未来の臨界点


ではでは、前回の続きを書いていきますね。
(前回のブログは、悩みの答えは未来にではなく、「過去」に答えが
存在しています
です)

楽に生きていけそうな道はどちらか、又自分の欲を満たせる道はどち
らかという視点等から未来を見るのではなく、過去の自分を見ること
が先決だということを前回までのブログに書いています。


 


元々私達の人生のテーマには「成長」というものがありますから、楽な
道、又は欲を満たせる道を歩めるよう神仏にお願いしたところで、それ
らの道を神仏が丁寧に案内してくれるわけがありません。楽な道を、又
欲を満たすだけの道なら、成長は望めません。



行動すら起こさないうちに、神仏やソウルメイト等が導いてくれるわけ
がありませんよね。行動すら起こさないうちに神仏が導いてくれるとし
たら、この世の中は大変なことになってしまいます。



仮に、あなたが長年努力して今の地位や収入を得るようになったとしま
しょう。辛いことや苦しいことがあっても、試行錯誤しながら自分の思
考や行動を改善し、満足な人生を創ってきたとしましょう。



長年かけて努力してきたものが・・・
行動すら起こせない人の願いを神仏が叶えたおかげで、あなたの地位
や収入が無くなったとしたら、あなたはどうしますか?

そんな馬鹿なことがあるかぁあああ~と怒り狂うことでしょうね(#`皿´)



世の中から努力等の文字が消え失せ、願い方等の方法でいっぱいに
なることでしょう。学校でも、願い方の授業があることでしょう。



努力してきた人間より、願いだけに夢中になった人間のほうが満足い
く人生を歩めるとしたら、世の中はめちゃくちゃになっちゃいます。
文明の発展もなかったことでしょう。




未来だけに目を向けて、自分の都合の良い人生を選択しようとしても、
それは「形」だけにとらわれています。過去の自分を省みて未来を見
ようとはしないので、「内容」の無い未来になります。



だから、未来に道が開けんとです。



思考と行動が伴わないとき、又目的が漠然としているとき、未来も漠
然としています。霊的世界においても漠然としています。



自分の都合の良い人生はどちらか?という視点で未来をいくら眺めて
も、「仮定」を前提としたものしか見えません。実体のないものに、
いくら執着しても、未来は分かりません。



しかし、過去には「経験」があるとです。過去にも実体はありません
が、「経験」はあるとですよ。その貴重な経験を省みることなく、い
くら未来を眺めてみても、何も分かりません。




人が思考(意思)と行動を伴って前に進もうとするとき、脳内では微
弱ながらも電気(信号)が流れます。その電気(信号)は、この世に
おいて微弱かもしれませんが、物質世界と表裏一体の霊的世界では大
きな振動を起こしておるとです。



思考(意思)と行動が伴い試行錯誤していく中で、さらにその振動が

大きくなり波を形成していくとです。そしてその波が充満していくと、


ようやく未来がぼんやりと形成されていくとですよ。未来に道が開け
ていくとです。



思考(意思)と行動がさらに力強く継続されていくとき、霊的世界に
おいては、その道が少しずつ鮮やかになっていきます。


アカシックレコードや占い等では、その鮮やかさが一つのサインとな
っておるとです。アカシックレコードにおいて、又占い等において、
そのサインが現実に起こる可能性を示しておるとです。



けれど・・・ 残念ながら未来は決まっておりません。


 

例え、霊的世界においてその道が鮮やかであったとしても、未来がそ
の通りになるとは限りません。人の意識(意思)の集合体が大きけれ
ば大きいほど、未来はコロコロと変化していきます。



自分が目指す道に自分だけの意識(意思)しか存在しなければ、未来
は早めに決まりやすいですが、目指す道に大勢の人の意識(意思)、
又は自分よりも強い意識(意思)が多く存在していれば、自分の未来
は変化しやすいです。



霊的世界における波が充満し「臨界点(現実と想像の堺)」を越えた
としても、波(道)が示す通りに必ずそれが起きるわけではありませ
んが・・


しかし臨界点を越えたとき、その波(道)が示すような未来が起きる
可能性は高まります。(ここでいう「臨界点」とは、意識(意思)が
想像を越えたとき、現実に起こるかどうかの堺と思って下さい)




「臨界点」に近付いているかどうかは、自分でも判断ができます。


「臨界点」に近付くときは、人との交流が増えてきます。例えば、職
場でほとんど会話しなかった同僚から、声をかけてもらうことが多く
なったりします。又、誰かが気を利かせて、いつの間にか自分の仕事
をフォローしていてくれたりもします。面識もなかった人から、仕事
に結びつく声をかけてもらうことがあります。



それまで独立していた過去の出来事が一本の線で結ばれ、「なるほど、
そういうことだったのか」等のような気付きが起きたりもします。


しだいに、頭の中にあった曇りが薄くなり、人の動きもよく見えてき
ます。人の意識(意思)に反抗する場面が減り、多くの意識(意思)
に共感できるようになってきます。



他にもいろんなことがりますが、それまでとは違う自分に気付き始め
ます。自分の中で、何かが動き始めているような気がしてきます。



このような変化が起き始めてくると、「臨界点」へ近付きつつありま
す。霊的な数字においても、特徴的な数字がつながっていきます。



もし、このブログをご覧になっている方で、何かしらの成功を目指し
ている方がいるとしたら、人の意識(意思)が薄いところを模索して
みたら良いかもしれません。人の意識(意思)が薄いところで、「己」
しかできない何かを持てるようになったら、道が開きやすくなること
でしょう。




最後に・・・
「人は死ぬために、この世に生まれてきた」というような話しを聞か
れたことがあるかと思いますが、これに関して皆さんはどのように考
えますか?

時代の流れをみながら「人生の目的」も考慮して、一度お考えになっ
てみて下さい。



 

今回のブログから、コメント欄を別ウィンドウで開くようにしていま
す。下記の矢印の先をクリックして頂くと、コメント欄がでてきます。
コメントして頂ける場合は、新しく開いたコメント欄へお願いします。


パソコンでご覧の方は、画面の上に新しく開いたコメント欄のタブと
ブログのタブがあると思いますので、それぞれをクリックして切り替
えながらご利用下さい。


スマートフォン等でご覧の方は、機種にもよるかもしれませんが、
画面の上に数枚のページを表すボタン等があると思います。それを
タップしていただくと、コメント欄とブログのページが画面にでて
くるかと思います。又は、画面を下へスクロールしますと、画面の
上に数枚のページを表すボタンがでてくるかと思います。それぞれ
の画面をタップしながら切り替えてご利用下さい。


コメント欄 ← こちらをクリックして下さい。



次回のブログは、目的を持つです。



過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -

 

 

クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog