝して下
さいと言ってるとです。実際に前回のブログでご紹介したような方
もいらっしゃるんです。



それとですね・・・ 
憑依とは違う、霊体の障り(霊障)

狐の憑依と稲荷神社・・・ 憑依する霊体とは
霊の憑依と霊障(霊視から感じたもの)
上記のブログで紹介した方から、先日以下のようなメールを頂きま

した。


(メールの一文です)
「○○は去年の痛みと病院通いがうそのようになくなりました。」
(いろんな理由があったとですけど、○○さんに神社参拝等をお

勧めしていました)


このようなこともあっとですよ(*´∀`*)



これから神棚を設けて神さんを祀ろうと考えている方が、もしもいら
っしゃったら、もう一度お考え下さい。

気を付ける点を書きますけど・・・



あぁ~ しもうた。ほんとは、その注意点を書くつもりだったんです
けど、時間がなくなっちゃいました(´-ω-`)

次回は必ず書きます。神社等のタブーについて。たぶん、神主さんに
怒られると思いますけど、勘違いなさっている方が多いので、あえて
書かせてもらいます(¯―¯٥)




次回のブログは、神さんを祀るということは、どういうことなのか

です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 18
  • #1

    shimohaha (金曜日, 02 8月 2013 23:03)

    今回の、ブログを拝見し、まさにそのとおり!と痛感しとります。山へ行くだびに、山の神さまへご挨拶し、自然の恵みと頂いております。空気、景色、癒される緑、その季節の花々眺めたり木々の実を必要なだけ頂き、おいしい水をも頂き。。自然に生きるのが一番、性にあっていると思うのです。有難い気持ちを伝えることが、なによりではないでしょうか?佳蔵院さんのブログやツィートを拝見するたびに、わが身の欲の深さを気づかされたり。。自分の努力がいまだに足りないんだと反省したり自己嫌悪になったりはしますが、最低限の生活をするにあたり、塩・米・水・木はかかせませんね。だから、神様にお供えするのかなと?欲の多い私ですが、お参りする際には、御参りさせて頂くご縁を頂きありがとうごさいました!しか不思議と頭に浮かびません。たぶん、笊頭なんでしょうかね?
    それと、スマホからでも鑑定やコメントができたらいいですね!(私が、使いきれないのかも???)

  • #2

    ej (金曜日, 02 8月 2013 23:39)

    桂蔵院さん

    今日のブログを観て、一人笑いをしてしまいました・・・・。
    『こんな たわけた奴』今も吹き出しながらコメントを書いています。
    私のことですが、朝晩、必ず神様、ご先祖様へ感謝の言葉を伝えていると、不思議な事に神社へ行ってもお願いをしようと言う気持ちにはなれません・・・・思い付かないと言った方が明快かもです。毎日、小さなことでも積み重ねると考え方や、心の変化に自分自身で氣付くこともある様に思えています。

    追記
    桂蔵院さんからアドバイスして頂いた事も欠かさず実践しています
    ご縁の繋がりと言う事に対しては、いつも氣に掛けいます。

  • #3

    shimohaha (土曜日, 03 8月 2013 07:17)

    おはようございます。まさに、ej さんのおっしゃるとおりです。同感!!
    また、追記に書かれていることも、同感です。ただ、実践が伴っていないことがありますが(笑)
    私も佳蔵院さんと繋がりのご縁を頂き有難く思っております。

  • #4

    keizo-in1 (土曜日, 03 8月 2013 07:25)

    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    自然の中に入っていくと、いろんなことに気付きますよね。
    普段の生活では気付かないことを、たくさん気付かせてくれ
    ます。だからでしょうか・・・ 感謝の気持ちに包まれ、心も体
    も癒されていきます。

    自分を省みるということは良いことですよね。私もshimohaha
    さんを見習って、反省すべきことは素直に反省し、次につなげ
    ていきたいと思います。

    塩・米・水・木等を神棚や祭壇にお供えするのはですね、塩・
    米・水・木をもって自然に見立てているんですよ。また、天地
    の神々から授かったものをお供えするという考えからもきて
    います。

    あっ スマホからでもコメントできると思います。スマホだと、
    パソコン版で表示というところをタップしないといけませんか
    らね(¯―¯٥)



    ej さん コメント、ありがとうございます。

    ej さんを笑わせてしまいましたか・・。恐縮です(・´ェ`・;)ゞ
    しかし、ホントたわけた奴がおるとですよ。困ったもんです。

    ej さんは、さすがですね。shimohahaさんもさすがです。
    お二人とも、感謝が生活の一部となって必要以上の欲に支
    配されることもなく、お仕事に邁進されています。

    また、お二人とも霊的感性が非常に高いということも共通さ
    れています。霊的感性が高いから素直な感謝ができられる
    のか、感謝が生活の一部となっているから霊的感性が高く
    なるのかは分かりませんが、感謝と霊的感性が影響しあっ
    ているということには間違いないようです。

    他にも、これまで経験されたことにも共通点があります。
    神仏という属性の霊体と触れ合う機会があり、お二人が体
    験されたことは、貴重な体験です。

    お二人のお話しをお聞きすると、心が洗われた心境になり
    ます。ご縁に感謝です (人´ω`)

    ej さん 実践されていらっしゃるんですね。ある程度の準備
    期間が過ぎると、次の段階へ進まれることになるかと思い
    ます。急いで決断することはないですが、いろんなことを体験
    されながら、霊的視点等を身に付けていって下さい。(*´∀`*)

  • #5

    keizo-in1 (土曜日, 03 8月 2013 07:54)

    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    ちょっとびっくりしました。私が先ほど、昨夜のコメントにお返し
    しようと思って、コメントを作成し送信しましたら・・・

    shimohahaさんもサイトに IN なされ、コメントを作成され送信
    されていたんですね。

    ほんと、シンクロですね(*´∇`)


    あぁあああああ~ シンクロといえば・・・
    右上にある掲載予定にシンクロニシティがまだ残ってるしぃ
    これは、さすがに・・・ はよ書きんさいということですよね。

    いつまで、掲載予定を載せてるかっちゅう話しでしょう・・。
    うし、今回のブログのテーマが終わりましたら、さっそく書く
    ようにします(*⌒∇⌒*)

  • #6

    shimohaha (日曜日, 04 8月 2013 00:06)

    PC版に切り替えたら、老眼鏡が。・゜゜(ノД`)と思ったら拡大できましたー(笑)シンクロと言えば、この間もたまたまPCのスカイプもでしたね♪(@_@)これも、何かしらのメッセージだったのでしょうか?今、考えるが不思議ですよねぇー

  • #7

    佳蔵院 (日曜日, 04 8月 2013 07:22)

    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    そーいえば、スカイプの時もそうでしたね・・・。
    何なんでしょうね?

    とりあえずシンクロについて、はよ書くようにしますね(¯―¯٥)

  • #8

    tomo (日曜日, 04 8月 2013 13:12)

    こんにちは。私の家にも神棚はあります。(仏壇も)
    私が生まれた時からあったので、みなさんの家にもあるものだと思っていました。毎朝父がご飯、毎月1日と15日には榊(神花かんばなと言ってます)を御供えしています。
    質問ですが、御供えは男性でないといけないのでしょうか?
    その時に父が不在している場合、私が代わりにしてもよいのでしょうか?教えてください。

  • #9

    keizo-in1 (日曜日, 04 8月 2013 18:40)

    tomoさん コメント、ありがとうございます。

    神さんへのお供えやお世話は、男性でなくても女性でも全く問
    題ありませんよ。女性の神主さんだっていらっしゃるわけですし、
    気になさらずお世話下さいね。

  • #10

    tomo (日曜日, 04 8月 2013 23:14)

    ありがとうございました。
    安心しました。

  • #11

    さくら (水曜日, 07 8月 2013 00:02)

    我が家にも神棚があります(*☻-☻*)

    お願いはしたことなく

    ただ 今日はありがとうございました
    と言ってます
    (*☻-☻*)

  • #12

    佳蔵院 (水曜日, 07 8月 2013 08:30)

    さくらさん コメント、ありがとうございます。

    感謝の気持ちをお伝えになることは、宜しいことですね。
    そのようなお気持ちで、神さんに手を合わせて下さい。

    欲があるお願いでしたら、思考や心が曲がってきます。
    気をつけなければ、いけないところですね(¯―¯٥)

  • #13

    心明聖 (木曜日, 08 8月 2013 00:10)

    少し前に瞑想について、コメントさせて頂いた事がある者です。瞑想は、相変わらず上手く出来ません。神様のお話しですが、知り合いがご自分の神様が一番っと私にも紹介しようと激しく訪問する時期がありました。最近は、諦められたみたいですが、それでも、事ある度に家に来ます。知り合いは、良いことをしているっと信じて私の為に足を向けてくれているのですが…

  • #14

    keizo-in1 (木曜日, 08 8月 2013 11:52)

    心明聖さん コメント、ありがとうございます。

    焦らず、瞑想を楽しんでやって下さいね。

    信仰は人の自由ですので、自分が一番と思う神さんを人に押
    し付けるのはいかがなものかと思います。知人の方は、神さん
    を紹介することも信仰の自由と思っていらっしゃるのかもしれま
    せんね(¯―¯٥)

    信仰は人が群れてするものではなく、個人の信条に従って、
    各自で行っていけば良いと思います。


    そんな事を、知人の方に話されてみてはいかがでしょうか。

  • #15

    心明聖 (木曜日, 08 8月 2013 18:58)

    お返事ありがとうございます。

    日本には、その神様を慕ってる方が、多分、大勢いらっしやる事と思います。私が受け入れなかったばかりに大事な友達ともやり取りが途絶えてしまった事もあります。今、仲良くしている友達も、その神様を信仰しているのですが、本人曰く私が心を開くのを待ってる状態で自分から誘うと縁が切れるので我慢してるそうです。
    信仰は、自由です。

    ただ、本当に紹介して下さる方々は、私の為っと、信じて疑わないので、難しいなぁっと、思いますに?その方々は、何かか、良いことがあるらと、その神様とその神様を広めた?方のお陰っと
    口を揃えて言います。いえいえっ私自身頑張ったんですけどっと言っても聞こえないようです。

    なんだか、愚痴ですね。

    すみません。神様っと言っても、感じる方は、色々いらっしゃるなぁっとつい、思ってしまいました。

  • #16

    keizo-in1 (金曜日, 09 8月 2013 10:20)

    心明聖さん コメント、ありがとうございます。

    ご友人との交流が途絶えてしまったとのことですが、もし宗教の
    勧誘を断ったことが原因で途絶えてしまったのであれば・・・

    ちょっと気を悪くされるかもしれませんけど、元々ご友人とはその
    程度のつながりであったと思われたほうが宜しいと思います。

    信仰は勧誘されて行うものではなく・・・ 
    人によって様々ですけど、真理に気付いた時や感謝等の思いが
    強まった時等、神仏へ自然と心が流されていきますので、その
    時になって初めて信仰についてお考えになられたら宜しいかと
    思います。


    仮に私が心明聖さんと友人の仲であったとして、心明聖さんの
    為を思って行動するとしたら、宗教を勧めるということはありえ
    ません。理由は上記に書いている通り、信仰というものは自分
    が主体となって自分の心から芽生えるものだからです。

    他人の勧誘によって信仰が芽生えるのであれば、それはブロ
    グでも書いているように、『欲』(良いことがあるから)が原因で
    あって、信仰とは程遠いものです。良いことが起きなければ、
    信仰の土台となった動機が無くなり、あっけなく信仰は崩れ去
    ってしまいます。


    努力等なく信仰するだけで良いことがあるとすれば、今の日本
    は存在していないことでしょう。


    良いことがあるからという理由で宗教を勧める前に、友人であ
    れば、心明聖さんの仕事や勉強等に対する言動、考え方を注
    意し、又改善を勧めるのではないでしょうか。


    良いことがあるからという、うまい話しにのって『欲』から出発し
    た信仰、宗教がどのような結果を引き起こすかは、今更お話し
    するまでもないですよね(¯―¯٥)


  • #17

    心明聖 (土曜日, 10 8月 2013 01:48)


    その友人は、本当に大事だっただけに合流が途絶えて10年以上経った今でも胸の痼になっていました。

    今まで、誰も言っては、頂けなかった言葉を初めて言ってらいました。

    本当にありがとうございます。



  • #18

    keizo-in1 (土曜日, 10 8月 2013 06:56)

    心明聖さん コメント、ありがとうございます。

    もしかすると、そのご友人も他の人から良い事があるからという
    理由で、宗教に勧誘されたのかもしれませんね。

    10年経った今でも、ご友人がその宗教に属していらっしゃるか
    どうか分かりませんけど、良い事があるからという理由で人を宗
    教に勧誘することが、どのような結果を招くのか理解されたので
    はないでしょうか・・。

    今でしたら、宗教に勧誘されることなく、以前のようにお付合い
    ができるかもしれませんね。(¯―¯٥)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog