神道と宗教法人


いやぁ~ 暑かですねぇ・・・(¯―¯٥) 毎日溶けちゃいそうです。

今回シンクロについて書くように、途中まで準備しておりましたけど、
前回までのブログについて、ご質問等を頂いておりましたので、その
ことについて書いていきます。(前回のブログは、神鏡とお札、三社
神棚をもって祀る方法と神社神道のタブー
です)


前回書きました神鏡についてなんですけど・・・
神鏡を祀るようになったのは、自分の心を神鏡に映して自分を省
(かえり)みたり、見つめ直すためにあるという考えを、どうの
ように思うか?というご質問がありました。


う~ん そういう考えも現代ではあるかと思いますけど、神道の成り
立ちからすれば、自分を省みて、又見つめ直すために神鏡が祀られた
とは考えられません。



自分を省みて、又見つめ直すために神鏡が祀られたという考えはで
すね、鏡が一般の人々に広まってから、そのような考えが出てきた
んだろうと思います。


大昔、鏡(銅鏡:神鏡)が日本に伝わった頃、そんな貴重な物を手に
できた人は限られていました。ほんのごく一部の人だけが、鏡を手に
することができたと思います。


鏡が日本に伝わった頃、前回のブログにも書いていますけど、人は
鏡に映るものを見て、又太陽の光が反射する光線を見て、かなり驚
いたことと思われます。


外国でも、鏡(銅鏡等)は祭器として使われていたようです。祭器

とは祭祀で使う道具のことで、神を祀るときに使われた道具です。



そんな貴重な、又神代(かみしろ:神が宿るもの、又神そのもの)
や偶像崇拝的な意味合いがあった神鏡は、畏れ多いものであって、
とてもとても、自分の姿を映して省みるというような、現代風の
発想はなかったはずです。

 

 


鏡が世間に広まっていくと、例えば化粧道具として用いられるように
なった頃であれば、鏡も身近なものとなり・・・ しょっちゅう鏡に
自分を映すようになるわけですから、自分を省みる、又心を見つめ直
すという発想が出てくるわけです。



神鏡で有名なのが「八咫鏡(やたのかがみ)」です。この神鏡は三種
の神器の一つとして、伊勢神宮で奉置されています。


つまりですね、神道では天照大神(あまてらすおおみかみ)を最高位
として祀ってあるわけですけど・・・ 天照大神は太陽神として崇め
られており、鏡に反射する光(太陽)から、太陽神を象徴する神鏡を
ご神体として、神社に祀るということになっておるとです。



自分を省みるためとか、見つめ直すために神鏡を祀るとじゃなかと
です(¯―¯٥)

神鏡やお札、神棚も時代の流れによって考え方や解釈が変わって
きます。



それとですね、伊勢神宮では天照大神が祀られていますけど・・・
恐らく、初めから太陽神として天照大神が祀られていたとは思って
おりません。


血がつながった親類だけで集落を形成し始めたころ、神性が感じら
れる場所に神さんを祀るようになったんですけど、その神さんはい
つしか先祖神とも思われるようになり、又先祖神として祀るように
なったと思われます。


先祖信仰とも言われますが、神さんを人格化し先祖を崇拝するとい
う風習も各地に広がり、また仏教等の影響(神仏習合)もあり・・
氏神(うじがみ)信仰へと発展したと思います。


氏神信仰というのは、同じ集落に住む人々が神さんを祀る信仰のこ
とで、ヤマト王権の時の氏姓制度によって、その同じ氏を持つ集落
や職種が大きな勢力となりました。

氏姓制度ってね、例えば、同じ血縁関係の人々の住む地名が福岡だ
ったとしたら、「福岡」という氏を付けたりね、ヤマト王権での職
種に関連した氏を付けたとよ。武器の製造や管理をしていた職種だ
ったら、「物部(もののべ)」という氏を付けたとです。



んで、日本史で習った「大化の改新(645年)」のあと、氏(豪族)
が中心だった政治から、天皇中心の政治へと変わっていったわけです。
なんか、日本史の勉強みたいになっちゃいましたね(´-ω-`)



こんな流れがあるとですけど、神鏡は自分を省みるためとか見つめ直
すために祀るとか、そんな意味はなかとです。あるとすれば、現代に
なって、業者や霊能者風の人達の都合の良い解釈をした意味があるぐ
らいでしょうか。



ちょっと話しは変わりますが・・・
佳蔵院は、政治や特定の宗教の話しは避けてきたんですけど。
少しだけ、思っていることを書かせて頂きます。


政治や宗教の話しは、仕事等をする上でタブーとされているようなと
ころがありますよね。人それぞれ信条があって、強制されるものでは
ないし、又政治や宗教の話しで仕事上の関係や取引が台無しになる恐
れもあるからです。


それも当然のことかもしれませんけど・・・ あえて、宗教とはちょ
と違うかもしれませんが、天皇陛下のことを書かせて下さい。



神道での先祖信仰の中心が、皇室のご先祖を祀るという信仰です。
天皇陛下は神道の中心的存在でもあり、憲法では日本の象徴とさ
れています。

つまりですね、歴代の天皇陛下を中心に二千数百年の間、ずっと日
本の発展と平和を願い、神道を守られてきたんです。



天皇陛下、又皇室が何代にもわたって、その血が続いていることを
皆さんよくご存じですけど・・・


世界的にみると、天皇陛下のような血族が何代にもわたって続いて
いる国は、日本を除いて一つもありません。何代にもわたって、神
道のような宗教を守り続けた国はなかとです。

唯一、歴代の天皇陛下のように長い間宗教を守り続け、又日本国の象
徴という立場の天皇陛下と、同じような立場にローマ教皇という地位
(正確には元首という立場もあります)がありますけど、同じ血族で
カトリック教守ってきたというわけではありません。



この神道というものは、世界的にも稀な宗教でして、そのことを日本
人の中には、理解していない人が多いように感じます。



神道って、すごかでしょ?(*´∀`*)



しかもですね、佳蔵院が更にすごいと思うことは・・・
神道には、教典や教義は無かとですよ。仏教のような経典や教義
は無いとです。

無くても・・・ 二千数百年の間、神道は続いているんです。
どうよ?すごかでしょ?ヾ(゚Д゚)ヾ(゚Д゚)ヾ(゚Д゚)ノ゙


それだけね、自然の中に神を見出し、先祖を大切にしてきた歴史が
あるとです。教祖が教えなくても、人々は神や先祖を畏れ敬い、又
感謝してきたとです。



天皇陛下は、今でも神道に従って神様をお祀りになられ、毎日祝詞
等を上げられていると思います。また、神道における行事や儀式を
取り仕切っていらっしゃることと思います。


そんな天皇陛下は、世界で最高位のエンペラーとして、一目置かれ
ていらっしゃいます。一目というより、二目、三目置かれていらっ
しゃいます。エンペラーという称号は、現在天皇陛下だけです。




多くの外国では最高礼をもって、天皇陛下を迎えます。



ローマ教皇でさえ、それまでの慣例を破り、天皇陛下を表敬訪問し
ています。(ローマ教皇が外国を訪問したとしても、ローマ教皇か
らその国の君主等を訪問するということはありませんでした)



そのくらい、すごかとです(*´∀`*) 



天皇陛下も含め宗教を信仰することは、人の自由です。人によって
いろんな信条があることでしょう。ですので、ここ数回のブログで
は、神さんを祀るとはどういうことなのかを書いてきましたが・・

それも、人の自由であって、いろんな解釈のもとで信仰なさることは
問題ありません。佳蔵院のブログをご覧になって、気になされた方も
いらっしゃるとは思いますけど、信仰は自由です。




最後に、佳蔵院は宗教法人とか宗教関係の団体ですか?というご質
問ですが・・・

佳蔵院は、宗教法人でも宗教関係の団体でもありません。個人とし
て、サイトの運営や鑑定等をやっております。



佳蔵院は・・・ 信仰は群れて行うものではないと思っております。
教祖等の教えがあって、それに基づいて信仰するのではなく、個人
の心から自然と生じる気持ち、神さんを畏れ敬い、又感謝する気持
ちから信仰が芽生えると思っております。教えられて、信仰ができ
るものではないと思っております。



ですので、宗教法人とか団体にする動機が理解できません。ただ、
宗教法人であっても団体であっても、中には素晴らしい教義等があ
ることでしょう。また、それによって救われた人も多いと思います。
一方で、犯罪にあった人もいるでしょうけど。



宗教法人の意味は、免税処置を得るためのものとしか思っておりま
せん。宗教を広めるためには、いろんな資金もかかることでしょう。

だから、宗教法人にしようとする人が多いように思えます。



けれど、過去の歴史をみて・・・ 特に神道では教典や教義もなく
ても、現代にまで神道が続いているとです。特別、ずっと布教活動
を行ってきたわけではなかですけど、未だに神道が続いているとで
す。



宗教法人や団体の中で正しい信仰があれば、自然と人が集まってく
るとです。わざわざ布教活動せんでも、人の方から寄ってくるとで
す。

人は「欲」等から生じた神を見出すのではなく・・・ 
自然と心に生じる真理や気付き等から、自由な意思をもって、神を見
出すとです。また自然と心に神が芽生えるとです。神を紹介されて、
信仰が始まるわけじゃないと思っております。



法人にするという意味はですね、例えば収益が1000万ぐらいにな
ったら、法人にするという目安が一つあります。個人で経営する規模
から、法人にすることによって税の透明性や優遇処置等を受けるため
に法人化します。



けれど・・・ なぜか宗教法人を目指す団体の中には、収益が
あまりないにもかかわらず、法人化しようとします。

ちなみに、個人で宗教法人は設立できません。前提として団体でな
ければいけません。



つまり、人がより良く生きていくためにとか、信仰がどうのこうのと
かの問題ではなくて、税等の優遇処置を受けるために宗教法人にする
わけです。

こんな宗教法人が、人の役に立てるわけないっしょ(‘A`)y-~


もちろん、ちゃんとした宗教法人はありますけど・・・
中には、こんな宗教法人もあるとです。

宗教法人を設立するための条件として、約3年間の宗教団体の活動
が必要ですけど、ひどいものになれば、宗教ということを隠して活
動を行っている団体があります。


人を強化育成するという目的(条件)もありますけど、育成の内容
は宗教には関係なさそうな道徳的内容をもって、行っているところ
もあれば、さらに礼拝の施設を設けることも設立の条件となってい
ますが、礼拝とは無関係な内容で人を呼び込み、礼拝施設としてい
ます。


恐らく、呼び込まれた人は知らないうちに団体のメンバーになって
います。


こんな宗教法人や団体に、なんの意味があるとでしょうか?まさし
く、「欲」から始まった宗教に他ならないというわけです。



たまに、佳蔵院と似たサイトの真偽をご質問される方がいらっしゃ
います。佳蔵院は基本的に人やサイト等の真偽についてお答えする
ことはありません。ただ、人やサイト等で・・・ 上にあげた例に
当たりそうな場合は、ヒントだけをお伝えして、個人で判断しても
らうようにしています。



佳蔵院はアホそうに見えるかもしれませんが、こう見えてもですね、
自分で法人の登記をした経験があります。あっ 宗教法人ではあり
ませんよ。株式会社です。だから、法人等の設立に関しては知識が
あるとです。



たまに噂を聞くところでは、巧妙に宗教法人にしたところを知って
います。実態は宗教でなく、ホント人を騙すような巧妙さで且つ宗
教と思われない形で、宗教法人を設立し、金儲けが土台となってお
ります。



こんな宗教法人や団体をみると、怖い怖いと思うわけです(´-ω-`)



次回のブログは・・・
シンクロニシティにおける、運命的な出会いやご縁の意味 です。

 

 

 

過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -


コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    shimohaha (水曜日, 21 8月 2013 00:21)

    宗教法人の話は、息子から少し聞ちょりました。税金の対策なんぞが目的でとは。。ちょっと悲しいですばい。せっかくこの
    日本に生まれ、育ち、生きてることに誇りに思うことが埃になりそうやがぁ~。右翼だの左翼だのいいよる人がおるばってんが、天皇家の代々が守りづづけた神道をどう考えとるんか理解できんとよね。。

    それと各県には神社庁(神社庁の意味もようわからんとやけど)があるそうやけど、神社庁に登録しとらん神社って、なんか意味があるとです?
    法人登録された神社のことなんです?

  • #2

    keizo-in1 (水曜日, 21 8月 2013 13:00)

    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    税金対策のために宗教法人を設立したとしても、優遇処置を受
    ける以上に、社会に貢献できれば良いかなぁと思います。
    ・・・というより、優遇処置以上に貢献せんばいかんやろうって
    思います(¯―¯٥)


    神社庁って、ぱっと見・・・ 国の機関?って思いますけど、宗教
    法人です。全国に神社がありますけど、その総本山的な感じで
    しょうかね。地方の神社が支部みたいな感じです。

    神社庁に登録していない神社もありますね。理由は、神社庁と
    方針や考え方が違うということでしょうか。

    違いは、戦争前の国家神道と憲法上の政教分離から派生した
    神道系の神社があるということです。


    ほとんどの神社が神社庁に統括されていて、宗教法人になって
    いますけど、神社庁に統括されていない神社であっても、恐らく
    宗教法人になっていると思います。

  • #3

    ゆき (水曜日, 21 8月 2013 18:46)

    質問です。めちゃ愚問なんですが。
    21日の参拝は、勿論同じ神社が良いのですね。
    参拝してるのは、次月参りしてる神社です。仕事から帰ってくるのが遅いととても暗く木々が怖く感じます。(朝は、ちょっと…厳しいから)
    家のすぐ近くにも神社がありますが、遅い日はこっちにと、違う神社やと意味が無いですよね。(こちらは街灯もあって明るい)
    旧東海道沿いなんで、家の1キロ内に神社がたくさんあります。行ってる神社は氏神様ではないですが、木々がたくさんあって自然感じられる所なんで参拝してます。

  • #4

    なつき (水曜日, 21 8月 2013 23:45)

    佳蔵院さん、こんにちは。

    >佳蔵院はアホそうに見えるかもしれませんが
    には、笑ってしまいました。全然アホそうには見えません。
    器のでかそうな、穏やかそうな、かわいい人という感じです。

    私は神道すきですねえ。自然に神が宿っているという発想がすきです。生きていないものも生きているという考え。これが根本にあると、感謝の心がわいてきます。
    言われてみてそういえば、神道に教義とかないなあ、と気づきました。すごかとです(まねしちゃった)。
    心がほっこりしました。ありがとうございます。

  • #5

    佳蔵院 (木曜日, 22 8月 2013 07:31)

    ゆきさん コメント、ありがとうございます。

    そうですねぇ。できれば、同じ神社が宜しいですね。
    同じ神さんなんですけど、ゆきさんの心で思うこと(願い)が、ゆ
    きさんだけの心に響く振動として、神さんに通じます。

    その振動と神さんの振動が共鳴するためにも、同じ神社で参拝
    されたほうが宜しいですね。

    それから、ちょ~っと氏神さんの意味を勘違いされているかもし
    れません。けれど、今はゆきさんが思っている氏神さんで間違
    いではないかもしれませんが。

    よく勘違いして、氏神さんや産士神さんという言葉をを使ってい
    らっしゃいる人がいますので、機会があるときにブログで書くよ
    うにしますね(¯―¯٥)



    なつきさん コメント、ありがとうございます。

    あらぁ~ もしかして・・・
    佳蔵院を褒めてくださってるんですかぁ~ (´ I `*)ハナノシタノビテル
    わぁーいわぁーい 褒められちゃったぁ~

    神道が好きという表現をする人は少ないかもしれませんが・・・
    神社が好きというお話しは、よく聞きますね。

    お正月になれば初詣に行く人が多いですし。初詣は日本にお
    いて、もっとも古い神道の行事です。まぁ それを知らずに行か
    れている人が多いと思いますけど。

    知らずに初詣に行かれるということは、それだけ神さんへの信
    仰が篤いということでしょうね。もしかすると、全国の神社に人
    が大勢集まるんで、なんか楽しいと思っていかれているかもし
    れませんけど・・・ でも、大勢の人が神社に集まるということは、
    それだけ神さんや神社が、心の拠り所となっているんでしょうね。


    やっぱ・・・神さんは、すごかですよね(¯―¯٥)

  • #6

    心明聖 (土曜日, 24 8月 2013)

    こんばんわっ神様のお話し、奥が深いですね。私も若い頃から、他県へ遊びに行く機会があった際、行った事のない神社が近くだったら立ち寄る方でしたが、深く考えてなかった事に恥ずかし思いました。

    話しは、変わるのですが…

    とてもデリケートな話しなのでこちらでコメントをしても良いのかっと悩んだのですが…天皇家の話しですね。

    正直、私は、肯定も否定もしない立場?でした。父や祖母は、天皇陛下万歳世代だったので、そうやって、天皇家存在だけで心が強くなる方々を理解しているからです。
    ただ、この夏休み、知覧の特攻隊記念館へ行ったのですが、そこであったコメントに戦争責任の話しがあり、それは、天皇家を指している内容でした。勿論、私は、ブレーンの方が他にいて、全部を天皇陛下の責任っと言うのもおかしいと思っております。でも、そんな考え方もあるのだっと思うと昨今の靖国問題や近隣のアジア諸国、どうやったら、っと、歯がゆくなってしまいます。

    すいません、最近のモヤモヤをつい…

    今回のブログっなんだか、そんなんで、びっくりしました。天皇家の事、そんな風に考えた事がなかったので、気にもしなかった一面でした。

    お話し、ありがとうございました。

  • #7

    佳蔵院 (土曜日, 24 8月 2013 07:17)

    心明聖さん コメント、ありがとうございます。

    政治や宗教の話しは、やっぱタブーですよね(¯―¯٥)
    人それぞれ、主義・主張、又信条がありますので、一概に言え
    るものじゃありませんね。

    宗教に政治がからんだり、政治に宗教がからむと・・・
    これまた、大変なことになっちゃいます。


    純粋に信仰していれば、なぁ~んも問題はなかとです。素直な
    気持ちで神さんに手を合わせれば、それで良かとです。ね!

    ということで・・・ 今から神社へ行ってきます(*´∀`*)

  • #8

    ゆき (土曜日, 24 8月 2013 19:39)

    初詣だけでなく、今遷宮でお伊勢さんと出雲大社が凄いです。そういう私も昨日出雲大社さんに行って来ました。めちゃ人多かったです。
    実は、毎日参拝してる神社では、何かしら感じるものがあるのに、出雲大社ではそういうものがなかったです。人出が多かったからなのか、私に邪心があったからか。

    心明聖さんのコメントの戦争責任のこと、子供が修学旅行で行った時に同じようなことを申しておりました。天皇陛下のことも靖国神社問題も何が正しいとか悪いとかは言えないし。難しいです。

    純粋に神様に手を合わせてることに、神様にお願いするのは、心が弱く逃げているんやと言う輩もおります。人それぞれな感情があるので、怒ることもないですが、悲しくなりました。

    今の私は、佳蔵院さんとブログにコメントされてる方々に共感中なんで、しょうもないコメントもしますが、ゴメンして下さいm(_ _)m

  • #9

    佳蔵院 (日曜日, 25 8月 2013 05:16)

    ゆきさん コメント、ありがとうございます。

    人によって、気が合う神社、合わない神社があります。時と場合
    によっても変わってきますけど。

    ブログで紹介している21日間参拝をする場合、2~3ヶ所の神
    社を回ってもらって、一番気が合いそうなところを選んでもらう
    ようにしています。

    同じ神さんでも、その流れの性質に違いがあるようです。


    8月になれば・・・ 毎年毎年、靖国神社に国会議員が参拝す
    るか、しないかという、しょーもない事が問題になります。
    正直、うんざりします(-’д-)y-~

    信教の自由からすれば・・・ 誰がどこに参拝しようが、関係あ
    りません。マスコミは、他にもっとネタないんかって、いっつも思
    います。国家権力のチェックという大義があるかもしれませんけ
    ど、信教の自由を妨害できるほど、マスコミに自由を侵す権利
    は与えられていません。勘違いせんでほしかです。

    政治と宗教に関する話しを語り始めれば、キリがないので・・・
    この話題は、これでおしまいにしましょう。


    神様にお願いするということは、心が弱く逃げていると・・・
    ほぉ~ そんなオタンコナスがおりましたか。ではでは、そのオタ
    ンコナスは、さぞかし心が強くて逃げることもないということなので
    しょう。

    生まれてこのかた、一度も神様にお願いしたことが無いと言い切
    れる人なんでしょうね。一度も初詣に行ったことが無くて、また神
    社でお願いしたことも無い人なんでしょう。

    神様にお願いもしない人だから、もちろん人にもお願いなんかす
    るわけないですよね。そんな人がいたら、是非お会いしたいもの
    です(*´∀`*)

    ということで・・・ 今日も神社へ行ってきます。鑑定の依頼をされ
    た方の件で、神さんに相談したいことがあってですね、ちょっと意
    見をお伺いしてきます。

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog