霊的な影響(不思議な事)と思う前に・・・


今回は、お問合せに関したことを、ちょっと書いていきます。
毎月数人の方から、必ず同じ様な問い合わせを頂きます。

その度に、同じ様な内容のメールを返すことになるんですけど・・
一度、ブログでその内容を書いていれば、同じ様な事で悩んでいる
方も早く解消されるだろうと思い、お問合せでよくあることを書い
ていきます。

(前回のブログは、神や宇宙と一つになる です)

 

 



まず、「お問合せ」についてですが・・・
「お問合せ」では、メニューや料金、ご予約等、お申込み全般に関し
たことについて、お受けしています。




ほとんどの方のお問合わせは、上記に関することなんですけど、毎月
数人の方から、必ず「霊体」「不思議な事」について、お問合せがあ
ります。




「お問合せ」では、霊視等を行うことがありませんので、メールに書
かれていることだけをもとに、返信してきました。



ちなみに、お名前だけをもとに霊視等を行うことはできません.。前回
のブログを読んで頂くと理解しやすいと思いますが、人をみるとする
ならば、その人の立場を上げたところ、つまり、より意識や情報が共
有されるところと同調する必要があるので、お名前だけでは霊視等を
行えないということです。ここらへんの事を書くとなれば、かなりの
量になりますので、割愛しますけど・・・



正直に言えば、お問合せを通じて送られてくる、「霊体」や「不思議
な出来事」に関する返信は、大変疲れてしまいます(;¬_¬)




というのも、一日に数十件のメールを送受信していますので、お問合
せの趣旨から外れた内容については、詳しく返信することができませ
ん。それでも時間があるときは、なるべく詳しい内容を返すようにし
ていますが、鑑定等とは違いますので、ご理解頂けるような返信を、
なかなかできないのが現状です。



鑑定や瞑想等を受けている方のご質問や以前受けられた方のフォロ
ー等に時間を割きたいと思っています。




そこで・・・
趣旨が違ったお問合せによくある内容とその返信を下記に書いてお
きます。





「霊体」に関して

お問合せに最も多いのが、「霊体」に関することなんですけど・・・
お問合せでは、「霊体を見た」と書かれていることが多いです。けれ
ど、実際目を開けて見たという人は、ほとんどいません。



詳しく質問しますと、亡くなった人が夢の中に出てきたとか、瞼の裏
に映った等と返信があります。中には目を開けて見たという人がいま
すけど、実際目を開けて霊体を見たという人は、お問合せの中で、大
体100人中数人ぐらいの話しです。




亡くなった人が夢の中に出てきたり、瞼の裏に映ったりすることは、
霊体等の影響がなくても、普通にあります。決して、不思議なことで
はありません。




過去のブログ(コメント欄?)にも所々で書いていたと思いますけど、
霊体等の影響がない時で、亡くなった人が夢の中に出てきたり、瞼の
裏に映ったりする場合は、「記憶」が基になっています。



例えば、お爺ちゃんが亡くなってからしばらくして、若しくは長い期
間が経って、お爺ちゃんが夢に出てきたり、瞼の裏に映る場合は、生
前のお爺ちゃんに対する記憶が基になっています。若しくは、過去の
写真や動画等の中にいる、お爺ちゃんの記憶が基になっています。

 

 

今まで、亡くなった人を夢等で見ることはなかったのに・・・ と
驚かれるかもしれませんが、実際は夢の中で見ていたこともあった
と思います。




睡眠時間が6~7時間としたら、その間に夢は何個も見ます。夢の内
容を憶えている場合とは、目が覚める頃に見ていた夢です。眠りから
覚める頃に見ていた夢を、私達は起きた後でも、しばらく覚えている
ときがありますよね。




眠りから覚める頃に見ていた夢以外は、覚えていません。目が覚め
る頃の夢より前の夢の中で、亡くなった人を見ている可能性は十分
にあります。



人が亡くなったあとは、その人の「死」が心の中に強く刻まれますの
で、亡くなった人の夢を見るならば、睡眠の序盤に亡くなった人の夢
を見ることになると思います。ですので、睡眠から6~7時間後の起
きる頃には、亡くなった人の夢は既に終わっている可能性が高いです。
(もちろん、睡眠途中に目が覚めることもありますが、睡眠途中で、
目が覚める頃に見ていた夢を、しばらくは覚えています)





人が亡くなって長い期間が経っている場合でも、例えば、潜在的な心
の水面下で、自分が誰か(先祖等)の助けを望んでいるときは、その
思考や感情が過去の記憶と結びつき、助けてくれるかもしれないと思
う人の画像が夢や瞼の裏に現れることがありまます。




夢の中に亡くなった人が出てくると、人によっては、何かを伝えたく
て亡くなった人が夢の中に出てきているのではないか、と考える人が
いますけど・・・



もし、そうであれば、夢の中でそれなりのメッセージが伝えられます。
また、伝えたいメッセージがあれば、眠っているときに限らず、起き
ているときにも、亡くなった人が現れ、メッセージを伝えます。



霊的影響であれば、何回も何回も現れます。一回や2回の話しではあ
りません。しかも、ちゃんとメッセージが伝えられます。霊感等が無
いから分からないというような問題ではありません。過去の記憶が基
になっている場合と霊的影響がある場合では、その違いがはっきりと
しています。霊的影響かもしれない?と思う時点で、それは霊的影響
ではないと思って頂いて宜しいです。




夢の中で亡くなった人を見ることは、不思議なことではありません。
亡くなった人に対する記憶が残っていれば、夢の中で見る可能性は
十分にあります。




私達が見る夢は、矛盾した内容のものや有り得ない内容のものが多か
ったりしますよね。もともと夢は過去の記憶が基になって、複合され
て現れます。また、日頃の感情や思考が夢となって現れる場合もあれ
ば、精神的なバランスをとるために見る場合もあります。



亡くなった人の夢をいつも見ていれば、特に不思議に思いませんけ
ど、めったにない夢を見ると、その夢の印象が強くなりますので、
記憶にも残りますし、その夢に何か意味があるのではないか、と人
は考えてしまうわけです。



初めて見る内容の夢だからという理由で、霊的な何かがあると考え
るより、脳の仕組み等の視点から考慮されることをお勧めします。




瞼の裏に映る場合も同じです。瞼の裏に映る場合も不思議なことで
はありません。よくお問合せに書かれていることが、「瞑想の経験が
ないのに」ということが付け加えられています。



瞼の裏に映っているものを見る場合と夢の中で見る場合は、見方が
ほぼ同じです。睡眠中に眼球が動いているところを考えてみると、
分かり易いです。




瞑想の経験が無くても、瞼の裏に画像が映ることも、また何かしらの
音が聞こえることもあります。不思議な事ではありません。




例えば、就寝の体勢になってから目を閉じたとき、自分では眠ってい
ないと思っていても、数秒の間、睡眠に入っているときがあります。
浅い睡眠やまどろんだ時等は、瞑想に似た状態です。



そのような時に、瞼の裏に何かしらの画像が映るときがありますし、
何かしらの音が聞こえたように感じたりもします。これも不思議なこ
とではありません。夢を見ている時を考えれば、理解しやすいと思い
ます。




その他に、就寝の体勢ではなく、座っている時や立っている時でも、
瞑想状態のような感じになるときがあります。人は、瞑想の経験がな
くても、一日の内に数回、瞑想のような状態になることがあります。




例えば、作業に気をとられ頭が空っぽになっている時やぼぉーっと
している時等、頭の中に色んな思考や答え等が降ってくるような感
じを経験することがあります。一瞬自分のものとは違った声が頭の
中を通り抜けることもあります。

 

これも、「記憶」がもとになっています。



それまで独立した状態で保管されていた記憶が、積み重ねられた思
考や感情によって飽和したとき等、頭の中にいろんな思考や答えが
降りてきたかのように感じます。若しくは、何らかのきっかけで、
記憶が結びつき、画像や声、答え等が頭の中に浮かび上がります。



このようなことも不思議なことではありません。いつも起こること
ではありませんが、条件が合うと、誰でも普通に起こり得ることで
す。




もし、何かしらの霊体が影響しているのであれば、起きた出来事に対
する「疑問」や「問い」に対して、はっきりと回答があります。「問
題等を提起」したあと、基本的にはすぐに「回答」があります。



だらだらとした文ではなく、一文で簡潔な内容です。その回答には疑
問も起こりません。霊体等からのメッセージなのかどうかと迷うこと
がありません。(初めての経験であれば、戸惑うことかもしれません
が)そして、簡単な会話のやりとりができます。



頭に降りてきたと感じるもので、数日経っても、又長くて2~3ヶ月
が経っても、その意味が分からなければ、霊体等からのメッセージと
いうより、自分の「記憶」が結びついた回答と思われたほうが良いで
しょう。



ちょうどキリがいいので、続きは次回に書きます。



次回のブログは・・・
科学的、物理的、医学的見地から考えましょうです。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -



コメントをお書きください

コメント: 7
  • #1

    miyuki (日曜日, 20 7月 2014 03:16)

    今回のブログを読ませて頂いて、私も何か音がしたりすると、幽霊かもと思ってしまうほうです(>_<)

    本当は、霊に関係ないのに、霊かもと心配して、余計な想像や時間を使っている私です。

    もっと、どっしりとした気持ちで生活ができればいいのにと、思います。時間があると、余計な事を考えてしまうんですよね。

    今回のブログを読んで、何かすっきりしました(^o^)

  • #2

    じゅんこさん (日曜日, 20 7月 2014 18:25)

    お問い合わせについて、大変な勘違いをしておりました。
    大変に申し訳ありませんでした。。。

    たしかに、故人について疑問に思っている事や、故人の想いなどは、とても分かりやすくはっきりとした事象で、すぐに返答がありました。。
    今、生きている人の事もとてもよく分かりますが、一番分からないのが自分自身なので、なんだかな〜と思います。

    お問い合わせの件では、大変丁寧に対応して頂いて、ありがとうございました!

  • #3

    佳蔵院 (月曜日, 21 7月 2014 20:15)

    miyukiさん コメントありがとうございます。

    不思議な事に遭遇すると、霊かも?と思ってしまうこ
    とは、誰でもあるかもしれませんね。

    そこで更に、自分の思い通りにいかないことまでも霊
    の影響だと考えてしまう人がいて、そうなってしまうと
    自分にある原因になかなか気付かなくなってしまいま
    す。

    そうならない為にも、科学的、物理的、医学的な見地
    から、判断するようにしないといけませんね(¯―¯٥)


    じゅんこさん コメントありがとうございます。

    お問合せを頂いた方のようですが、ハンドルネームな
    ので、どなたか分かりませんけど・・・

    自分自身についても、霊的なものとそうでないものと
    の違いは、はっきりしています。もし、自分自身に対す
    る霊的影響等を心配していらっしゃるようでしたら・・

    自分の事に対するはっきりとした応答がなければ、霊
    的な影響とは関係がないと思われたほうが宜しいでし
    ょう。霊的な影響?などと思いながら、長年モヤモヤと
    過ごされる人もいます。気を付けて下さいね(*´∀`*)

  • #4

    Ezequiel Stamper (木曜日, 02 2月 2017 05:42)


    Wonderful post however , I was wanting to know if you could write a litte more on this topic? I'd be very grateful if you could elaborate a little bit more. Cheers!

  • #5

    Maragaret Alexander (木曜日, 02 2月 2017 07:27)


    Does your site have a contact page? I'm having a tough time locating it but, I'd like to shoot you an e-mail. I've got some ideas for your blog you might be interested in hearing. Either way, great website and I look forward to seeing it grow over time.

  • #6

    Mui Yarber (木曜日, 02 2月 2017 07:54)


    I think the admin of this website is actually working hard in favor of his site, because here every stuff is quality based information.

  • #7

    佳蔵院 (木曜日, 02 2月 2017 16:40)

    コメント ありがとうございます。

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog