苦しみの実体


ではでは、前回(カルマと輪廻転生、苦しみの危険 の続きを書いて
いきますね。

目の前の事象に、苦も幸せもないというところからです。


今起きている事象には、苦も幸せもありません。今起きている事象を
苦、もしくは幸せと判断しているのは、私達自身ですよね。



例えば、お金が無くて苦しい。仕事が辛くて苦しい。人間関係で苦し
い。結婚ができて幸せ。仕事が順調で幸せ。旅行ができて幸せ。



このような苦や幸せは、私達自身が自由に判断していることです。
お金が無くて苦しいと思うならば、お金が無いなりの生活に変える必
要がありますよね。お金の無い人が、お金のある人と同じような生活
を望めば、当然苦しくなってきます。



お金の無い親が、子供には友達と同じような生活をさせたい等と思う
のは当然かもしれません。しかし、お金が無いという現実にフタをし
て、お金がある家庭と同じように、若しくはみんなと同じように生活
を営んでいけば、苦しくなってしまいます。




前回のブログでは、思うようにならない「もがき」を苦しみと書い
ています。その思うようにならない状態が起きる原因の一つとして、
「比較」があります。



周囲と比較して、苦しい、又は幸せを判断している部分があります。


自分の家庭と知り合いの家庭等を比べ・・・
例えば、知り合いの同級の子供が塾に通い、世間的に難しい大学へ
進学したという事象をみたとき、「お金があって、私の子供も塾に
通わせていれば、有名大学へ行けたのかもしれないのに」「旦那に
もっと甲斐性があれば、家庭教師を雇えたのに」等のような感情は、
他と比較して生じたりします。




そのような感情から、「お金が無い」という問題を起こし、思うように
進まない世界を自ら作り出して、「苦しみ」という渦にのまれてしまう
ようになります。




「どうして、私はお金に縁がないんだろう」「どうして、稼ぎが良い男
性と結婚しなかったんだろう」等のような感情の世界を自ら作りだし、
「お金がないこと」が苦しいという世界を作りだします。




もちろん、国や権力者等から理由もなく強制的に財産を没収され、も
しくはお金が無い状況に追い込まれたとしたら、話しは違ってきます
けど、今の日本ではそのような事はありませんし、理由もなく刑罰的
にお金が無い状況に追い込まれることも、普通はありませんよね。

 

 



ギリギリでも生活ができるということは、お金があるということです。
借金があったとしても、生活ができるということはお金があるという

ことですよね。




ちょっと昔の話しになりますけど、鑑定等を通じて今の苦しみから抜け
出したいというご相談がありました。その方の家庭はいろんな事情があ
って、経済的に苦しい状況でした。




そんな中でお子さんの進学を気になさって、何とか人並みに進学させ
たいというご希望でした。



お子さんの将来を非常に心配なさっていたのですが、「人並み」とい
う他との比較から、お母さんの苦しみにつながっているようでした。




しかし、この方はお子さんに対して愛情がとても深い方でして、お金
が無いならば、お子さんとの時間を作り、お子さんためにできること
を何でもしてあげようと思っていらっしゃったようです。



仕事や家事、育児等に振り回されながらも、毎日お子さんとの時間を
大切になさっていたとの事です。絵本を読んであげたり、歌を唄って
あげたり、一緒に勉強をしたりと・・・ できることをなさっていた
ようです。

 

 

 

 

次第にお子さんが成長するにつれ、お子さん自身も家にはお金が無
いということに気付いてきました。お金は無いけど、お母さんから
の愛情を沢山感じながら成長なさっていくなかで・・・



お子さんは、将来お母さんを楽にしてあげたいという思いが徐々に強
くなって、確か中学ぐらいから猛勉強されるようになったとのことで
す。男のお子さんが2人いらっしゃいましたが、2人とも猛勉強され
るようになったとのことです。



そして、奨学金を得て、2人とも東京大学へ進学され、一人は在学中
に司法書士の資格を取得し、司法書士事務所に勤務されています。弟
さんは、官僚になっていらっしゃいます。



特に上のお子さんは、弁護士にもなれるぐらいの力がおありでしたけ
ど、司法改革による弁護士の増加を心配し、又確実に早く収入を得て、
お母さんへの仕送りの他に弟さんの学費も支援してあげるために、司
法書士への道を選択されました。



今となっては、やはり弁護士より司法書士の道へ進んで良かったと
思われているようです。




小学校では特に成績が良かったわけでもなかったようですが・・・
もちろん、塾とか家庭教師等は無縁でしたけど、お母さんを楽にして
あげたいという気持ちが自分の能力を開花させ、そして進学と希望の
就職を果たし、現にお二人ともお母さんへ仕送りをなさっています。




お母さんとお子さん達とは、かれこれ10年以上の付き合いになりま
すが、今では「お金が無くて良かった」と当時を振り返って、笑いな
がらお母さんが話されていました。

 




「人間万事塞翁が馬」と似たところがありますよね。「人間万事塞翁が
馬」というのは、人生における幸不幸は予測しがたいという意味です。

一つの出来事を見て不幸せだと思っていても、次はそれが幸せの種
になることもあるということです。



一つの出来事から得た感情や思考は、人によって違うということを、
経験上みなさん分かっていると思います。幸せな出来事が目の前で
起きたとき、だいたい皆さん喜んでしまいますけど・・・




中には、皆さんと同じように「喜んだあと」、気を引き締める人がい
ます。喜びのまま過ごすだけでなく、その幸せが長く続くよう、考え
る人もいます。




苦しいときも同じですよね。苦しいと思うことがあっても、それを苦
しいままで過ごす人と苦しいことからヒントを得て、違った感情や思
考につなげる人がいます。




とらえ方や考え方で、一つの事象が変わってくるということですが、
それはつまり、一つの事情には幸せも不幸せもないということにな
ります。一つの事象から幸せや不幸せを決めているのは、私達自身
ということですよね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<追記>
前回のブログに上記と関連したコメントを頂いていますけど、不幸の
ままで過ごすことも、不幸を何かしらのヒントととらえて糧にする人
も、どちらも「経験」においては、間違いとか正しいとかはありませ
ん。

ただ、不幸のままで過ごすより、そこから何かしらの意味を見出し、
状況を変えていく生き方のほうが、将来に希望が見えてきます。
「経験」の幅も広がりますので、充実した人生を過ごせるかと思い
ますし、「経験」の幅が広がれば、不幸と思えていたものが、幸せ
の種になることもありますよね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


それまで生きてきた「経験」から、幸せや不幸せを決めています。自
分の希望と現状、又自分と周囲を「比較」し、経験を通じて幸せか不
幸せを決めています。




小学校のときは、お菓子が沢山あったら、ちょー幸せでした♪お菓
子に囲まれて、何を食べようか・・・ 次はこれを食べよう♪等と
考えたり、明日のためにこいつは残しておこうか、それとも今の
うちに食べちゃうか・・ それはそれは、最高の幸せです(*´∀`*)



けれど、大人になるにつれ・・・ お菓子に囲まれて、子供の時ほ
ど幸せを感じる人は少ないと思います。



大人になるにつれ、幸せの対象が変わってくるわけですね。



年代に応じて、価値観も変わってきます。その価値観というものは、
「経験」から判断される部分が多いです。それまで経験したことから
価値が決められ、経験から得られる以上のものを手にすることができ
れば、最高の幸せを感じるわけです。




少し前のブログに戻りますが・・・
苦しみを通じて霊格を上げるために、この世に生まれてきたというお
話しがありましたけど、魂の「成長」のためにという視点からみれば、
分からなくもないです。



しかし、「苦しみ」そのものは、人の「経験」等から導かれることで
すので、実体がないものになります。例えば、マラソン選手が1km
程度の距離を走ることは、ウォーミングアップのレベルでしょう。

けれど、長い距離を走ることに慣れていない人からすれば、1kmは
苦しく思えるほどの距離になります。




「1kmを走る」という一つの事象において、人の「経験」によって
は、得られる結果が変わってくるわけです。



これを霊格を上げるためにという考えからみれば、より苦しみが感じ
られることを経験していけば、以前苦しいと思っていたものが、苦し
みとして感じなくなるという理屈になってくるとです。苦しみを感じ
られなくなることが、霊格を上げるということになってくるとです。



だから、宗教上で言われる苦しい「修行」をこの世で行っていれば、
来世が楽になるという考えを導く宗教があるとです。



しかし、一つの事象は「経験」によって、受け止め方が変わってくる
わけですから、そこに「決まった実体」はないとです。決まった実体
がないものを追い続けているわけですから、いくら追い続けても結論
が出てこないということになります。つまり、永遠に苦しみの「輪廻」
が続くということになるわけです。




だからでしょうか、釈迦は修行を途中で止めています。実体がないも
のに執着し、又とらわれていれば、永遠に苦しみから脱出できないと
悟ったのかもしれません。




おおぉ~ やばい・・・
気付いたら時間がなくなっていました(;¬_¬)

「苦しみ」については、とりあえずこれで終わりにします。



次回のブログは、ソウルメイトとの出会い です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    shimohaha (日曜日, 27 4月 2014 20:55)

    こんばんは。思考の転換が必要なんですね。

    今日、鬱のところを読み直しましたとです。仕事の忙しさと職場の不協和音から、うさがたまった上司に当たられぱなっしで。。
    少々、不眠と焦燥感で脳~足りんになっちょります。

    かといって、幸せだとか不幸だとかの域には達してませんけどね。
    確かに、いろんな経験を積んできましたが、やっぱ人間関係ほど難しいもんはなかですね。
    人の良いとこを知ってても、攻撃されるとそこんとこばかりに気持ちが行き、反撃すら薄れ萎縮。おかげで、今日は体調不良で立っては座りの繰り返しでした。どけんしても頭から離れ~んとですたい(T^T)よう考えたら、受け流すしかないんかなぁ。。
    あっー!今日、野生のアライグマか?タヌキ?を発見!また今日も新しい発見ができましたよ。日々、新たな発見や気づきができることは生きてる証拠。幸せなんやなと思うちょります。

  • #2

    ゆき (月曜日, 28 4月 2014 09:46)

    佳蔵院さん、お答えありがとうございました。
    勝手に私のためのブログや〜と読んでいました。
    お子様2人のお話も、えっ私の子ども?な〜んて思ったり。でも頭が全く違ってますが。

    佳蔵院さん、鑑定して頂いた兄は頑張って仕事行ってます。あきらめんと自分が行きたい職にチャレンジして良かったと言ってくれてます。
    25日初給料でした。早速おろして私に額面の1/3くれました。奨学金の返済や将来に向けて貯金しておきます。

    私ら家族もお金に振り回されて何年か過ごしました。子どもは、自分らの事は自分らで考えてくれてるし、私がいつ死んでもいいように家事、町内会全般をお手伝させてるうちに、バイトや会社、町内会では重宝されてるみたいです。
    お金には変えられない宝を身につけてくれて、良かったと思える次第です。

    苦しみ、もちろん、苦しいとなんで私だけーと何度も思います。でもいろんな本や佳蔵院さんのページ読んで、よし!と頑張れます。
    ファイト一発です。

  • #3

    keizo-in1 (月曜日, 28 4月 2014 20:53)

    shimohahaさん コメントありがとうございます。

    思考を変えていくと、大概の問題は解決の糸口が見
    えてきます(¯―¯٥)

    解決策を見出したら、あとは継続して実践していくこ
    とが必用になってきます。年代に応じて、又状況に
    合わせて、自分を変えていくことが「成長」なのかも
    しれません。

    滝に打たれるような修行より、自分を変えていくこと
    のほうが、よっぽど現実的な修行になりますよね。
    実生活で活かせてこそ、「修行」ですよね(*´∀`*)


    ゆきさん コメントありがとうございます。

    長男さんは頑張っていらっしゃるようですね。ものす
    ごく優しい方のようですし、給料の1/3をゆきさんに
    渡されたり、本当に偉い方ですよね(¯―¯٥)

    まだお若いのに、人とのつながりもできていらっしゃ
    るようで、何物にも代えがたい財産をつかまれてい
    らっしゃるようです。

    今後のご活躍が楽しみですねヾ(*`ェ´*)ノ

  • #4

    tomo (土曜日, 17 5月 2014 02:27)

    こんばんは。
    こんばんは。佳蔵院さん。
    思考の転換が大事なのですね!

    みなさんのコメントを読んで、私の話は、ちっぽけな事で・・・すいません。
    そのちっぽけな事とは、仲間外れ的なものですが・・。
    それに動じない強い心と、群れる必要はない事を学ばせて
    いるのだと考えを変えて頑張っていきます。


  • #5

    佳蔵院 (土曜日, 17 5月 2014 06:44)

    Tomoさん コメントありがとうございます。

    仰る通り、思考の転換が大事ですね。思考を変えら
    れるということが、精神的な一つの成長となります。

    一つの思いを貫いても良いですし、肩の力を抜いて、
    群れても良いと思います。状況が分からないので、
    何とも言えないところがありますが、「柔軟」に考え
    るということも大事ですからね(¯―¯٥)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog