目的を持つ


とうとう、今年も師走になっちゃいましたね。一年があっという間
に過ぎていきます。今年を省みて、そして来年のために気持ちを新
たにしていく準備をやっていきましょうね。
(前回のブログは、未来の臨界点 です)




前回の続きを書いていきます。前回までのブログには、未来は決ま
っていないということ等について書いています。



未来は、又人生の道は、思考と行動が伴ってようやく開かれていき
ます。初めから人生の道が用意されているのではなく、日々の自分
の選択によって道が成り立っていきます。



人生に目的を持ち、思考と行動が伴って進むとき、人生における道
が出来上がっていきます。思考と行動が臨界点へ近付いていくと、
人生における道が徐々に形成されていきます。



臨界点に近付いていくとき、又超えたとき、必ずしも目的通りに未
来が決まるわけではありませんが、自分が目指した道が形成されて
いきます。その道の途中では目的通りにいかず、失敗や未達成の部
分もあるかもしれませんが、目的に向けた道が出来上がっていきま
す。




目的通りの道が形成されていくとき、前触れがあります。人との交流
が増え、和が広がります。それまではどちらかと言えば、孤独感を感
じることが多かったかもしれませんが、周囲との一体感を感じ始めま
す。人だけでなく、自然や物等にも一体感を感じたりします。




自分の知らないところで、人がサポートしてくれていたり、何かしら
自分を手伝ってくれていたりします。また、過去の出来事がふと思い
出され、あれはそういうことだったのか等のような気付きが起こり、
それまでに至る道が分かってきます。そして、その道から未来も見え
てきます。




しかし、目的が無い人の未来は、漠然としています。



あんなふうになれたら良いなぁという憧れ等があっても、それだだけ
では、漠然としたままです。




仕事に関したことも同じで、今の仕事を続けたほうが良いのか、それ
とも、他に興味がある仕事へ転職したほうが良いのか等・・・

このような迷いには、そもそも目的等がなく、そこにあるのは我欲に
関したものが中心です。



その我欲に気付かず、いくら未来を見ようとしても、漠然としたまま
です。




自分が良い思いをしたいから等の理由で仕事を選んでも、ずっと良
い思いができるわけがありません。ほんの一時的であれば、良い思
いもできるかもしれませんが、長くは続かないことでしょう・・。




占いやアカシックレコードにおいても、目的がない人、又我欲でいっ
ぱいの人の未来は、漠然としています。

儲かりそうだからとか、成功すると人から言われたからとか、そのよ
うな理由で仕事を選んでも、思う通りに人生を歩めるわけがありませ
ん。恐らく、意気消沈することが多くなることでしょう。




ものの見方や考え方が、全く正反対になっています。




前のブログに書いていたことですが・・・
より多くの人々のために、又はより多くの人々の視点からみたものを
テーマにして私達は生まれています。


ですので、個人の欲望だけを満たそうとしても、流れにはじかれるだ
けです。





企業を良く見てみれば分かり易いです。より多くの人々のために活
動している企業は、それだけ多くの利益が生じています。

一企業だけの利益を追究する会社は、相手にされなくなってしまい
ますよね。例え、素晴らしい商品やサービスを開発できたとしても、
そこに「人々のために」という前提がなかったら、企業としては成
り立たなくなってしまいます。




一個人より大きな形態である会社でさえそうなのですから、一個人
がどんなに自己の欲望を満たそうとしても、大きな流れには逆らえ
ません。「人々のために」という思いや視点がなければ、上手くい
かないようになっています。




儲かると思って、又楽できるから、自慢になるから・・・
等の理由で起業しても、上手くはいきません。

その仕事なら、努力を惜しまずより多くの人々のために仕事ができ
る等の動機が前提に必要です。そのような前提もなく、上手くいく
方法を模索しても、土台がない目的には花が咲きませんよ。




より多くの人のために仕事ができたから、結果として利益が生じる
わけですよね。「人々のために」、又は「お客様のために」という
ことを前提に努力したから、結果として会社も自分も成り立つわけ
です。




けれど、我を通したい方はそれでも良いと思います。その場合は、
とことん我を通すべきです。人から何と言われようと、若しくは
どんなに惨めな状況になったとしても、我を押し通すことができ
れば・・・

もしかしたら、思い通りの人生になるかもしれません。




自己のために、大切な人のために、家族のために、同僚のために、
お客様のために、会社のために、人々のために、社会のために、国
のために、地球のために・・・

何のためにその仕事をやるのか?よく考えてみる必要があります。




目的を持たなければ、未来は生じません。目を持つから、結果がで
るわけです。未来が漠然としているということは、目的が無いに等
しいことを意味します。




漠然とした未来のままでは、運に任せた人生になります。運に左右
される生き方より、自分で人生をコントロールして下さい。運に左
右される生き方から自分で人生をコントロールして、人生を創って
いって下さいね。

 

 



自分をより良くしたいと思う人がいましたら、まずは目的を持ちま
しょう。人生の目的のように、大きな目的ではなくても宜しいです。
ちょうど師走ですし、来年一年の目的を考えてみてはどうでしょ?

そして、その目的に向かって、来年一年だけでも楽しんでみる、又
は頑張ってみるという決意をしてみてはどうでしょうか。



考えてみると・・・  少しワクワクしてきませんか?(*´∀`)♪





私達には寿命があります。限られた時間の中で、失敗も成功も沢山
経験すべきです。だらだらとしよったら、あっという間にこの世で
の時間が終わっちゃいますよ。




(前回のブログの最後に書いていたことに関連しますが・・・)
この世の摂理として、「生(誕生)」と「死」は始まりと終わりを
意味します。物質世界の法則として、形あるものは必ず崩れます。
又は、変化、消失します。




光があるから、影が生じる。影があるから、光が分かる。光と影の
ように、「生」と「死」は一対になっています。

「生」と切り離して、「死」を目的とすることはできないわけです。




それでも、「死」に特別な意味を持たせるとしたら・・・
「死」は、魂(経験や記憶等)をあの世へつなぐ通過点とみること
ができます。この世での経験や記憶をあの世へ持ち帰り、霊的世界
において、より多くの霊体(生き物)がより良い方向へ進めるよう、
又より良い世界になっていくよう、試行錯誤しています。この世で
の私達の経験や記憶は、大切な指針となります。


又、「死」があるからこそ、「生」の意味が分かることがあります。




「死」を迎える自分を想像してみて下さい。今、あなたが「死」を
迎えるとしたら・・・


どんな経験や記憶を持って、あの世へ戻りますか?




あなたの経験や記憶は、より多くの霊体(生き物)やこの世・あの世
のためになるものでしょうか?



そして、今あなたが「死」を迎えるとしたら・・・
あなたは満足して、又は胸を張ってあの世へ戻ることができますか?
目を閉じて、ゆっくりと考えてみて下さい。今夜眠りにつく時、考え
てみて下さい。




佳蔵院は、もっともっと自分を変えていかなければ、あの世へ戻る
ことができそうにありません。もっともっと成し遂げなければいけ
ないことが沢山あります。



寿命がくる前に、少しでも自分を変えていければと思っています。





<お知らせ>
以前から、瞑想マスターや瞑想レクチャー等、数回をセットとして、
メニューを作って欲しいというご要望を頂いておりました。

また、その他に二次元法等も瞑想と合わせて詳しく教えて欲しいと
いうご要望を頂いております。



2年前ぐらいから度々頂いていたお話しでしたが・・・
とりあえず、二次元法と瞑想を合わせたメニューを作るようにして
います。(2年も時間が経ってしまい、申し訳ありません)




ご要望のポイントとして、一人で瞑想マスターやレクチャー、又二
次元法を行っていくと、どうしても途中で仕事や何かしらの事情に
よって辞めてしまい、前に進まないとのこと。


それを解消するために、3回をセットとして、ご依頼者の目的に合
わせた二次元法をお伝えし、又目的達成までの階段を一緒に作って、
瞑想と合わせた二次元法をお伝えするようにしています。


3回をセットにすることで、目的に対する意識の低下や怠け等を防
ぎ、継続できるようにしたいと思います。




テキストを用意していますが、所々検討中の部分があり、改訂でき
しだいメニューをご案内したいと思っています。





コメント欄を別ウィンドウで開くようにしています。下記の矢印の
先をクリックして頂くと、コメント欄がでてきます。コメントして
頂ける場合は、新しく開いたコメント欄へお願いします。


パソコンでご覧の方は、画面の上に新しく開いたコメント欄のタブ
とブログのタブがあると思いますので、それぞれをクリックして切
り替えながらご利用下さい。


スマートフォン等でご覧の方は、機種にもよるかもしれませんが、
画面の上に数枚のページを表すボタン等があると思います。それを
タップしていただくと、コメント欄とブログのページが画面にでて
くるかと思います。又は、画面を下へスクロールしますと、画面の
上に数枚のページを表すボタンがでてくるかと思います。それぞれ
の画面をタップしながら切り替えてご利用下さい。


コメント欄 ← こちらをクリックして下さい。




次回のブログは、最適な目的は、最適な結果が生じる です。




過去のブログは、左メニューのブログをクリックすると、クリック
したその下にでてきます。
- Home -



クリックで救える命がある。

 

生きる挑戦

変化を起こす刺激
瞑想への挑戦
①から順にご覧下さい


掲載予定記事

お地蔵様

霊能者

レールを敷く

聞いてみる

神仏
神様とのつながり
白い煙

 

順不同で掲載してい
きます。リクエスト
等がございましたら
ご遠慮なくお問い合
わせフォームから送
信下さい。  

Twitter
Twitter
Twilog
Twilog