高次元の自分とは、高次元の自分からアドバイスを受けるためには


前回(次のテーブルへ上がるきっかけ)の続きを書いていきます。

次のテーブルへ上がるきっかけとして、「善悪」と「原因」の区別、
「感情」と「思考」の区別をしながら『原因』を追究していくこと
が、次のテーブルへ上がるきっかけになります。

 


次のテーブルへ上がるということはどういうことかと言うと・・・

「高次元の自分」ということを聞かれたことがあるかと思いますけど、
「高次元の自分」の立場で物事を見ること、又生活していくことが、
次のテーブルへ上がるということになります。


「高次元の自分」とは、例えば、ハイヤーセルフや守護霊、また神仏
のような存在を指す場合があるかもしれません。瞑想中やふとしたと
きに、頭をよぎる声を「高次元の自分」だと表現する場合もあるかも
しれません。




「高次元の自分」とは、思考や意識が以前より違った立場にある、
又違った立場で生活ができると思われても良いかもしれません。




ちょっと・・・ 
堅くなりそうなので、軽い感じでいきましょうかね(¯―¯٥)





「高次元の自分」とは、悟りを得るとか一皮むけるとか、そんな感
じでもあります。気付きを得るとも言えるかもしれません。




たまに、「高次元の自分」等のような存在の声やアドバイスを聞い
てみたいと思われる人がおるばってん、瞑想中に又神仏にお願いし
ても、なかなか高次元の自分に遭遇することはないと思います。




問題を抱えている時や悩んでいる時は、「高次元の自分」等のような
存在からアドバイスを得たいと思うのも分からなくもないです。


ただね・・・
前回のブログに書いているように、「原因」を追究していくようなこ
とをやっていかないと、「高次元の自分」の声を聞いたり、アドバイ
スを得たりすることは難しかです。




何故、好ましくない出来事が起きたのか・・・ 何故、好ましくな
い出来事が繰り返されるのか・・・


好ましくない出来事が起きたとき、怒りや憎しみ、妬み等のような感
情で一時的に不満を爆発させても良かです。爆発させたあとは、引き
ずらないためにも「原因」を追究していかんといかんです。




原因を追究すること、つまり、問題提起のような事をやっていくとで
す。なんで、はがいかことが起きるとやろう?なんで、上手くいかん
とやろ?等と考えていくとです。



前回のブログに書いていますけど、そのように考えていくと・・・
必ず、原因は「自分」へたどりつくとです(¯―¯٥)




自分は悪くないと思ったとしても、好ましくない出来事が起きた以
上は、自分に原因があるから起きたとです。原因があるから、結果
があるわけですよね。




ここで、注意せんといかんですよ。自分に原因があるからといって
も、極端に全てを背負わんでも良かですからね。人によっては、ど
うしようもないことまでも、自分に原因があると思って、解決でき
そうにないことで悩んでしまう人がいます。



前回のブログに書いた自転車の例でいうと・・・ 後ろからぶつけ
られたことは、どうしようもないですよね。ぶつけられないために、
後ろを振り向きながら歩くっていうのも、一つの方法かもしれませ
んが、ビクビクしながら歩くとなれば、めっちゃストレスがたまり
ますよね。うわっ 挙動不審者がおる、変な人ぉ~って指をさされ
るのがオチです(;¬_¬)




外出する度に自転車がぶつかってくるような社会であれば、後ろを
振り向きながら歩くのもアリかもしれません。しかし、実際自転車
が後ろからぶつかってくるようなことは、ほとんどないですよね。



今まで生きてきた中で、事故のように後ろから自転車にぶつけられ
た記憶はありません。人によっては、一回ぐらいぶつけられたこと
があるかもしれませんが、10回や20回というレベルで自転車事
故に遭遇することはないでしょう。




ほとんど起こりえないことにビクビクしながら歩くって、かなり疲
れちゃいますよね。原因を考えるにしても、「瞑想を通じ、問題や
悩みの原因を追究する
」で書いているように、原因を分類せんとい
かんよ。



ほとんど起こりえないこと(どうしようもないこと)のために、原
因を追究しても、自分がダメになっていくだけです。同じようなこ
とでよく言われることですが、太陽が西から昇ったらどうしようと
不安に思ったらいかんです。




ありえないこと、ほとんどありえない出来事の原因は、思考を積み
上げる対象にはならんとです。ほとんどありえない事に関しては、
起きた時に対処すれば良いとです。若しくは、心に余裕があるとき
に、思考を積み上げたら良かです。



ほとんどありえない出来事は横に置いといて・・・
好ましくない出来事が繰り返されるとき、その出来事を観察してみ
ると、似ているとこがなかねぇ?繰り返し起きる好ましくない出来
事に、同じ様な物や同じような部類の人が共通しとらんねぇ?何種
類かの同じような好ましくない出来事が起きてるやろぉ?どうよ?



自分に起きる好ましくない出来事をよく観察してごらん。好ましく
ない出来事が繰り返し起きているときは、尚更よく観察せんといか
んよ。


同じ様な好ましくない出来事が起きるときほど、「自分」に原因が
あるとです(¯―¯٥)




好ましくない出来事が起きる理由は、だいたいの人は気付いている
はずです。自分の原因に気付いているはずです。一見自分に関係な
いような理不尽な事が起きれば分かりにくいかもしれませんが、そ
れでも、もしかしたら、自分のこんなとこが原因で好ましくない出
来事が起きているかもしれないと想像はできますよね。



もしかしたら・・・ という謙虚な姿勢で自分を見つめ直したり、
第三者の立場で自分を眺めたとき、自分は嫌われるような態度を平
気でやっていないか、見栄を張りすぎていないか、人を思いやって
いるか、立場をわきまえているか、自己主張が強すぎないか等、可
能性を考えてみると、どれか思い当たる節がありますよね。



もしかしたら、自分のこういう点が好ましくない出来事を起こして
いるようだと思ったら、他の好ましくない出来事の原因も考えてみ
て下さい。他の出来事においても、そうかもしれないと思う原因が
当てはまりそうなら、自分の原因の一つは、それになります。



原因のとらえ方は、時と場合によって変わったりもします。時には、
社会のルールに従った善悪で解決する必要もありますし、そうじゃ
ない場合もあります。




そのようなことまで、また自分の原因についても分かってくると、
なるほどぉ~となってくるとです。原因が分かれば、納得すると
です。




そして、残念ながら8~9割の方がここで立ち止まってしまうとで
す。原因が分かってスッキリしたせいか、原因が分かっても改善し
ようとはしないので、好ましくない出来事が繰り返されるわけです
ね。改善し始めたとしても、長く続かなかったりします。




けれど、1~2割の方は改善していきます。改善した事が定着する
と、そこでようやく「高次元の自分」に立てるということになりま
す。

「高次元の自分」になれて、ようやく自分を変えられたということ
になるとです。原因に気付いただけでは、なぁ~んも変わりません。
心が楽になる部分はありますが、根本的なことはなぁ~んも変わり
ません。




それから、「高次元の自分」等からアドバイスを受けたいときは、
原因を追究(問題提起)していかなければ、なかなか返答はなか
よ。


「感情」に支配されている中で、原因を追究したり問題を提起した
りしても、ダメです。社会のルールや善悪等から生じる「感情」が、
自分の心に壁を作っちゃいます。




素直に正直な状態で、原因を追究したり問題を提起する必要があり
ます。瞑想で心や体をリラックスさせてから、追究したり提起して
いけば良かとです。



原因の追究や問題の提起が深くなっていき、ある程度充満すると、
瞑想中やふとしたときに、「高次元の自分」等からのアドバイスに
気付くときがあります。自分の頭をよぎる時もあれば、人の言動を
通じて気付くこともあります。




ただ、これにも注意は必要ですけど、一度気付いている事に関しては、
いくら原因を追究したり問題を提起したりしても、「高次元の自分」
等からのアドバイスは分からないと思います。



原因等に気付いているのに、同じような事を追究したり提起するとい
うことは、自分の原因等を認めたくないという意識が働いているから
です。自分が認める答えや自分が好む答え、若しくは、より簡単に解
決できる方法等を自分の基準で追い求めているから、「高次元の自分」
等にいくらお願いしても、反応はなかとです。



つまり、「自我」が邪魔しとるわけですね(¯―¯٥)



自分の思い通りにいかないことは分かっているはずです。なのに、
「高次元の自分」等に対しては、自分の思い通りの返答を期待して
いるわけです。自分にとって好ましい返答を期待しておるとです。




結局ですね・・・
「高次元の自分」(ハイヤーセルフや守護霊、神仏)等のアドバイ
スを受けれない原因は、「自分」にあるわけですたい。「高次元の
自分」等が悪いわけではなかとです。自ら壁を作ってるとですよね。
瞑想のやり方を見直すことも必要かもしれませんが、自分の心構え
も見直す必要があるかもしれません。





たった一つでも良かです、自分の原因が分かったら、それを継続し
て改善していくようにやってみましょう。工夫してみましょう。


たった一つだけでも、改善できたら・・・ それだけでも、世界
が変わってきます(*´∀`)アハハン♪





次回のブログは、神や宇宙と一つになる です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    ej (水曜日, 02 7月 2014 12:58)

    桂蔵院さん
    お疲れ様です。
    以前、最初の鑑定をして頂いた時に、木々から出ている『白い煙』が観えますか?と聞かれた事がありますが、これは白く観える以外に緑色に観えたりすることも有るのでしょうか?また、瞑想と関係もあるのでしょうか?

  • #2

    佳蔵院 (水曜日, 02 7月 2014 20:14)

    ej さん コメントありがとうございます。

    木々から出ている「白い煙」は、場合によっては緑色
    に見えたりすることもあると思いますよ。太陽等の光
    や反射した光によって、多少変わってくると思います。

    太陽等の光や反射が少なく、薄暗い状況でしたら、
    白く見えることが多いと思います。また、木々の背景
    によって、多少色が付いて見えることもあると思いま
    す(*´∇`)

  • #3

    Marute (木曜日, 03 7月 2014 01:19)

    佳蔵院さん、お疲れ様です。
    どうして、自分にとって悪い事ばかり続くんだろう、どうして、同じような種類の悪い出来事が起きるんだろうと、考えることがありました。
    自分が直接かかわっていなくても、悪い出来事が起きたとき、普段から、もっと笑顔で会社の人と会話をしていたら、悪い出来事が起きらず、済んだのではと思うことがありました。
    先輩にその事を話したら、その通りだねって、言われました。それから、なるべく会社では笑顔で仕事をするようにしたんですけど、ブログを読んで昔を振り返ってみれば、悪い出来事が少なくなったように思います。こんな感じでいいのでしょうか?

  • #4

    佳蔵院 (木曜日, 03 7月 2014 20:37)

    Maruteさん コメントありがとうございます。

    仰る通りです(*´∇`)
    自分の原因を見つめて改善していくと、当然悪い出来
    事が減っていきます。減っていけば、悩むこと等も少な
    くなりますので、自然と良い方向へ流れていきます。

    自分の原因を改善していくことは難しいことかもしれま
    せんが、やってみれば、誰にでも出来ることですよね。

    より良い自分になるためには、やるしかないです!

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog