先祖供養と施餓鬼供養


うぅ~ ちょっと忙しく、またまた更新を怠けておりました。
ごめんなさい<(_ _)>

今回は、供養に関したことを書いていきます。

(前回のブログは、霊のしわざではなく、自分の努力から逃げてい
です)




毎年、6~10月頃になると、供養に関するご相談が多くなります。
それは何故かというと・・・ お盆やお彼岸があるからです。



供養に関したことなんですが・・・
7月13~15日に盂蘭盆(うらぼん)という仏事が行われていること
をご存知でしょうか?みなさん、何となく聞いた覚えがあるんじゃない
でしょうか?地域によっては、7月にお盆を行う所がります。



盂蘭盆というのは、8月13日~15日に行われている日本のお盆と
同じようなものです。盂蘭盆は「昔の中国」において、あの世で苦し
んでいる霊を救うための仏事です。



もともと、日本においても、先祖を供養する行事(魂祭り)が行われ
ていましたけど、盂蘭盆が日本に伝わり、神道の魂祭りと習合され、
今のような「お盆」になったと言われています



んでね
この盂蘭盆の時にも、今はよく行われるようになりましたけど、施餓
鬼供養というものがあってですね・・・ 

飢えや渇きに苦しむ霊、餓鬼道に堕ちたあらゆる生き物、三宝(悟っ
た者、僧侶等)に飲食を施し供養するというものがあります。



このような仏事が行われるようになったのは、「救抜焔口陀羅尼経(
くばつえんくがきだらにきょう)」というお経から行われるようにな
ったと言われています。



その「救抜焔口陀羅尼経」には、どのようなことが書かれているかと
いうと・・・


阿難(あなん)という釈迦の弟子がいて、その阿難が瞑想していると、
焔口(えんく)という餓鬼が現れます。そしてその餓鬼が阿難に対し
て、「お前は三日後に死んで、私と同じ餓鬼に生まれ変わるだろう」
と告げます。

驚いた阿難は釈迦に相談し、秘呪を教わります。そして、阿難はその
秘呪を実行し救われた等と、お経には書かれています。




その他に、このお経と似たもので、「盂蘭盆経(うらぼんきょう)」
というお経があります。


このお経には、釈迦の弟子で目連(もくれん)という神通力第一の人
のことが書かれています。



書かれている内容は、以下のようなことです。

目連が亡くなった母親を神通力で見たところ、餓鬼道に堕ちて、飢え
て苦しむ母親の姿が見えてきました。目連は、亡くなった母親を救い
たい気持ちで釈迦に相談し、教えを乞うと・・・ 

釈迦は、僧侶に飲食を施せば、亡くなった母親の飢えや苦しみを救う
ことができるだろうと教えました。そこで目連は教えの通り、僧侶に
飲食を施し、餓鬼道に堕ちて苦しむ母親を救った等のお話しがありま
す。

 



このお経の中に、僧侶へ飲食を施せばというところが出てきますが、
もともとですね、インドの僧侶は決まった期間に決まった場所へ集ま
り、修行を行ったりしていました。その最後の修行の日に、世間の人
々が僧侶へ飲食を供養(施し)をしていたとです。


そんな行事がいつのまにか、亡くなった方(先祖)への供養に変化
し、又餓鬼へ飲食を供養するという仏事へ変化していったとです。



よかですかね?



先祖供養というものは、もともとは、辛い修行を終えた僧侶への飲食
の供養(施し)から始まったことなんですたい。


しかも、この「盂蘭盆経」は偽経(中国撰述経典)ということが有力
になっています。



釈迦が弟子に説いたことではなく、昔の中国において作られたお経
だと思われます。又、施餓鬼供養で上げられる「救抜焔口陀羅尼経」
も、昔の中国において違訳されたか、創作された部分があるように
思えます。原始仏教において、秘呪や呪文、供養等のような行為が
行われていた記録は残っていないからです。



また、原始仏教をほぼ忠実に取り入れたチベット仏教では盂蘭盆が
行われていませんでした。




なぜこのようなことをブログで書いているのかというと、この時期に
なると、供養に関するご相談が増えると上記に書いていますが、供養
の「方法」に関するご相談ではなく・・・



好ましくない事が続き、霊視鑑定や占い等で相談したところ、「先祖
供養をしなさい」「施餓鬼供養をしなさい」等と言われ、その通りに
やってみたけど、全く現状が変わらないところから不安になり・・・


佳蔵院へ、実際は先祖や霊、前世等が関係しているのかというよう
な鑑定のご依頼が多くあります。

 

 


好ましくない事が続き、相談した所で・・・
先祖が苦しんでいるとか、悪霊が憑いているとか、はたまた前世の
行いが悪かったから等と言われると、誰だって不安になり、言われ
た通りに供養等をやってみることになると思います。



この間は、占い師が施餓鬼供養や先祖供養等を行うから、毎月占い
師へ5000円を振り込むようにと言われた人がいました。

 

 


それを聞いたとき・・・ おいおい、お前さんはお坊さんか?占い師
だろ?はぁ?施餓鬼供養や先祖供養がどういうものか知ってんのか?
と怒り狂うところでしたヽ(#`Д´)っ┌┛))ウラァァァ

 

 

 

いろんな所へ相談する度に、先祖供養をしなさい等と言われ、その
通りに行っていた人もいます。

 

 


みなさん、どう思います?なんかおかしいでしょう?

 


昔の中国における先祖への供養というものは、親や目の上の人を敬
う儒教の影響もあり、先祖供養がつくられていったと思われます。



また一方で、憶測になりますが・・・ 
昔の中国においては、大規模な飢饉や災害、戦争等が起きていまし
た。そんな状況で食べ物がなく、大勢の人々が飢えて亡くなりまし
た。我が子や親が飢えて亡くなっていくなか、なんとか生きのびた
人が、ようやく食べ物を口にできるようになれたとき、飢えで亡く
なっていった家族を憐れんだことでしょう。


食べ物がなく、飢えて亡くなっていった家族に対して、せめてもの
気持ちで食べ物を供えたのではないでしょうか。



そのようなことも含め、先祖供養という形ができあがったように思
えます。



好ましくない出来事が起きたのは、先祖の霊が苦しんでいるからで
はなかとです。苦しんでいる先祖の霊を供養すれば、自分の悪い状
況が改善されるというわけではなかとです。



偽経と言われるお経にさえ、そのような事は書かれていません。



供養等を行えば、自分の悪い状況が改善されるというような迷信に
惑わされることなく、また神仏の神秘的な力に依存するのでもなく、
現実の生活の中で答え(真理)を追究、理解、行動していくことで、
私達は救われると、釈迦は言っています。




よかですか?仏教を適当に持ち出して、先祖供養とか施餓鬼供養
とか、また前世等の話しをして、人を不安に陥れる輩がわんさか
とおるとです。そがんたわけた輩にひっかからんごとして下さい。



供養に関することは、専門家であるお坊さん、神主さんに聞くよ
うにして下さいね(*´∀`)



次回のブログは、先祖供養から感謝の実践 です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

コメントをお書きください

コメント: 16
  • #1

    hirorin (日曜日, 14 9月 2014 10:48)

    ブログ、楽しみにお待ちしておりました(o^^o)
    おかげさまで母の供養は偶然が重なり、命日までに執り行うことが出来、昨日は清々しい気持ちでお墓参りも出来ました(^^)
    昨日は身内3名の命日でありますが、その前後、素敵な方との出会いや、素晴らしい本との出会い、などプレゼントがたくさん頂けました*\(^o^)/*
    佳蔵院さんのブログもステキなプレゼントです(≧∇≦)

    瞑想は腹式呼吸をなるべく30回するようにしておりますので、深い呼吸が出来るようになって来ました(^_^)v
    しかし、そこから体をリラックスさせようと指示して行くあたりからやはり意識がなくなり、寝てしまいます(-_-)zzz
    変わったことといえば、はっきり覚えている夢を見るようになったことと、気付きが増えて来たということでしょうか。
    小さな気付きでもクリアになって行くことは嬉しいことです(*^^*)
    瞑想、根気強く続けてまいります❗️
    また何かよいアドバイスがあればよろしくお願いします。

  • #2

    佳蔵院 (月曜日, 15 9月 2014 07:21)

    hirorinさん コメントありがとうございます。

    無事に供養が終わって、良かったですね。このよう
    な機会に、改めて亡くなられた方を偲ぶことは良
    いことだと思います。

    複式呼吸が30回できるようになられたとのこと。
    その調子で頑張って下さいね。だんだん腹式呼吸
    にも慣れて、その内、30回もせずに基本的な瞑想
    状態が確認できるようになってきます。(数回の腹
    式呼吸だけで、確認できるようになってきます)

    瞑想状態が良くなってきますと、夢がはっきりして
    きます。また、気付きも多く起こります。順調に進ん
    でいらっしゃるようです。後は、気付きに従って言
    動を変えていければ、最高です(*´∀`)♪

  • #3

    オガワ (土曜日, 20 9月 2014 16:59)

    瞑想メルマガ2回目いただきました。
    ありがとうございます。
    仰向けにて深呼吸をし、力を抜いていくのですが
    首と肩のこりがひどいのかリラックス状態になるより
    余計に痛みがします。
    首の力の抜き方がわかりません。。
    それでも
    続けていると
    瞼の裏は
    白い点というより
    全体が真っ白
    日によっては紫色がみえます。
    これは瞑想状態に入ってますか?
    ご指導お願いします

  • #4

    shimohaha (土曜日, 20 9月 2014 21:21)

    おこんばわぁー!どげんしょったとです?
    忙しそうで心配しちょりました。そう言う私も忙しかったとばってん(-""-;)
    もう、彼岸花も咲きお彼岸なんやねぇ~
    佳蔵院さん、半端ない数のおはぎをまた作りますよぉー!

  • #5

    佳蔵院 (日曜日, 21 9月 2014 07:28)

    オガワさん コメントありがとうございます。

    瞑想の体勢に入る前に、体全体をほぐされてみて
    はいかがでしょうか。首や肩だけを中心に行うの
    ではなく、足や背中等も丁寧に柔軟体操を行って
    から横になってみて下さい。

    一日だけでは改善されないかもしれませんので、
    しばらくの間、瞑想を行う前は準備体操を丁寧に
    なさってみて下さい。準備体操のあと、複式呼吸
    が終わり、力を抜く過程で首や肩等に違和感が
    ございましたら、軽く首や肩を回してみて下さい。
    (首や肩の痛みについて、一度病院の診察を受
    けられたほうが良いかもですね)

    今の状態は、まだまだ瞑想状態ではありません。
    後々のメルマガをご覧頂ければ、基本的な瞑想
    状態がお分かりになられることと思います。


    shimohahaさん コメントありがとうございます。

    お?今回も沢山のおはぎを作るんですねぇ~ 
    旨かごたっですね!

    いつかおっそわけを頂きます(*´∀`)

  • #6

    吉田 (月曜日, 22 9月 2014 01:02)

    桂蔵院さん、こんにちは。
    今日は京都御苑、皇居や公家屋敷があった場所に行って来ました。
    目を閉じて歩いても何処にもぶつかる事は無いだろう、と思えるほど広大なスペースです。

    街中にあって、樹木で囲まれ冷んやりしてます。

    愚かで、汚れ多きわたくしで御座いますので、普段の心の垢を少しでも落とせれば、と歩きながらなるべくゆっくり呼吸し、エネルギーが浄化される想像をしてました。
    日陰のある場所で座ってると風が心地良く、眠ってしまいそうになります。
    そんな中、目を閉じた暗闇の自分のすぐ隣に黒いTシャツの少年が覗きこんでる‥淡い印象がありました。
    そして気付いた瞬間に少年は走って消えて行きました。
    何でも霊的不思議現象にしない!‥と、桂蔵院さんに言われそうですが、これは所謂霊というやつですか?
    霊的存在なら、もっとはっきり疑問の余地がない感じですか?


  • #7

    佳蔵院 (月曜日, 22 9月 2014)

    吉田さん コメントありがとうございます。

    コメント欄に書かれている文章だけで判断するとす
    れば、霊的なものとは関係ないように思えます。

    瞑想中は、気付かない内にふっと眠ってしまうこと
    がありますが、その時に見た夢(若しくは複合され
    た過去の記憶)かもしれませんね。

    夢(過去の記憶)であっても、それから離れて、若
    しくは夢に支配されることなく映像が見れています
    ので、瞑想が上達なさっているようです。

    霊的なものであれば、はっきりと分かります(¯―¯٥)

  • #8

    muo (月曜日, 22 9月 2014 22:20)

    桂蔵院さん、お返事有難う御座いました。

    なるほど、そうですか。確かに簡単に気のせいに出来る程の淡さでした。
    一度、これが霊的存在だ!というのを体験して違いを知りたい‥、なんて言うもんじゃないですかね。

  • #9

    吉田 (月曜日, 22 9月 2014 22:23)

    すいません、muo=吉田です。

    間違えました。

  • #10

    tomo (水曜日, 24 9月 2014 01:16)

    こんばんは。お忙しそうですね。
    お体は大丈夫ですか?あまり無理なさらないように
    なさってくださいね。

    今日はお彼岸なので、お墓参りに行ってきました。
    自分自身「まだまだ努力が足りない」とか「何をやっているのだろうか?」「熱意が足りない」とか思いながら
    やっています。いい結果を出したいです。

  • #11

    佳蔵院 (水曜日, 24 9月 2014 11:46)

    吉田さん コメントありがとうございます。

    瞑想は、人がより良く生きていくためのものだと思っ
    ています。人がより良く生きていこうとする中で、例
    えば、仕事を一生懸命していく中で、瞑想を通じ悟
    り等を得て、それを仕事に活かしていく・・・

    そんな中で、霊的な体験をしていきます。より良く生
    きていくこと等を目的に瞑想を行うのではなく、霊的
    な体験の為に瞑想を行うとしたら、恐らく体験できる
    機会はずっと少なくなると思います。

    ただ、瞑想を通じいくつかの事を行えば、霊的な体
    験ができる可能性はありますが、瞑想マスターの
    一部を除いては公開していません。

    一生懸命生きていこうとする中で、瞑想を通じ自分
    を改善していくとき、霊的な体験ができるはずです。
    そちらのほうが、よっぽど自分自身の為にもなると
    思いますよ(*´∀`*)


    tomoさん コメントありがとうございます。

    お気遣いありがとうございます。ちょ~っと忙しく、
    あたふたしています(;¬_¬)

    仕事をしながらでも、ある目的に向かって良く挑戦
    なさっていますよね。本当に頭が下がります。

    自分を追究し、若しくは自分を追い込むことも必要
    な時があるかもしれません。苦しい時もあるかもし
    れませんが、思考や感情をコントロールしながら、
    前向きな気持ちを保つようにして下さいね。

    応援していますヾ(´ I `*)

  • #12

    吉田 (土曜日, 27 9月 2014 21:43)

    桂蔵院さん、

    気持ちの込められたコメント有難うございました。
    物質世界、霊的世界に触れ、両方を知った上での価値観で生きていけたら良いな、何て思います。

    もっと瞑想の時間を増やさないと‥

  • #13

    佳蔵院 (月曜日, 29 9月 2014 11:54)

    吉田さん コメントありがとうございます。

    ブログに瞑想の注意点等を書いていますので、念の
    ため、ご覧になって下さい。霊的世界を追い求める
    ことは自由だと思いますが、翻弄されないようご注
    意なさって下さいね。

    メルマガをご覧になっていらっしゃるのか分かりま
    せんが、メルマガの後半には、瞑想に関連した霊
    的世界についても記載しています。もし、後半まで
    メルマガをご覧になっていましたら、改めて読まれ
    てみて下さい(*´∀`*)

  • #14

    吉田 (火曜日, 30 9月 2014 00:11)

    桂蔵院さん、
    以前、ブログとメルマガ(中級まで)全て読ませて頂きました。

    でも、だいぶ前で忘れてるとこがあるかもしれないんで、もう一度読んでみますね。

  • #15

    あき (火曜日, 30 9月 2014 00:59)

    今晩はっ、今回もスカッとするブログありがとうございます。仕事先にも占いで辞めろと言われたっと言って辞めた人がいたのですが、どう考えても自分に問題がある様にしか思えず…勿論、そんなこと、言えないので、黙ってましたが。、、、

    お盆やお彼岸、事ある度に納骨堂は、収集をかけます。仕事もあり、なかなか、行けないのですが、亡き母を思い母の好きだった物を購入して、手を合わせています。お盆だからっお彼岸だからっではなく日々そうしなきゃっと思います。お話しありがとうございました。

  • #16

    佳蔵院 (火曜日, 30 9月 2014 18:21)

    吉田さん コメントありがとうございます。

    メルマガの後半は、霊的分野として神仏等とのつな
    がりを強めること等に関して書いています。メルマガ
    の後半に書いています、あるテーマを目的として瞑
    想と行動を行ってもらうようにしています。

    霊的世界の価値観等を理解したいということでしたら、
    瞑想だけでなく、仕事等の目的に向かって瞑想で得
    た気付き等を実践しなければ、理解に苦しまれること
    でしょう。

    瞑想の欠点は、頭の中で思考を積み重ねるだけで、
    行動が伴っていないことです。目的に向けた行動が
    なければ、妄想も含めた霊的世界に翻弄されてしま
    います。目的に向けた実践の中で、霊的世界との触
    れ合いがあるとお考え下さいね(*´∀`*)


    あきさん コメントありがとうございます。

    仰る通りです。お盆やお彼岸等に関係なく、日々手
    を合わせることが大切ですね。亡くなった方や先祖
    に対して毎日手を合わせることから、現実に生きて
    いる周囲の人へも感謝を抱くようになります。

    自分に問題があることを棚に上げて、霊等の影響
    や迷信に原因をすり替えてしまう人がいます。霊
    や迷信に原因を求めれば、その人は現実の問題
    から逃れることができ、又自分の努力不足に対し
    ても目をそむけることができます。

    まずは、自分に原因があると思うことから出発しな
    ければ、仕事を簡単に辞めてしまうこととなるでしょ
    うね(¯―¯٥)

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog