シンクロニシティにおける、運命的な出会いやご縁の意味


今日は以前からお話ししていました、シンクロについて書いていきま
すね。ようやく、書けるようになりました。右側に掲載予定記事って
ありますけど、ずぅ~っとそこで予定のまんまでした(- -;)

いつまで、そのまんまにしとくとやっちゅう話しですよねぇ・・・
ではでは、さっそく書いていきます。
(前回のブログは、神道と宗教法人 です)

 


シンクロニシティという言葉を聞かれたことがありますよね。ウィキ
ぺディアでは意味のある偶然の一致、共時性等と説明されています。

ちょっと話しがそれてしまいますけど、先に言っておきます。偶然で
は無い、全て必然だと言う人がいますが、全ての事象が必然というわ
けではありません。

ある事象において原因が存在すれば、同じ結果が必ず起こるという
わけではありません。一つの事象において、それが必然だったとい
う意味で使うのでしたら分かりますけど、全ての事象が必然という
わけではありませんからね。


例えば、ある人が幸せを与える目的で、そのような言動をしたとしま

す。人によっては、幸せを受けたと感じる人がいたり、又は脳天気だ

と思う人がいるかもしれません。


偶然か必然かは、科学的・物理的な事象における必然性の他に、人
の感情のような流動的な結果を起こすこともあります。

全ての事象においては、必然もあれば偶然もあるということですね。


それと、たまにこんな話しも聞くんですけど・・・
久しぶりにAさんが知り合いの異性とばったり出会ったとします。A
さんもその異性にも、お付合いしている異性はいなかったとします。


Aさんはお付合いしたいと思える異性に出会いたいと思っていました。
そこで、久しぶりに知り合いの異性とばったり出会ったわけです。

こんな時人によっては、もしかして・・・ この偶然は運命の出会い?
と思ってしまう人もいたりします。その異性の話しを聞けば、特別用
事は無かったんだけど、何となくこっちに足が向いてさぁ、普段こっ
ちに来ることってあんまし無いんだけど・・・ 偶然だね、等のよう
な話しを異性が話したりもすれば・・・


Aさんは、これって偶然じゃないかも?運命かも?と勝手に思いこん
だりするわけです。



意味のある偶然の一致が、シンクロと言われるものです。シンクロで
大切なことが、「意味のある」という部分です。上記にも書いていま
すけど、全ての事象が必然ではありません。


Aさんと異性との偶然の出会いは、原因として何かしらの目的があっ
たから、出会った場所へ行ったんですね。お互い何かしらの目的があ
ったから、出会ったわけでして・・・ 


例えば、その異性が話した、「何となく」という部分において意味があ
るかどうかなんですたい。

Aさんも、そうです。目的がなければ、人は言動を起こしません。何と
なく、そんな言動をとってしまったとしても、心の奥では何かしらの感
情や目的があるから、何となくと思えるような言動をとるわけですね。



特別意識しなくても、人は言動を表に出すとです。意識しなくても、心
の奥底にある何かしらの感情等を原因として、言動を起こすとです。

んで、その心の奥底にある何かしらの感情等に、「運命の人に出会い
たい」という思いがあって、お互いが出会ったとしたら・・・


「運命の人に出会いたい」という希望に、意味が生じるというわけで
す。よかですか?



「お付合いできる異性と出会いたい」という思いでも良いんですけど、
その思いを原因として、ある場所へ行ったとしたら・・・ 又異
性も同じような思いを原因として、同じ場所へ行ったとしたら・・・


その思いがシンクロでいう「意味のある」原因となり、そして一致(
思いが一致した結果⇒出会い)した時、初めて「意味のある偶然の一
致」ということになるとですよ。


ただここで注意しないといけないことは、あくまでも、出会った部分
においては、まだ偶然の一致に過ぎないということです。偶然の領域
を超えていないとです。


単に、原因が同じ思いであってですね、原因が偶然にも一致した結
果、出会ったということです。



そこで、これが必然であるかどうかという判断は、その2人がとる言
動に左右されるとです。2人が出会った時点を起点として、お付合い
するまでの言動を行い、お互いがそれを了承した時、つまり・・・

お互いが出会ったことを原因として、お付合いを始めた時になって初
めて、2人の出会いは必然だったという判断が「可能」ということで
す。



お付合いが始まるまでは、出会いは「意味のある」偶然に過ぎませ
ん。出会った時点においては、シンクロでいう一致が生じています
けど、必然ではないということです。



必然にするかどうかは、「人の思い」が最終的に決定するということ
です。



運命的な出会いという表現でも同じことが言えます。出会った時点に
おいては、運命的に思えるほど・・・ 確率が低い出会いであっ
たとしても、同じことが言えます。


例えば、数万人いるコンサート会場で、お付合いできる人と出会いた
いという目的があって、足を運んでいたとして・・・ そこで、同じ
思いの人と巡り会えたとしても、出会った時点では、まだ偶然の領域
を超えていません。



その後の2人の言動によって、運命的な出会いにするのか、単なる
偶然にするのかは、2人の自由ということです。



もう一つおまけに言っておきますけど・・・
決まっている運命というものより、変わってしまう運命や変えることが
できる運命のほうが、すっごく多いとです。というより、ほとんどが変
わってしまったり、変えることができるというものが、運命です。



なぜなら・・・ 決まっている運命を過ごす人生には、生まれて
きた意味は無いに等しいからです。


仮に、佳蔵院がこの世の創造主だったとしたら・・・ 
この世で決まった人生を送らせるより、この世で生きる人に自由な感
情と意思、又自由な裁量権を与えたほうが、よっぽど学ぶことが多い
と思うからです。


本当に佳蔵院が創造主なら・・・ フフフ・・・ この世を焼酎とアイス
でいっぱいにしてみせますけどね(¯―¯٥)



また、運命という言葉は結果論であって、過去を振り返って表現する
感情と相対的な言葉です。まぁ 過去を振り返っての感想と言えます
ね。



「ご縁」という言葉も同じです。仮に、ご縁があったとしても・・・
つまり、偶然の一致があったとしても、それをご縁と判断できるまで、
当事者の感情を前向きに育てられるかということであって、当事者同
士の問題に過ぎません。


当事者で感情を育てた結果、それが「ご縁」となるわけです。初めか
ら、2人が結ばれることを約束しているわけではありません。




運命的な出会い、ご縁と呼ばれる出会いがあったとしても、それが

一生続くわけではありません。運命的な出会いやご縁があったとし
ても、人は簡単に別れてしまいます。


運命的な出会いやご縁は、当事者がお互いの感情等を育てていくか
らこそ、出会いが運命的なものと、又ご縁があったと、死ぬときに
なって、ようやく判断できることなんです。



出会った時点で・・・
わぁ~ これは、きっと運命的な出会いなんだぁ~(゚▽^) って思って
安心していたら、いけんとです。

運命的と思える出会いだったからこそ、又ご縁があったからこそ、例
え、2人の目の前に大きな難題があったとしても、それを乗り越えて
いかんといけんとです。残念ながら、運命的な出会いやご縁があった
としても、2人が幸せになることを約束しているわけじゃないと。



2人が結ばれてから、しばらくすれば、必ず2人にとっての難題が用
意されています。この難題を一緒に乗り越えていくことに、2人が出
会った意味があると、思ったほうが良いです。

また、難題と同じぐらいの幸せも必ず用意されています。



出会った時に、この人とだったら一緒に苦労できると思う人を選びん
しゃい。この人なら、私を幸せにしてくれるとか、自分の希望を叶え
てくれるとか、そがんたわけたことで相手を選びよったら、えらいめ
にあうけんね。よかですかぁ(-’д-)y-~



欲から出発した出会いやお付合いは、ろくなことはなかです。簡単に
言えば、運命的な出会いやご縁があって出会い、お付合いが始まった
としても、簡単に2人が別れるとしたら、その出会いは初めから、欲
によって出発した出会いやお付合いと言っても、良いとです。

まぁ 別れを切り出した本人が、良く分かっているということですね。



今、このブログを読んで・・・ ハッとしたあなた!
よかですか!もし、欲から出発した出会いだったとしても、既にご縁
は生じているわけですから、今からちゃんと覚悟して2人の感情を育
てていくようにせんばいかんよ。ね!(¯―¯٥)



人生がいつも幸せだったとしたら、恐らくその人生は結果として、不
幸せになると思います。難題や不幸せな出来事があるからこそ、幸せ
を認識できるとです。


幸せに包まれただけの人生であれば、恐らく幸せというものが分から
ず、さらに幸せを追い求めることでしょう。死ぬまで、幸せを探し続
けることでしょう。そんな人生が、幸せであるわけがないとです。


幸せに包まれた人生がスタートだったとしても、その人は本来の幸
せがどういうものなのか分からず、探し求めるという時点で、不幸
せな人生が始まるとです。



幸せは、自己の感情又は周囲との比較から生じます。周囲との比較
から生じる幸せに喜びを感じているようじゃ、まだまだですたい。

そんな幸せは、いとも簡単に崩れ去ります。


しかし、内なる自己の感情の比較から生じた幸せは、簡単には崩れま
せん。つまり、過去の感情と比較して成長した「心」に幸せを感じた
ならば、その幸せは人生の目的の一つを成し遂げたという意味でもあ
って、その成長した「心」を維持できれば・・・


まぁ~るい心のなかに、幸せが陣を張るということになります。陣を
張るということは、難題等に対抗できる防御的心の強さでもあり、攻
撃的(前向きな)心の強さです。

幸せは、時として難題から私達を守ってくれ、又その難題が新たな幸
せの種にもなり、幸せ自体が新たな幸せの種にもなります。


つまり、幸せで心の一部を占領していれば、不幸せが入る余地は残さ
れた心の部分にしか、陣を張れないとです。まぁ~るい「心」の中を
少しずつ幸せの陣で埋め尽くしていけば、不幸せの陣を張る余地が無
いとです。



幸せの陣を張るという行為・・・ つまり、難題があったとしても、
お互いが協力し合い、そして成し遂げた結果、心に一つの陣を張れる
ということです。その陣は、最初はまだまだ不安定かもしれません。


だけど、たびたびの難題を乗り越えていくことで、その陣がやがて砦
(とりで)となり、ゆくゆくは城となり、城下町をも形成するとです。





お互いの心に幸せの陣を張るという過程を経験するために、出会い
があり、幸せの陣を張るという行為が「出会いの意味」なんです。


運命的な出会いやご縁があったからといって、幸せが約束されたわ

けではなく、出会いから幸せを得る種を得たということですたい。


そして、その種を2人で大切に育てていくことが、夫婦であり家族で
あり、幸せも不幸も一緒に体験し、2人だけの城下町をつくっていく
ことに、「出会い」の意味があるとです。


2人の出会いは、例え難題があったとしても、それを乗り越えていけ
る可能性があるから、又一緒に経験することが魂の成長において、最
も適した2人だから、2人の「出会い」が用意されていると考えられ
ます。用意されているとしても、それを選択するかどうかは、2人の
気持ちしだいということです。




運命的な出会いやご縁というものは、心に幸せの陣を張るという作
業ができる人達に、ふさわしい言葉というわけです(*´∀`*)




あちゃ~(ノω<;) もっと別の事を書くつもりだったのに・・・
しかし、「出会い」も一つのシンクロと言えば、シンクロなんで。
まっ いいか・・・。

ということで、次回もシンクロについて書きますね。


次回のブログは、シンクロニシティと振動(波)。霊視や霊耳との関

です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    KN (月曜日, 26 8月 2013 12:43)

    こんにちは、佳蔵院さん
    なんか・・・感動しました!
    こころがジ~ンとしてしまいました。幸せってどういう風な事をいうのか、どんな状態をいうのか、ずっと考えてきました。そして最近車の運転中にハッと気づいたのです!感謝の心でいることだ!と、神様と瞑想の中でも佳蔵院さんが何度も書いていらっしゃいましたね
    いつも何にでも感謝するってむずかしいって思っていました。今回のブログを読んで、なんか少しわかりかけたような気がします。上手く言えませんが・・・とにかく心に響きました!!

  • #2

    shimohaha (月曜日, 26 8月 2013 23:27)

    やっと、シンクロにたどりつきましたね。ご苦労様ですた!

    出会いですねぇ~  男女関係なしに、いろんな人との出会いは一生のうちに何人いるのでしょうかね。嬉しいこと、悲しいこと、楽しいこと、悔しいことを分かち合えるような。。
    先が見え隠れするような年齢になり、過去の後ろを振り返ったらホント!幸せとか不幸せとか考えるような時期はあるようで、なかったような気もするとです。いや、きがつかんやったとでしょうね。。
    曲がりくねり、山や谷をあるくような人生を歩いてきたなと。
    最近、ネガティブではないとばってん、うち何のために生きてきたんやろ??どこまで、だれのために歩きつづけるとやろ?なんぞ考えたり。それでも、毎日雨の日もお日様がのぼり、日がしずみ一日が無事に終わり、時間だけが過ぎていくと思うと、なんか一日なにをやって生きているんだろうって焦りも感じたり。
    正気なんかいな??焼酎で頭を消毒せないかん!(笑)

    シンクロといえば、高校生のころ、初めて一人で豊田市の叔父の家へ行き当たりばったりで遊びに行く新幹線の中でであった、おばあさん。名古屋まで同席しながら、いつ、どの時間の新幹線に乗るとも話していないのに、帰りの新幹線でまた遭遇!!新幹線を降りても同じ在来線でもまた遭遇して、お互いにビックリでした。旅の思い出にと、お釈迦様を描いた菩提樹の葉を頂きましたが。。今思えば、偶然かもしれませんが、旅を見守っていただいたような気がするとです。一生の思い出として残しておきたいことです。 感謝をこめて。。

  • #3

    心明聖 (月曜日, 26 8月 2013 23:54)

    こんばんわ。前回のブログのお話しになって、しまうのですが、常日頃、お誘いを受けて困っていた、神様団体に知人が入信して、プチショックを受けたところなんです(涙)知人は、子沢山なのですが一人一人に真面目に向き合ってました。それでも、子供さんは、思うようには、ならずご苦労をされてたんですよね。そう、思うと誰かに頼りたくなる気持ちも理解できますし、当然、私が、知人に何か言うなどお門違いも甚だしく…って、感じなんです。私は、人の思想?に意見するのは、好きでは、ありませんし、個人の考え方は、尊重したいです。ただ、前回のブログだけは、機会があればですが、知人にも目を通してもらいたいと、思っております。

    コメントがずれてしまい失礼致しました。

  • #4

    keizo-in1 (火曜日, 27 8月 2013 12:11)

    KNさん コメント、ありがとうございます。

    幸せって何だろ?と考えると難しいかもしれません。参考にちょっ
    と思ったことを書きますと。例えば、漠然と幸せになりたいと願い、
    それが叶ったとしたら・・・

    もしかすると、不幸せが訪れるかもしれません。

    不幸せが訪れることで今まで当然と思っていたことが、どんなに
    幸せなことだったのか、実感できることと思います。毎日当たり前
    のようにご飯を食べていることが、どんなに幸せなことなのか。
    又お布団の中で眠ることが、どんなに幸せなことなのか・・。

    不幸せの中で、食べることや眠ることに幸せを実感することにな
    るでしょう。

    もしも、日頃からご飯を食べられることや眠ることに感謝の気持ち
    を持っていたら・・・ 普段実感できる幸せ以外の新しい幸せ、経
    験したことがない幸せが訪れることと思います(*´∀`*)


    shimohahaさん コメント、ありがとうございます。

    喜怒哀楽を分かち合えるような人との出会いは、果たしてどれく
    らいあるのでしょうね。職場の同僚以外のプライベートとなると、
    数人の友人になってしまうかもしれません。

    年を重ねるにしたがって仕事等が忙しくなり、相手の忙しさを思い
    やって、そんな友人と会うことも話すことも少なくなり・・・ 友人か
    ら突然の電話があったりすると、何か不幸でもあったのではない
    かと思うぐらい・・・ 驚いてしまいます。今では、友人の中で連絡
    がないことが、元気な証拠と思えるようになりました。

    全く見ず知らずの人と、一日に何回も会ってしまうことは・・・
    恐らくそこに何かしらの意味があったんだろうと思います。

    そのような経験は佳蔵院もありますが・・・ そんな時その方と色
    々と話すようにしています。すると、お互いの問題について参考
    になる答えをお互いが持っていることに気付きます。

    不思議ですけど、その答えが的を得てるんですよね。だから、
    佳蔵院はある程度の挨拶が終わったあと、不躾ながら自分の問
    題について相手に投げかけてみるようにしています。又相手の
    問題を聞いてみるようにしています(¯―¯٥)


    心明聖さん コメント、ありがとうございます。

    人の思想や信条等はその人の自由ですから、特に問題にするこ
    とは無いと思いますよ。

    その宗教団体がどのような団体か分かりませんけど、中にはしっ
    かりとした教義のもと、それで救われている人もいらっしゃるかと
    思います。

    ただ、幸せになる壺やご神体等を高額な値段で売りつけられてい
    るようでしたら別ですけどね。もし、知人の方と話す機会がありまし
    たら、そんな時は注意しなさいよと言ってあげるぐらいで良いので
    はないでしょうか。

    欲から出発した宗教でしたら、落ち着いて団体の動向を眺めてい
    ると、誰でもおかしいことに気付くはずです(¯―¯٥)

  • #5

    奈良 まっちゃん」 (水曜日, 28 8月 2013 17:52)

    こんにちは、いつもお世話になります。
    先日は、瞑想マスター長い時間ありがとう
    ございました。

    まだ3日しか過ぎてませんが途中報告させて
    頂きます。

    朝夕2回くらい瞑想しております
    タバコの箱をイメージして吐き気
    するイメージとか、タバコを辞めて
    日々快適に生活しているイメージ
    等もしています。

    結果を言いますと半分以下まで本数は
    来ています。
    もう少し頑張れば完全禁煙まで行けるきが
    します。

    タバコは吸いたくなる気持ちの波がありますね
    最近気が付きました。
    小さな波から大きい波それに周波数です。

    瞑想のお陰で波には勝ててます。
    ただ周波数にまだ負けてしまう様です

    でも瞑想のお陰で自然にかなりの本数は
    減って来ています

    瞑想の方も無理に思考を排除せずに
    自然に出来る様になって来ました
    丹田呼吸も深く長く呼吸出来る様に思います

    まだまだ初心で分からない事が多いですが
    これからもご指導宜しくお願い致します。

  • #6

    佳蔵院 (水曜日, 28 8月 2013 23:24)

    奈良のまっちゃんさん コメント、ありがとうございます。

    禁煙の下準備は、順調のようですね。

    さてさて、3日間経てば下準備もそろそろ完了できる頃かと思
    いますので・・・

    禁煙の決断と宣言を行いましょうか(¯―¯٥)

    まっちゃんさんのタイミングで、禁煙の決断と宣言を行って下さ
    い。宣言はどのような形でも宜しいです。

    瞑想を通じて、「やめてみせる!」「絶対にやめてみせる!」等
    と自分を鼓舞するようなことを言い聞かせながら、禁煙の決断
    をしましょう。

    また、瞑想では浮かんでくる思考を追究していって下さいね。
    その積み重ねが脳の活動領域を広げ、答えや真理を導きます。
    あとは、それを実践して検証するだけです。

    9/1 禁煙のご報告をお待ちしています(*´∀`*)

  • #7

    奈良のまっちゃん (木曜日, 29 8月 2013 22:20)

    こんばんは 何時もありがとうございます。
    瞑想の事なんですが、丹田呼吸はだいぶ慣れてきて楽に出来るようになりました。

    丹田呼吸の後身体が光に包まれるイメージを
    していますが、思考が過去の嫌な出来事とか
    を思い出します。

    そんなときは、その考えに付き合っても
    良いのですか?

    それと何かイメージが浮かんだと思った
    瞬間居眠りして直ぐに起きますが、こんな
    繰り返しで瞑想になっていますか?


    それと瞑想が上達してるか?してないかわ
    何か目安はありますか?


    質問ばかりで申し訳ありませんが
    宜しくお願いいたします。

  • #8

    ゆき (木曜日, 29 8月 2013 22:50)

    こんばんは
    ブログ、コメント何度も読み返しました。なんかぐっときてます。

    奈良のまっちゃんさんと同じような質問プラスです。
    腹式呼吸に気をつけるとそれだけにとらわれ、瞑想迄行き着かないです。初めはリラックスだけでも、手のしびれ、おでこのジリジリが感じれてたのです。
    腹式呼吸が難しく思えます。

    神社参拝続けてます。でも、邪心が消えることなく、忘れようと思えば思う程、そのことばかり考えてしまいます。
    私も手を合わせた時に手のジリジリがありました。あ、佳蔵院さんのブログに書いてあったようなと思い、その日は長居してました。

  • #9

    keizo-in1 (金曜日, 30 8月 2013 20:44)

    奈良のまっちゃんさん コメント、ありがとうございます。

    過去の嫌な出来事が頻繁に浮かんでくるようでしたら、原因を
    追及し、又納得し・・・ 解消するようにして下さいね。
    例えば、過去の悪い出来事は何故起こったのか?・・・ それ
    が自分のせいであればもちろんのこと、他人のせいであっても、
    悪い出来事を回避する手立てはなかったのか?等、思考を煮
    詰めて下さい。(詳しくは、メルマガに出てきます)

    思考を煮詰め、深い意識の中で納得したら、次第にその過去の
    悪い出来事は浮かんでこなくなります。例え浮かんできたとして
    も、悪い思いに引きずられません。

    瞑想中に居眠りしていても、イメージ等に気付いて起きれたら、
    それで大丈夫です。瞑想の意識がちゃんとあるわけですから、
    気にしないで続けて下さい。

    瞑想が上達している目安は・・・
    初段階としては、脳をコントロールすること、焦点をずらした見方
    で物や壁の模様が変化すること、頭や体の一部を熱くさせたり、
    じ~んとさせることができること、自分で写真のようなイメージを
    瞼の裏に作り出すことができること・・・ だいたいこんな感じでし
    ょうか。(あとあとのメルマガで色々と出てきます)

    少しずつ、焦らず楽しみながら瞑想を行って下さいね(¯―¯٥)



    ゆきさん コメント、ありがとうございます。

    えっと・・・ 腹式呼吸が気になって、うまく瞑想ができないという
    ようなコメントが過去にありました。たしか、今年の7月ぐらいだっ
    たと思います。読んでみて下さいね。

    初めの頃は、腹式呼吸と同時に瞑想には入れないと思います。
    慣れてくると、徐々に基本的な瞑想状態に入れるようになりま
    す。腹式呼吸を行ってから、しばらくぼぉ~っとする時間をとるよ
    うにして下さいね。


    神社参拝をなさっているんですね。邪心と思えるものが何故浮か
    んでくるのでしょうか?原因があるはずです。その原因に納得さ
    れていないから、邪心と判断されているのでしょう。

    例え、原因が道徳的に悪であっても、神仏には関係ありません。
    なぜなら、その道徳は人や社会が作ったものであって、神仏が
    作ったわけではないからです。

    邪心とは、自分がこうあるべきだという思いと、それに反した思
    いが浮かんでくるから、邪心と思われているんじゃないですか?
    神仏の前で、こんな思いがあったらいけない・・・ 等と自分で決
    めつけていらっしゃるのではないでしょうか。

    人には基本的な悪い感情が必ずあります。そんな基本的な感情
    を打ち消すには無理があります。打ち消すというより、例えば、幸
    せな感情や満足した感情を持てるようでしたら、悪い感情を忘れ
    ることができます。つまり、神仏等に対して感謝の気持ちがありま
    したら、悪い感情を横にどけておくことができるということです。

    神仏の前では、正直で素直な心で接して下さい。心の中に悪の
    ような感情があっても構いません。悪を隠そうとすることが邪心
    につながります。包み隠さず素直な心で接することが、真心(ま
    ごころ)というものです。

    完璧な人はいません。悪のような感情を持ち合わせているのが
    人でして・・・ それが無くなれば、この世での精神的成長はおし
    まいでしょうかね。

    悪の感情とうまく付き合っていくことが、大切かもしれません。
    たまに出現する悪の感情をうまくコントロールして、それを気付き
    に変えていくことが、瞑想を学ぶ理由の一つとお考えになっても
    宜しいです(¯―¯٥)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog