瞑想やお経、音楽が右脳へ与える影響

 

さすがに朝は冷えてきましたねぇ~ 風邪をひかんようにせんといか
んですよ(¯―¯ ٥) さてさて、今回も瞑想について書いていきますね。
(前回のブログは、神様や霊体の声は、どんな感じ? です)



瞑想から得るものは、特別な能力ではなくて、脳の使い方がポイント
です。

 

 

前回のブログのコメントにちょっと書いていましたが、瞑想をやって
いなくても、瞑想の脳になっている人がいます。

瞑想を特にやっていなくても、瞑想の初級~中級レベル(目を閉じた
まぶたの裏に映像等を意図して映し出せる等)に近い人がいます。


 

先日、メルマガを購読されている方のご質問等をラインでお受けして
いたんですけど、その方も瞑想を始める前から瞑想の脳になっていら
っしゃったようです。

 

 

 

どういうことかと言えば・・・
幼い頃からの習慣等で、右脳が非常に発達している人がいます。瞑
想によって脳や体をリラックスさせ、右脳を使える状態にしなくて
も、右脳が左脳に負けず、機能している人がいます。


普段の脳はですね、たぶんですね、だぶんですけど・・・ 左右の脳
が互いに制御し合っていると思うとです。例えば、左脳だけとか、右
脳だけしか脳が機能しないということがないよう、又はどちらか一方
の脳が暴走しないよう、互いに制御し合っているように思えるとです。



左右の脳が制御し合っているけど、現代の生活ではどうしても左脳
優先の生活になってしまい、右脳はほんの少ししか使ってないよう
です。


そんな現代の生活でもですね、幼い頃から・・・ 例えば、ピアノ
等の楽器をやっていたり、歌を唄っていたり、又お経等を唱和して
いたりすると、右脳がある程度発達します。


 

特に、幼い頃からお経等を唱和していると、右脳に影響があるようで
す。瞑想をやっていなくても、心や体をリラックスさせると、自然に
右脳が使える状態になっています。



 

ほんで、もうかれこれ10年以上前の話しになりますけど、実はお寺
の方にある実験をしたことがあります。まぁ、実験というほどのこと
じゃないですけど、ちょっと面白い事をやってみました(¯―¯٥)

 


みなさん、補色残像って知っていますか?
補色残像っていうのはですね、ある色をずっと見つめて、その残像を
白いスペース部分なんかに映し出したとき、違う色が映し出されるこ
とを言います。


例えば、赤色をずっと見つめたあと、その残像を白いスペースに写し
出したとき、その残像が青色になって見えます。青色ををずっと見つ
めたあと、同じように映し出したら、その残像が黄色に見えます。



 

ちょっとやってみましょうか。下に赤色と青色の円があります。赤色
の円を30秒ほど見つめて、すぐその下の白いスペースを眺めてみて
下さい。

↑↑↑赤色の円を30秒ほど見つめて、空いた白いスペースを眺める
と、その残像が青色として映し出されてくるでしょ。

 

 

次に青色の円を見つめて、同じようにやってみて下さい。黄色っ
ぽく見えるでしょう。

ね、それぞれ違った色に見えるでしょう (*´∀`*)

赤色の円が青色に、青色の円が黄色に見えますよね。これを、補色
残像と言います。



そこでぇ~ そこでぇ~ 
この補色残像をお寺の方に試してもらいました。30秒ほど見つめ
てもらって、映し出された色が何色に見えるかぁあああああ???

 

エヘヘヘ・・・ みなさん、お寺の方は何色に見えたと思いますか?

 

 

 

実はですねぇ、お寺の方は補色残像が見えなかったとです。赤色の
円がそのまま赤色に見えたとです。また、青色の円がそのまま青色
に見えたとです ( *´艸`)クスクス

初め、お寺の息子さんに試してもらいました。30秒ほどしっかり見
つめてもらっても、補色残像は見えてきませんでした。次、奥さんに
試してもらいました。やっぱり、見えません。ほんで、住職にもやっ
てもらったんですが、やぁ~っぱり見えません。

 



あんたたち、どっかおかしいっちゃないとぉ?って言いながら、から
かっていたんですが・・・

実は佳蔵院も補色残像が見えません(-’д-)y-~


違うお寺で、違う宗派のお寺にお見えになる数人の方にも試してもら
ったんですけど・・・ 5割の方がやっぱり見えませんでした。



んで、この方々に共通することは、瞑想を特にやっていなくても、心
や体をリラックスさせて、腹式呼吸をやってもらうと・・・

目を閉じた瞼の裏に、写真のような映像が浮かんできます。いつもい
つもではなくても、案外簡単に見えてきます。



なんか、不思議ですよねぇ~ たぶん、このブログをご覧になってい
る方の中にも、補色残像が見えなかったり、リラックスして腹式呼吸
をやると、閉じた瞼の裏に映像が浮かんでくるという人がいると思い
ます。



そこで補色残像について調べてみると・・・
しばらく赤色を見つめていると、その赤色の情報を伝達する脳内の神
経物質が大量に伝達されていくらしいです。


そして、その後すぐに白い画面等を見た場合、白色を認識した脳内で
は白色の情報を伝えるために、赤・青・緑(この3色を重ねると、白
色になります)に対応する細胞が、それぞれの情報(赤・青・緑の神
経物質)を視覚機能へ伝達します。


けれど、最初に30秒ほど赤色を見ていたので、その赤色の情報を伝
える神経物質が既に沢山使われています。次に白色の画面等を見た時
は赤色の情報を伝える神経物質がほとんど無くなっており、残りの青
と緑の神経物質だけが伝達されるということらしいです。


だから、白色の画面を見た時、その白色の画面に映し出された残像
が青色(青っぽい、青緑)に見えてくるとのことです。



ということは・・・ 補色残像が見えない人というのは・・・
赤色をしばらく見つめていても、その色を伝える神経物質に余力が
あるということになりますよね。しばらく赤色を見つめて白い画面
を眺めても、赤色を伝える神経物質が残っている、もしくは赤色を
伝える細胞が機能しているということになります。

 

 

たぶん、そんなとこかなぁ?


だから、今補色残像が見える人でも、補色残像をいつもいつも映し
出していれば、やがて補色残像が見えてこなくなり、そのままの色
が映し出されるようになってくるはずです。

 

興味がある方は、毎日やってみて下さいね(*´∀`)
きっと、そのままの色が映し出されるようになってくると思います。

 

ほんで、何故お寺の方は補色残像が見えないのかと言うと・・・
お寺の方っていうのは毎日毎日お経を読み上げています。1日に数
回、調子をつけてお経を読み上げています。

推測になりますが、毎日毎日調子をつけてお経を読み上げているこ
とが、影響しているのではと思っております。



メルマガに関してご質問なさった方に、もしかしたら・・・ 
幼い頃お経を上げていたり、ピアノ等を習っていたりしていませんで
したか?とお尋ねしたところ、家の方が信仰に篤(あつ)い方でいら
っしゃったようで、幼い頃から見よう見まねでお経等を一緒になって
上げていらっしゃったとのことです。

また、ピアノ等も習っていらっしゃいました。


ですので、確か瞑想をする前から・・・ 写真のような映像が見え
ていらっしゃったようです。もしくは、瞑想をやり始めてすぐに、
見えるようになられたようです。


それと、白い画面に赤色や青色を映し出そうとされた時は、補色残
像が見えられるとのことですが、瞑想中は目を閉じた瞼の裏に思っ
た通りの色を映し出せるとのことです。


みなさんは、いかがでしょうか?

 

前回のブログにコメントしてくださった方も、もしかしたら・・・
幼い頃音楽関係をなさっていたり、お経等を読まれていたかもしれ
ません。


幼い頃の習慣から、いつの間にか瞑想の脳になっていらっしゃった
のでしょう。

 

 



ピアノ等、音楽が右脳に影響を与えているということはよく言われて
いますが、実はお経もそれ以上に右脳へ影響を与えています。



瞑想をなさっている方に試してもらったら分かりますけど、ある程度
の瞑想状態でお経を読み上げると(棒読みで構いません)、右脳(右
側頭部)がじ~んとしてきます。又は、額がじ~んとしてくるのがよ
く分かります。



意味が分かりにくい般若心経なんかを読めば、分かりやすいかもし
れません。ある程度、瞑想の脳になっていれば、祝詞等を読んでも、
じ~んとしてきます。声に出して、3~5回お経等を読み上げると、
脳がじ~んとしてきます。(瞑想が上手くなると、心の中で読みあ
げても、じ~んとします)



ちょっと試してみて下さい。面白いですよぉ~ (¯―¯٥)



お経の意味には関係がなく、お経の言葉そのものが響く音・・・
つまり、意味が分からないお経だから、言語として左脳で処理される
のではなく、お経が言語以外の音として右脳で処理されているから、
右脳がじ~んとしてくると思っています。

音楽等も同じです。心地良い音楽を聴いていると、右脳がじ~んとし
てきます。音楽の音は、言語として左脳では処理されにくく、右脳で
処理されやすいから、右脳がじ~んとしてくるんだろうと思います。

 

たぶんお寺の方は、普段からお経を読み上げていらっしゃいますの
で、色彩を取り扱う右脳が普段から機能しており、補色残像ではな
く、色彩そのものの情報を視覚機能へ伝える力というか、ルートが
しっかり出来上がっているのだろうと思います。

 



右脳を使うと、記憶力や直観力等に優れるとも言いますが・・・
だからなのか、お寺や神社の方には優秀な方が多いように思えま
す。メルマガに関してご質問なさった方も非常に優秀な方で、大
変難しいお仕事をなさっています。



ここんとこずっと、振動に関することを書いていたりしますけど・・
音(振動)というものは、瞑想においても霊的世界においても、非常
に大切なものになります。

メルマガでも、後半は振動に関することを書いていますが、振動とい
うものが、すごぉ~くいろんなことに係わっておるとです。



現代では、電波や信号等を利用してコミュニケーションが世界へ広が
りました。その電波や信号等は別の表現をすれば、振動と言えます。
同じような振動が霊的世界にも流れています。


物質世界と霊的世界が表裏関係であるように、現代の電波や信号等
にもその表裏関係にある振動が霊的世界に流れています。

その霊的世界の振動がこの世を包んでいて、その振動を利用したコ
ミュニケーションが瞑想の脳を通じて広まっています。

 

瞑想の脳をアンテナとして、みんなが霊的世界の振動を利用し、送
受信ができるようになってくるでしょう (*´∇`)♪♪

 

 
次回のブログは、瞑想について、もう一度・・・ です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

コメントをお書きください

コメント: 9
  • #1

    shimohaha (土曜日, 16 11月 2013 23:05)

    こんばんは。補色残像の色って、不思議ですねぇー!
    じっと見つめていると、赤が赤ではなく白が被ったような後に太陽のように赤の周りが光って見えましたが。。青もそうです。
    乱視と老眼のせいでしょうかね??

    残像色は、なんとなく色はついているものの白っぽくもあり、形も崩れたようにも見えました。(見足らんのかも)

    左利きの方の方が、右脳が発達しやすいのではと思ったりしますが、どうなんでしょう。

    祝詞を繰り返し、繰り返し唱えてると、ず~んとすることは時にあります。(言われたとおり、何回も一日に唱えちょります!(^▽^))

    般若心経と唱えるときに、自分の声で?とお聞きしたましたが、未だに理解できでんいとです。
    確かに録音した声と自分のしゃべる声とは、全く違うことまでは理解できるとですが、その先が摑めんとですとです。
    むずかしかぁ!!!

    ※この場をお借りします。
    ゆきさ~~ん!
    次のコメントお願いします。
    ゆきさんのコメントを待ってますねぇ♪

    shimohahaより

  • #2

    ゆき (日曜日, 17 11月 2013 00:42)

    こんばんは。私は補色残像見えなかったです。ピアノを幼少期から習って、今も弾いてます。瞑想も無理に腹式呼吸してしまうと疲れて寝てしまう。今まで静かに過ごして瞑想してたから、今回のブログでああって思いました。
    祝詞も毎日何回も唱えてます。ひふみ祝詞は唄ってます。ジーンと来る時あります。般若心経も唱えたら何となく哀しくなったり。

    金曜日にお伊勢さん行ってきました。たくさんの人でした。
    新しい木の香りがとても清々しく思いました。
    また、近いうちに行こうと思ってます。
    佳蔵院さんも是非是非今年中においで下さい。新旧揃っている間に。

    shimohahaさん………ありがとう*\(^o^)/*

  • #3

    shimohaha (日曜日, 17 11月 2013 08:26)

    佳蔵院さん、ゆきさん、おはようございます。

    ゆきさん、こちらこそ ありがとぉ~!
    ゆきさん、見えなかったんですね!凄い!
    やっぱ老眼と乱視のせいにしときましょ。
    でも何回やっても、不思議です。
    それをブログに紹介された佳蔵院さんも凄いですばい!

    ゆきさんも、伊勢へ行かれたんですね。
    私も今月始めに行ってきましたが、すんごい人出でで。。
    お正月かと思いましたよ(笑)

    神々しい場所ってあのような場所なんでしょうね。
    秋の色に染まりつつある、内宮の五十鈴川のほとりで手を清めた場所がすごく印象に残ってます。身も心も清めらてたようで。

    土日、祭日を避けて行った方が、ゆっったり参拝できるらしいですよ。

    佳蔵院さんも行きとうなったでしょ?






  • #4

    佳蔵院 (日曜日, 17 11月 2013 12:06)

    shimohahaさん ゆきさん コメントありがとうございます。

    補色残像、面白いでしょ(¯―¯٥) 脳って精密にできて
    いそうですが、実はそうでもなかったりします。

    shimohahaさんは白っぽく見えるとのことですが、それは
    たぶん、赤や青に対応する細胞が機能しているからだと
    思いますので、脳の活動領域が広がってそうですね。

    お経なんかをよく上げていらっしゃるからかもしれまんね。
    うん、良かことです(人´エ`*)

    左利きの人の右脳は、右利きの人と比べるといくらかは
    発達しているかもしれませんが、そんな違いは無いと思
    いますよ。左半身を器用に使うからといっても、運動機能
    としては限界がありますので、ある一定のレベルから、あ
    まり変化が無いように思えます。

    それより五感から刺激を受けたほうが、右脳としては無
    限にその活動領域が広がると思います(¯―¯٥)


    ゆきさんは補色残像が見えないんですね。幼い頃から、
    音楽をなさっていたからでしょう。祝詞やお経等を普段の
    生活の中でも読みあげていらっしゃいましたら、さらに脳
    の活動領域が広がるかもしれませんね(*´∀`*)

    あ それから、祝詞等の読み方ですけど・・・
    メルマガを購読されている方で、いまいち分からないとい
    う人がいましたら、お問合せからお知らせ下さい。


    伊勢神宮ですねぇ・・・ 
    平日に強行突破してみようかとも考えたんですけど・・・
    なかなか行けそうにありません(;¬_¬)

    今年もあと一ヶ月と少々。まだまだ時間が残っております
    ので、機会を伺ってみたいと思います。

  • #5

    mark (火曜日, 19 11月 2013 00:12)

    初めてコメントさせていただきます。
    先月はお世話になりました。

    補色残像、興味深いですね。
    私の場合、影も形も見えず、補色残像がなんだかよくわかりませんでしたが、眼鏡を外して視力が悪い状態で試したら、見えました。
    視力低下している状態だと、緊張状態なんでしょうかね・・・。

    補色残像が見える見えないことと関係するのかと思ったのですが、予知夢や既視感も近いものなんでしょうかね??
    日常の一場面(10~20秒)で、「あっ、これ夢で見た。この後こうなる。」、というのがたまにあります。
    覚えていた夢であることもあれば、場面が起こって夢を思い出すこともあります。
    出来事が些細なので、駄菓子で当たりが出たようなささやかなラッキー感を感じています(笑)

    教えていただいた祝詞を、録音の自分の声をイメージしながら唱えています。
    2週間くらいで暗記でとなえられるようになりました。
    古語を読むのに普通の調子では、雰囲気が出ないと思い、
    戦中のラジオ放送の声、口調をイメージしながらそれに合わせて唱えてみたりもしています。

    小学校の時に百人一首を暗記したのを思い出し、唱えることが面白く感じられますね。

  • #6

    佳蔵院 (火曜日, 19 11月 2013 07:57)

    markさん コメントありがとうございます。

    予知夢やデジャブと補色残像は、ちょーっと違いますか
    ねぇ。予知夢やデジャブは、気付き等に近いものだと思
    っています(¯―¯٥)

    デジャブは場合によって、全く既視感とは関係ないときが
    ありますけど、予知夢とデジャブはほとんど同じものといっ
    ても言いと思います。

    いつか、機会があるときにブログで書いてみます(*´∀`*)

    祝詞、頑張っていらっしゃるようですね。習慣になるほど
    読み上げていましたら、何かが変わってきますからね。
    今のように楽しんで読み上げていましたら、祝詞が身に
    付くのも早いでしょうね(*⌒∇⌒*)


    あ それから・・・
    祝詞の読み方については、恐れ入りますが、コメントを控
    えて頂ければ、助かります。メルマガにその理由を少し書
    いていましたけど、又鑑定等で祝詞の読み方をご紹介し
    た方にもその理由をお伝えしていたと思いますが・・・

    祝詞の読み方に関しては、できればコメントを控えて頂き
    ますようお願いします(人´エ`*)

  • #7

    T.N (火曜日, 19 11月 2013 22:57)

    初めまして。今月よりメルマガを拝読させて頂いています。
    今回腹式呼吸の詳しい説明を読んで、自己流の腹式呼吸の
    間違いにようやく気付きました。
    また一から頑張ります。
    これからもご指導宜しくお願い致します。

  • #8

    keizo-in1 (金曜日, 06 12月 2013 19:49)

    T.Nさん コメントありがとうございます。

    気楽に瞑想を楽しんで下さいねぇ(*´∀`*)
    瞑想はこうやるんかなぁ?とか、こんな感じが良さそう
    とか、探りながらやってみて下さい。

    その探求から、新しい世界へ進んでいきますからねぇ~

  • #9

    tera (火曜日, 19 8月 2014 11:39)

    初めてコメントさせていただきます。左肘が痛いので
    「体 部位 障り」で検索したら、こちらにヒットしました。8月はじめです。過去記事はだいぶん読ませていただきました。私も福岡なので博多弁がなんかよかです。
    近くの神社にも日参を始めて今日で12日です。
    実は私は寺の住職です。補色残像は見えます。お経の唱え方が足らんとですかね(笑)
    腹式呼吸も続けています。手のひらがちょこっと温かいかなくらいしかわかりません。普通ならここらへんで断念してしまうところですが、そんなときに佳蔵院さんのメルマガが
    ちょうど配信されるので続けられます。ありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog