簡単な瞑想方法とやり方

 

さてさて、今回は瞑想について書いていきます。去年の6月にメルマ
ガがスタートしましたけど、その6月から瞑想を始められた方は、そ
ろそろ1年が経ちます。



かなりだれてる方もいらっしゃるかとは思いますが、中には生活に瞑
想を取り入れ、深い瞑想に近付いていらっしゃる方もいます。



深い瞑想に近付いた人でなければ、表現できないメールもちらほらと
送っていただいています。



仕事等で忙しくされている方は、なかなか瞑想する時間がとれなかっ
たりもして、継続して瞑想を行っていくことは難しいことかもしれま
せん。

 

 

 

そこでぇ~ 簡単?に瞑想状態へ入る別の方法を書きますので、だれ
てしまってる方は、試してみて下さいねぇ(*´∀`*)

 

 



瞑想から長期間遠のいてしまっている人は、とりあえず基本的なこと
を初めから行ったほうが良いかもしれません。メルマガに書いていた
リラックスするコツ、腹式呼吸をもう一度思い出して、丁寧にやって
みて下さい。

 

ちょこちょこ瞑想をやっていた方は、基本的な瞑想状態を確認できた
あと、試してみて下さい。

 

 

 

 
ある程度、体や心をリラックスさせ落ち着いたあと、カウントダウン
をしていきます。カウントダウンは100です。




まず、「頭」の中に画面があると思って下さい。瞼の裏に注目するの
ではなく、頭の中にテレビ等の画面があると想像して下さい。



瞼の裏に画面を映しだそうとすると、瞑想に慣れていない人は、いつ
の間にか目に力が入ってしまいます。瞑想において、「目」は非常に
大事です。目に力が入っていると、解放された思考ができにくく、又
画像等のイメージも浮かびにくくなります。目のリラックスに注意し

下さい。



頭の中に画面があって、その画面に映像が映っているところを想像し
ても、実際は瞼の裏に映しだす場合と変わりはありません。下記には
階段を降りていくところを書いていますが、頭の中の画面に降りてい
くところを想像しても、いつの間にか瞼の裏に想像を映しだしている
ような感じがしてきます。頭の中と瞼の裏が同一のように感じるはず
です。



瞼の裏に意識が向けられ想像やイメージをしていくと、慣れない人は
どうしても目に力が入ってしまいます。その力を少しでもなくすため
に、頭の中に画面を設けるわけです。




頭の中に画面があると想像して下さい。(想像とイメージの違いに注
意して下さい)頭の中にある画面に以下のことを想像していきます。



階段を一つずつ降りていくところを想像して下さい。普通の階段では
なく、段差が数メートルほどある階段です。



階段の一つ一つの踏面は、両靴(素足でも構いません)より一回りか
二回りぐらいの大きさです。肩幅ぐらいの踏面でも宜しいです。



広い空間の中に浮いている一段の狭い階段(踏面))があり、その階
段に自分が立っているところを想像して下さい。周囲は壁や天井があ
りません。




最初の階段を100番目とします。100番目の階段に立ち、99番
目の階段へ降ります(降順していきます)。



例えば、佳蔵院は、こんな感じで降りていきます。最初、100番目
の狭い階段に立っている自分を想像します。周りには何もありません。
広い空間に、浮いている一段の階段(踏面)に立っています。



心の中で99とつぶやきながら下を見ると、99番目の階段(踏面)
だけが見えてきます。その99番目の階段は、100番目の階段よ
り少し狭い感じの階段です。



感覚として、数メートル下にある階段を想像します。数メートル下に
ある99番目の階段へ飛び降りるような感じで降ります。

 

100番目の階段から99番目の階段へ移るとき、ほんの少し時間を
感じます。1~2秒ぐらいの時間がかかる感じで、99番目の階段へ
吸い込まれるように降りていきます。




「自分」そのものを想像しなくてもいいです。自分の姿を映しださな
くてもいいですからね。「意識」が階段の上にあると思われたらいい
です。100番目の上に立っているという意識があれば宜しいです。



細かいことを言えば・・・
仮に、現実として100番目の階段に自分が立って下を見た時、視界
には自分の上半身の一部が入ってきますが、そのようなところまでは、
想像しなくても良いということです。



上半身の一部が視界になかったら、そこには「意識」だけがあるよう
な感じになります。「意識」が階段を降りていく感じです。簡単にい
うと、階段の踏面だけが視界にあるということになります。




99番目の階段にす~っと吸い込まれるように降りたあと、同じよう
に心の中で98とつぶやきながら、数メートル下にある98番目の階
段へ降りていきます。




このときに、100、99番目の階段(踏面)は、想像上残したまま
にしておいて下さい。100、99番目の階段を頭の中の画面に残し
たまま、98番目の階段に立っている(意識がある)想像をして下さ
い。




100番目の階段から90番目の階段まで降りていきます。想像上で
は、100~90番目までの階段の踏面があるということになります。
100番目の踏面が一番大きく、少しずつ小さくなりながら、ず~っ
と下の方に90番目の踏面があります。




数メートル下にある階段に吸い込まれるような感じで降りてきました
けど、90番目の階段へ降りる時は、それまでよりも更に下へ降りる
ような感じで降ります。降りるまでの時間も長くなります。




100番目から99番目、又92番目から91番目へ降りてきたとき
よりも、91番目から90番目の階段へ降りる時は、それまでよりも
ずっと下の方に階段があると思って下さい。数メートル下ではなく、
「数十」メートル下に90番目の階段があると思って下さい。




90番目の階段までたどり着いたら元に戻って、90番目から80番
目の階段へ向けて、同じ様に降りていきます。81番目から80番目
の階段へ降りる時も、同じ様に「数十」メートル下へ降ります。




100番目から0番目の階段まで順に踏面を残していくとしたら、全
部の踏面は想像上の画面に入りきれないので、90番目の階段へたど
り着いたら、それまでの踏面を一旦消して、90番目から80番目の
階段へ向けて降りていきます。90番目のから80番目へ降りていく
とき、90番目の踏面が一番大きく、80番目の踏面へ降りるにした
がって、踏面が小さくなっていきます。

 

 
100→90、90→80 ・・・ 20→10、10→0 のように降
りていきます。

 

 

 
そして、最後の10→0の階段まで降りる時は、それぞれの段差が
「数十」メートルあると思って下さい。10→9→8・・・ 1→0
まで、それぞれの段差が数十メートルあります。

 

 

 


100から0へ降りていくまでの時間は、数分から10分ぐらいかか
ります。数メートル、数十メートルの段差を丁寧に感じながら、もっ
と時間をかけても構いません。時間をかけるほど、意識としては深い
所まで入っていけます。

 

 


キリが良いので、とりあえず今回のブログでは、意識が階段を降りて
いくというところまでで終ります。次回は早めに更新するつもりです
ので、それまでに簡易の瞑想方法を試してみて下さいね(*´∀`*)


意識が降りていく中で、いろんな思考や感情、記憶等が出てきます。
次回は、それらについて書いていきます。

 

 



それから、以前もお知らせしていましたけど・・・
スカイプについてですが、佳蔵院のスカイプIDは数個あります。1
個のIDにログインしていましたら、しばらくそのIDを使用したり
しますので、他のIDへメッセージを送信されても、数日は気付かな
いこともあります。


また、ご相談内容やメニュー、ご依頼件数によってもIDを変えてい

たりしていますので、気付かないこともあります。


何かメッセージ等がありましたら、メールにて送信下さい<(_ _)>



次回のブログは、瞑想の雑念と無(瞑想で問題や悩みを解決)です。



 

過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 8
  • #1

    shimohaha (土曜日, 31 5月 2014 23:55)

    こんばんわ!(^人^)毎日、暑かですね。

    今回のブログ。。やっぱバレてました?(-""-;).。o○
    1年間、何をしてたんやろ(・_・?)と
    戒めにもなりましたですばい。( ノД`)…
    こんな方法があったとは!びっくりしたですたい♪(*´艸`*)
    ちょっと練習してみちょきますき♪

    なんかの試練の後、やっとこ乗り越え心の重さが消えると次の試練が用意されとるような感じがするとやけども、越えられるからこそ、用意されとるんかなぁと思う今日この頃。。

    アップダウンが激しくて、心のゆとりもなく片寄った思考と自信喪失、自己否定のオンパレード。初心に戻らんといけんねぇ~(´д`|||)

  • #2

    佳蔵院 (日曜日, 01 6月 2014 18:59)

    shimohahaさん コメントありがとうございます。

    階段を降りるような方法は、瞑想以外の分野でも
    よくありますよ。試してみて下さいね(*´∀`*)

    人にとって必要な出来事が用意されているようで
    す。逃げるよりは試練と捉えたほうが良いかもし
    れませんが、もう少し肩の力を抜きましょうか。

    どうして試練と思えるような出来事が起きるのか、
    心と体を楽にして考えてみて下さいね。試練と捉
    える前に、なぜその出来事が起きるのか・・・

    ゆっくり考えてみましょ(*´∇`)

  • #3

    フィット (水曜日, 04 6月 2014 00:41)

    こんばんわ。
    shimohahaさん、お気持ち、わかります、わかります。
    これでもか、というくらいに、試練は次々とやってくるものですよね。佳蔵院さん、あまりお好きでない言葉?「霊格」を高めるため、と思いつつも、試練の渦中ではなかなか肯定的には思えないものです。最近、自分に言い聞かせるんですが、全ては”執着”の成せる業ということですかね。心にベッタリ張り付く嫌なトラウマも、執着するから気になる、そして落ち込む。逆に、高い目標を持って努力するのもある意味”執着”、そして活き活きする。
    結局のところ、自分の心持ち次第で、良い意味にも悪い意味にもとれる訳でして、暗い執着を背負った時は世の中が暗く見えるし、明るい執着を感ずれば世の中が明るく見えますもんね。つまり、この世の出来ごとは自分の心が作っているものだから、良いも悪いも無く、実態のない幻想だということがわかります。。。理屈では・・・・。
    でも、そう考えるだけでも楽になります。
    これを何とか、頭でわかるのではなくて、”感じる”という境地になりたいものです。
    上手く表現できませんが、”花”は文句も言わず、ただ咲いている、それが自然です。人間の心も紆余曲折あっても、自然の流れの一種ですし、もっと言うと、人間の存在そのものが自然の一部であるということですかねぇ。ましてや、人間は一番偉くて、植物は人間よりも下、なんてこと、とてもありませんよね。まさにエゴと思います。
    毎日、色んな嫌なことありますけど、こんな事を書けるのも幸せだからだと思います。
    ちょっと、文脈おかしいですけど、
    早く、この世から凶悪事件が無くならないかな、と本当に思います。
    私は、やっぱり、宇宙のゴールというか、人間の存在意義のゴールがあって欲しいと思う派です。
    ずーっと、模索していたら、霊になったとしても疲れそうだし(笑)。

  • #4

    shimohaha (木曜日, 05 6月 2014 23:53)

    佳蔵院さん、フィットさん
    ありがとぉ~!そうなんよねぇ。。
    その場、その場の時の中では、頭も心も固まり肯定的な思考が、ぶっ飛んでますき!Σ(×_×;)!

    穏やかに過ごせる時には、肯定的に考えられけんが、一歩踏み間違えると思考停止状態なんですたい。
    意味もなく不満の捌け口的にかえ、暴言の集中砲火浴びて、ちょっと心が病んでしまっとります。
    いわゆるパワハラとしか思えんですたいのう
    ρ(・・、)

    これも、試練と思わないけんとやろか(・・?
    ありがとぉと感謝せんといかんのやろか?

    気づきよりも先に、心が怯えてしまうし不眠になるほどのストレスを感じても、試練だと耐えるんが、よかとやろか?と自分自身に問い、やっぱ自分で撒いた種かと思うと仕事への自信が無くなるし。。

    それでも、喜んでくれる人の為にコツコツと与えてもろうとる仕事を重ねることが大事なんやろな~




  • #5

    うさなみ (金曜日, 06 6月 2014 01:50)

    今、近くの神社のお堂が焼失してしまいました。
    少し、頭がぼーっとなってます。
    1時間以上燃え続けました。

    私は、10年ほど前にこの地に住み始めました。神主様はいらっしゃらないのですが、皆さんとても神社を大切にしておられます。
    以前は、氏子が毎日当番で、お宮掃除されてたそうです。
    今は、毎週日曜日と1日と15日に掃除してます。1日、15日はお茶当番もあります。
    こういう割り当ての掃除などは、大好きです。折角の機会なので、なるべくこの時だけでも神様に日頃のお礼をさせていただこうと、、、。
     そして、佳蔵院さんを知ってから、殆ど毎日、神社に参らせてもらってます。1と15日のお茶当番はしても、なんだか恥ずかしくて、その時間帯は避けてましたが、それも、皆さんがいかれる時に行き、お茶もいただくようになりました。
    毎日お参りするようになって、半年以上になると思います。今朝も行ったお宮が、全焼です。

    本当に、残念でなりません。
    気が抜けたみたいな、、感じです。

    ここに書くような事かどうか、わかりませんでしたが、気持ちが落ち着かなかったので、書かせてもらいました。
                 ごめんなさい。

     

  • #6

    佳蔵院 (金曜日, 06 6月 2014 17:43)

    フィットさん shimohahaさん
    コメントありがとうございます。

    試練と思えるほどの出来事が次から次に起こると、
    確かに心も折れやすくなりますよね・・・。

    そんなときは、無理に肯定する必要はないと思います
    よ。それよりも、先にやることがあると思います。

    今日ブログを更新したんですが、瞑想における思考等
    の続きとして、肯定に関した内容を書くようにしていま
    す。詳しくは、続きをご覧くださいねぇ(*´∀`*)



    うさなみさん コメントありがとうございます。

    残念でなりません。
    20数年前より、神社仏閣への放火、又盗難が全国
    的に起きているようです。

    今回の火事が放火によるものなのかどうかは分かり
    ませんが、このようなことが起きると悲しくなってしま
    います。

    たとえ、神社が焼失したとしても、神さんはその辺り
    のあちこちにいらっしゃいます。今までと同じように、
    手を合わせて下さい。

  • #7

    shimohaha (金曜日, 06 6月 2014 21:53)

    ほんと、神社やお寺の火災や盗難にあうことが増えてますね。

    うさなみさん、さぞかし悲しく悔しくもあるでしょうが、元気出して下さい。

    その神社の神様、きっとお引っ越しされとります。

    神社がなくなっても神社がご縁で、お話しできた方もおんしゃあとやから、頂いたご縁を大事にしてほしいと願っとります。

    それに、佳蔵院さんのブログに出逢えたんも神様から与えてもろうたご縁やがね。

    私、しがないことばっか毎回書き込みしよるばってん、いろいろな方々の思いや考え方を学ばせてもろうとります。
    もちろん、佳蔵院さんにもですがp(^-^)q

    佳蔵院さんのブログに出逢えとらんかったら、うさなみさんの書き込みも読んどらんですきね。

    うさなみさん、心の神社にお詣りしましっしょ!





  • #8

    佳蔵院 (月曜日, 09 6月 2014 21:20)

    shimohahaさん コメントありがとうございます。

    心の神社へお詣りすることは良いでねぇ(*´∀`*)

    忙しいくて神社へ行けないときや自宅等で瞑想してい
    るときに、佳蔵院はいつも行く神社をイメージして参拝
    等をしたりすることがあります。

    また、神社でぼぉ~っとしている自分をイメージして、
    精神的、感情的なバランスをとることもあります。

    お試しあれ!

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog