瞑想について、もう一度・・・


とりあえず、Vol.27でメルマガが終りました。約6ヶ月間、お
付合い頂きまして、誠にありがとうございます。
(前回のブログは、瞑想やお経、音楽が右脳へ与える影響 です)


メルマガの中盤から、たくさんの課題が出てきましたけど・・・ 
大変でしたでしょう。けど、いろんな角度から脳を使わなければ、次
の段階へはいけませんので、楽しみながら挑戦していって下さいね。

中盤の課題が終盤の瞑想につながってきます。

 

 


中盤の課題は、それができるようになったからといって、実生活では
なんの役にも立たないものもあります。中盤の課題で脳を慣らしてい
くことによって、終盤の瞑想へつながっていきます。

終盤の瞑想が身に付いていくと、本当の意味で人生が変わってしま
います。焦らず、「幸せ」へ向かっていって下さい。


今メルマガを購読始められた方も、これから始める方も、どんどん配
信していきますので、楽しみながら瞑想をやっていって下さいね。

メルマガに沿って瞑想の練習をなさっていたら、最初の2~3週間で
味わったことがない、初めてのことを経験されるはずです。



瞑想を続けていくと、潜在的能力に誰もが驚かれることでしょう。



鑑定の時に話したり、メールに書いたりしていますけど・・・
瞑想は方位磁石のようなものです。方位磁石がなくても人は歩いて
いけますが、人生に目的を持ったならば、又未来に好ましい自分の
姿を描いているのなら・・・

瞑想は、その方向を示してくれます。


今漠然とした生活をしている人でも、瞑想を通じ人生の目的や希望、
夢が見つかります。

瞑想は特別なことではなく、誰もができることです。瞑想のやり方を
知らなくても、1日に数回は知らないうちに瞑想状態に入っているこ
ともあります。


そんなときに、誰もが気付き等を経験します。そんなときに、日頃か
ら意識していることに対して、答えが浮かんできます。

瞑想を難しく考えず、楽しくやっていって下さいね(¯―¯٥)



改めて、瞑想について基本的なことを書いておきます。

瞑想で「無」になろうとしたら、ダメですからね。何回も言っています
けど、瞑想において「無」になろうとすることは、全く逆のことをやっ
ていることになります。


瞑想中に頭を空っぽにして、何も考えないことが瞑想と思っている
人が多いようですけど・・・ ぜぇ~んぜん違いますからね。


普段の生活で必ず用意されている、好ましくない出来事や心を乱す
出来事に対して、自分なりの対策や解決策が行われていないから、
瞑想中に余計な思考が浮かんでくるとです。


瞑想中に浮かんでくることを消そう消そうとしているから、いつまで
経っても、心が惑わされるだけです。瞑想中に浮かんでくる思考は、
自分の中で解消されていないから、頭の中に出てくるわけでして・・


それを放っておくから、逃げているから、見ないようにしているから、
いつまで経っても前に進めんとですよ(*´∇`)


例えば、瞑想中に浮かんでくる過去の悔しい出来事や感情が浮かんで
くるようでしたら、何故そのような出来事が起きてしまったのか・・


瞑想しながら、自分で検証せんといかんです。同じような事が起こら
ないよう、自分を改善できるところがあれば、改善していく。自分で
はどうしようもできないことをいつまでもネチネチと考えていたって、
なぁ~んも進歩はありません。


自分ではどうしようもないことが起きたあとの、対策等を考えていけ
ばいいわけでして・・・ また、問題や感情等を区別しくことが必要
かとです。


この問題は自分を改善すれば、起こらない問題。この感情は、自分
の行動を変えれば、起きない感情、等と区別していけばよかとです。


自分を変えて対処しようと思っても、解決できないこともあるでしょ。
自分を変えても解決できない問題と自分を変えて対処できる問題をし
っかり区別して、瞑想中に自分ができる対策を練って、実行できるよ
うになれば・・・

自分では解決できないことは人の手を借りる等、またできる人にお
願いするようにすれば・・・


瞑想中に雑念は浮かんでこないとです。


瞑想中に頭を空っぽにしようとすることは、問題を先送りしているだけ
のことであって・・・ それは瞑想ではなく、現実逃避をしているだけ
ですたいヾ(*`ェ´*)ノフンガ~

 

瞑想中に浮かぶ雑念の中には、自分を良くすることがたくさん含まれ
ておるとです。せっかく自分を良くするヒントがたっくさんあるのに、
それを頭の中で消そう消そうとしていたら・・・ だんだん、問題が
山積みになって、自分を変えるつもりで瞑想を行っていたことが、ど
んどん悪い方向へ変わっていくだけになります。


瞑想中に浮かぶ雑念の中に、過去の負の感情があれば・・・
それを解消できるような対策等、思考を煮詰めていけば良かとです。


そんな作業をやっていくと、徐々に雑念や目を閉じた瞼の裏に映る
模様等も少なくっていきます。そんで、雑念が消えていくわけです。

仮に、なんの対策や改善策も実行せず、雑念が消えたところで、なぁ
~んも起こりませんよ。


「無」になることを目的に瞑想を行っても、「無」になれるだけです。

「無」になったところには、その字の通り、なぁ~んもなかです。



瞑想中に浮かぶ過去の課題を解消できるよう、自分を変えていかな
ければ、雑念が消えたからといって、なぁ~んも起こりません。


自分の言動を変えて、過去の課題を解消できるようになって初めて、
雑念が消えたあとに・・・ 新しい境地が生まれるとです。


なぁ~んも努力せんどって、自分の都合が良いことばかりを望み瞑想
を行っても、それは単なる妄想にすぎません。現実逃避です。



瞑想を行ったことがない人は、よく言いますよね。本やサイトにもよく
書いてあるようです。何も考えず、ぼぉ~っとしていたら、「無」にな
れると・・・ 

いやいや、それは「無」ではないっしょ。それは、考えることを止めて
いるだけのことでして、瞑想における「無」とは全然違います。


そこまでして「無」になりたいのなら、外をおもっきし走って疲れたら、
頭は空っぽになります。趣味に没頭して疲れたら、頭がぼぉ~っとなっ
て空っぽになります。瞑想するより、そっちのほうがよっぽど、「無」
になれます。瞑想する必要がありましぇん( *´艸`)クスクス



心の中に沈む課題を解決していったところに、新しい境地が生まれま
す。新しい境地で最初に起こることは、「気付き」です。普段の生活
でも、この「気付き」は起こります。


瞑想中だけに起こることではなく、普段の生活の中でも起こってきま
す。「気付き」が起こると、あぁ~こういうことだったのか、なるほ
ど、こんな簡単なことだったのか・・・ という、「気付き」が起こ
ります。



そこに人の成長があるとです。そこから、新しい境地・・・
次のステージが開けるとです。次のステージで起こる好ましくない出
来事に、更に上のステージへ上がるヒントがあるわけです。


瞑想を通じ答えや解決策を見出し、実際に実行して自分や周囲を変
えていくから、新しい発見をしていくんです。


それが瞑想を通じて得る、新しい境地なんです。何もせずに、瞑想だ
けを行っても、新しい境地は生まれません。瞑想はあくまでも、頭の
中で思い描く手段です。頭の中で答えを導く手段にすぎません。


実際に実行して導き出した答え等を試していくなかで、頭の中に浮
かんでくる雑念が解消され、消えていくということになります。


雑念「有」→「無」→新しい境地と雑念「有」→「無」
→新しい境地「有」


こんな流れです。雑念と書いていますけど、ほんとは雑念でもなんで
もないとです。その雑念と思えるなかに、新しい境地へ進むヒントが
あるわけです。

雑念と思っているから、いつまで経ってもそれは雑念のままなんです。
浮かんでくる思考や感情を、解消されていないものととらえれば、そ
れは、余計なものではなく、大切な課題事項に変わります。


思考を煮詰めることが無を生じ、そこから新しい境地が開かれます。
思考を煮詰めていくことが、「瞑想」なんですよ('v')ニヤリ・・

 

思考を煮詰めることもせず、「無」になることを目的に瞑想をしたとこ
ろで、その先にあるものは、「無」そのものであって、なぁ~んもあり
ません。

 

 


新しい境地で瞑想を行うと、気付きの質も瞼の裏に映る映像等も変
わってきます。



瞑想を始めて、いろんな体験をします。けれど・・・ 瞑想中に得
られたものや普段の生活の中で得られたものに驚いたままで過ごし
ているから、新しい出来事が起きないわけです。

初めて体験できた驚きのまま、嬉しいままにしているから、次のステ
ップへ移れないとですよ。



瞑想中に新しい体験をしたいのであれば、それまでと違う脳を使わな
ければいけないし、使えるようになるだけの練習が必要です。

そのようなこともせずに、新しい体験や自分を含め周囲の変化に期
待しているようじゃ、なかなか進歩はありません。改善等を行って
いかなければ、幸せへ通じる道も先に延びていきませんよ(¯―¯٥)

 

 

一度幸せを体験したのならば、その幸せを土台にして、次のステー
ジの幸せに挑戦していかなければ、いつのまにか以前の幸せは色あ
せてしまい、元に戻ってしまいます。


ある程度のステージまで、楽しく幸せへ向けて進まないと、幸せは維
持できません。みんな、一度の幸せで成長を止めているから、しだい
に虚しくなっていくだけなんです。

 

 


さぁさぁ もう一度、仕事を通じて、又普段の生活を通じて、幸せへ
挑戦していきましょうねヾ(*゚Д゚*)ノ゚

 

 

次回のブログは、仏教のお経の意味 です。

 

 

 

過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    shimohaha (水曜日, 27 11月 2013 00:16)

    こんばんは。いつも夜分にすんまっせん!
    メルマガの配信が終わり、正直 ちょっと寂しい気がしとります。
    佳蔵院さんに、依存してたんかいな?と。。

    やけど、現実の世界でも自分で消化し自分で歩まんけんとやね。
    今日のブログを読んで、そう感じちょります。
    人は、それぞれの道をつんのめったり、間違って曲がったりしながらも生きちょります。
    たまには、踏み外すこともあるでっしょうが、振り返って自業自得と後悔するよりか何故こうなったかと投げかけてみらないけんし、同じことを繰り返さんごと手立てを考えていかないけんとやなと。。
    そんときだけ気を引き締めても、喉もとすぎれば基のさやに収まり、いつしか思い悩んだ時間をも忘れてしもうて自分を甘やかし、誤魔化し、逃げてばかりの現実をよぉ~とみようとせんごとなるんが、ようわかります。

    瞑想という言葉さえ、よう理解しちょらんかった自分がこれから先、どうせんといかないけんがを改めて感えさせられたんが今日の感想ですばい。
    ありがとうございました。

  • #2

    佳蔵院 (水曜日, 27 11月 2013 19:44)

    shimohahaさん コメントありがとうございます。

    同じ様なことで心を乱されたり怒ったり、また失敗したりと、
    人は同じようなことを繰り返しちゃいますよね。

    確か、瞑想のノートを用意されたんですよね。

    瞑想日記をつけてみてはいかがでしょうか。瞑想した時
    に感じたことや考えたこと等を簡単に瞑想のノートに書く
    とです。

    メモ程度で宜しいですから、走り書きみたいに書いておく
    とです。瞑想中に浮かんだこと等をノートに書いておいて、
    それがその後どうなるか・・・ 後で検証してみるとです。

    思考を煮詰めて得られたものが実行できたかどうか。
    瞑想中に得られたものが、何を意味していたのか。

    数ヶ月経って読み返してみると・・・
    結構面白いですよ(*´∀`)

    気楽に始めてみて下さい。

  • #3

    フィット (木曜日, 28 11月 2013 22:35)

    佳蔵院様 こんばんわ。
    最近、アカシックと鑑定でお世話になったペンネームフィットです。メルマガも楽しんで実践しています。本当に少しづつですが、自分が変わっていくようなが感覚があります。
    ところで、
    腹式呼吸ですが、息を"吸う"ことはゆっくりできるのですが、"吸った"後にお腹が空気でパンパンになって、その状態からお腹をへこませるのがなかなか難しいものです。
    口ではなく、お腹の力で抜くように意識していますが、空気お腹に一杯な状態から、最初にお腹をひっこめようとすると、どうしてもお中がガクガクッとぎごちない筋肉の動きになります。とてもスムーズにいきません。なので、今は、とりあえず、ポカーンと口を開けて、自然に空気が抜けて行って、最後にお中をグーッと引っ込める、という感じです。でも、その引っ込み方がぎこちなく、ガクッガクっと引っ込む感じです。なれれば、”吸う”、”吐く”がスーハースーハーとスムースにいくのかもと思っていて、メルマガでも親切にアドバイスいただいているのですが、"吐く”時のお腹の使い方について、一杯空気を吸った後に、お中を引っ込める際の意識的なコツってありますか?ご教示いたします。

  • #4

    フィット (木曜日, 28 11月 2013 22:40)

    佳蔵院様
    誤字脱字失礼しました。
    お中→お腹。
    ご教示いたします→ご教示お願いいたします。
    です。すみませんっ。

  • #5

    佳蔵院 (金曜日, 29 11月 2013 17:25)

    フィットさん コメントありがとうございます。

    ご自身が変わっていくような感覚がおありとのこと。良い感
    じですね。多少の浮き沈みはあるかもしれませんが、ご自
    身の能力の使い方や見方を柔軟になさっていたら・・・ 必
    ず、お気持ちも和やかになり、良い方向へ流れていくはず
    です。いっぺんに良くなろうとはなさらず、少しずつご自身の
    能力を活かしていって下さいね。

    息を吐く際の意識的なコツとして・・・
    コツになるかどうか分かりませんけど、佳蔵院は息を吐く時
    は、口笛を吹くように息をほそく出しています。息が一筋の
    線を描き、数メートルさきまで伸びるような感じです。

    フィットさんが言われる、お腹ががくがくしながら息を吐く感
    じはよく分かります。初めの頃は、肺活量が小さいと言いま
    すか・・・ 肺活力と表現したほうが分かりやすいかも知れま
    せんが、息を吐く時の肺やお腹の力、お腹の筋肉や内臓的
    筋肉がまだ弱いからだと思います。

    息を一定にスムーズに出せないということは、お気になさる
    ほど重要なことではありませんよ。

    佳蔵院も最初の頃はフィットさんと同じよう感じでした。上の
    コメントにも書いていますが、瞑想日記のようなメモ書きを
    佳蔵院は付けていたんですけど、それを見返すと、フィットさ
    んと同じようなことを書いています。

    佳蔵院が勧めている複式呼吸はハードな呼吸法になりま
    す。腹式呼吸をなさっていなかった方は、だいたい皆さん同
    じように、最初の頃息を一定に吐くということはできられない
    と思います。

    すぐにしっくりいくような呼吸ができられなくても、呼吸が終
    わったあとのリラックスができるようになっていけば、自然と
    基本的な瞑想状態を確認できるようになっていきます。

    焦らず、焦らず・・・ そのうちできるようになると思いながら、
    複式呼吸に慣れていって下さいねヾ(´ I `*)

    複式呼吸が完全ではなくても、基本的な瞑想状態が確認で
    きるようになります。

  • #6

    shimohaha (金曜日, 29 11月 2013 20:30)

    福岡も、一気に寒ぅなりましたね。
    ご指南、ありがとうございました
    (^人^)カンシャ
    さっそく。。とまで正直至っとらんとです(/。\)ここ数日間、途中から爆睡の連続でして(ノ_・,)
    今日から、がんばります!
    祝詞は、頑張っとりますばい。
    最近、周囲の流れが変わりようごと感じます。おかげで、仕事への意欲も出てきたというか、楽しむんでできそうですばい。

    仕事へ重心を置きすぎと自覚はしとりますばってんが、ちぃーとは頭ん中で考えを整理しよりますけど(^-^)v

    それから、宗像大社で長男が、年末から実習で御奉公させて頂けるご縁を頂きましたよ!
    地元に帰省しても実習中は残念ながら会えんとです(笑)

    ※フィットさん、呼吸法頑張って下さいね♪

  • #7

    フィット (土曜日, 30 11月 2013 00:41)

    shimohahaさん ありがとうございます。
    そうなんですよね、私も佳蔵院さんに教えてもらった秘宝を暗記しました。ここでは詳しく書かない方が良いのかなぁ?と思いますので、ざっくりですが、覚えてから1日に5回くらい多い時には10回以上実践しています。そしたら、不思議なことが起こりました。気のせいかもしれませんけど、仕事での人間関係がなんとなくですけど、よくなったんです。まだ初めて5日くらいなのに。
    無理くり結びつけてるかなぁと自分なりに半信半疑なこともありますけど、それでも、不思議な力を感じます。
    それと、恥ずかしい話、私、精神的にまいっていた時があって、ずっと精神安定剤に結構頼っていたんです。
    それが、ふと、今朝、一瞬ですけど、頭の中に「今朝は飲むのやめようかな・・」とよぎったんです。金曜日だからかな(笑)とも思えますけど、何だろうこの感じ・・とても一瞬ですが、よぎったんですよね。
    瞑想はまーだまだですけどね。
    佳蔵院さんに今度メールでもしてみます。これからもお世話になります。shimohahaさん、これからもよろしくお願いします。

  • #8

    keizo-in1 (土曜日, 30 11月 2013 07:46)

    shimohahaさん フィットさん コメントありがとうございます。

    仕事も家事もこなしていますと、なかなか瞑想する時間も
    なかですよねぇ。普段は疲れて、眠ってしまうことでしょう。

    時には、瞑想する時間帯をずらしたり、椅子に座ってやっ
    てみて下さいね(¯―¯٥)


    shimohahaさんも、フィットさんも、祝詞を頑張っていらっし
    ゃるようですね。フフフ・・・ 良かことです。

    決して、秘法というわけではありませんよ。ただ、一般に
    伝えられていないだけでして、一部の人はお伝えした読
    み方で祝詞を上げています。


    祝詞が身に付くまで、そんなに時間はかかりません。
    読む回数によりますけど、佳蔵院は一日に100回以上?
    今でも読む日があります。

    どんな時に読んだほうが良いかは、鑑定やメルマガ等で
    お伝えしていますが、お伝えしている状況でなくても、例
    えば・・・ 問題の対策等を考えているときや答えを得よう
    とする時も読んだりします。

    読むことで、対策や答えがすぐに得られるというわけでは
    ありませんけど、結果として良いことで終ることが多いよう
    に感じます(¯―¯٥)


    読み方は少し難しいところもありますけど、読むことが難な
    くできるようになってくると、もう一つ上の読み方もできる
    ようになってきます。

    楽しみながら・・・
    心を楽にして、読んで下さいね(*´∀`*)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog